しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

DTPの勉強部屋 第43回勉強会

ひさびさのDTPの勉強部屋の勉強会! #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



Session 1:お客様サービスにつながる新たなデザインの独自化
〜情報保障を実現するメディア・ユニバーサルデザインの考え方〜
スピーカー:鳥原久資 氏

なんとなく聞いたことあるけど、ぼんやりと理解できてない(←わたしが)メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)について。
「バリアフリーとユニバーサルデザインはちがう」「ユニバーサルデザインとは(障害を)特別扱いしないもの」という言葉が印象に残った。

弱視のひとだけでなく、老人も子ども…それだけじゃなく、言葉も文化もちがう外国人にも通じることを考えていかなくてはいけない。
オリンピックが近づいてきてる今日、東京のオリンピック会場から3番めに近くて、京都も近いのはセントレアなのだそうだ(思いつかんかった…)
外国人に向けては、とりあえずさておいて(おいちゃう)。

弱視の視界が疑似体験できるメガネ、東京の地下鉄路線図のポスターとそれに修正案のふせん貼ったもの、いろんなひとが見やすいようにデザインされたカレンダーなど、回覧する資料も多く、昼イチでぼーっとするヒマを与えないおもしろい講義だった。
スライド用に作ったパワーポインの書類がこわれてPDFで紙芝居状態になってたけど、わからないひとが興味持つには充分だと思った(おもしろい!)。

媒体によってターゲットがちがうというのもあるので、ぜんぶがそっちに向かなくてもいいんだろうけど、わざわざ誤解されるために作るワケではないし、いろいろ目からウロコ落ちる思い。
そして発信側の理解と知識の足りなさが、より不便さを招いてるというところに、ちょっとショック(というと大げさだけど)を受けた。
視覚的な障害の状態も個人差があるので、答えというのはないのだけど、色彩計画というか紙面構成というか、ものの考え方のポイントというか。
どうしても自分とちがう不便さを理解しづらいのでいかんなーとか、いろいろ考えさせられた。

回覧されてたテキストが欲しくなるくらいおもしろかったけど非売品だった。
検定用の問題集?なのかな(興味あるならちゃんと見とけよ)。
もうちょっと勉強したいというか、もう1回聞きたい。

「こうしなさいというより(いろんな視覚を持つ人に)伝わりやすいという付加価値」として持っていたい知識、とお話しされてました(おおよそ)。



Session 2:覚えておきたいInDesign時短テクニック
スピーカー:森裕司 氏

名古屋勉強会主催・森裕司さんのセッション。
ちょっと前にAdobeCCの2018がリリースされたし、アメリカで大きなAdobeのイベントあったしで、そんな話を中心に。
CC導入…したいけど個人だしなぁ…。



Session 3:アピアランス道2017
(グループの抜きとグループアピアランスで実現するアピアランスの新境地)
スピーカー:鷹野雅弘 氏

前にわたしが鷹野さんのセッション聞いたのは、10倍ラクするIllustrator仕事術の改訂版↓がでたころでしたか…(もっと最近のような気がしてた…老…)



たぶんそのときに「グループの抜き」についてちょっと話が聞けたんだと思ったんだけど、どうだっただろうか(メモは)。
グループの抜きの話をする前に、イラレ新バージョンに追加された機能(Photoshopにはもうちょっと前からあったらしい)とか、EmojiOneとか、プラグインFontselfMakerの話題をツカミでしてたら反応よかったらしく、ちょっと長くしてくれた。
太さのちがう道の地図をかけたアピアランス、グループにしちゃうと選択しづらくてめんどくさいんだよなーと思ってたやつはレイヤーにアピアランスかければよかったのか…じわーっと気になってたことが解決されていった。
あれ、わたし最初からカンチガイしてた?とかなってきて「Mac持ってこればよかった!」と思うこと数回。

鷹野さんのセッションは、テンポよくおもしろいのに「わかった!(やってみたい!)」というtipsが多くてステキ。
忘れる前に使わねば!



勉強会恒例?おやつ交換会。
たまに会う友人からおやついただけます(しあわせ)。


手前の栗きんとん大福は自らの持ち込み品です。
コバラ対策。


あと、勉強会恒例のじゃんけんでプレゼントいただけるやつ。

じゃんけん勝った!カレンダーもらった! #ぬい撮り #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


もしや勝ったの初めてかもしれん…。


以前より開催期間の間隔が空いてるのもあるけど、とてもひさびさだった勉強会。
自分の進め方と知識がすべてとなってしまわないためにも参加してよかった。

がんばろーおー。




| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第43回勉強会
神田松之丞 at 愛知県芸術劇場小ホール

神田松之丞 講談 漫遊記 Vol.1
赤穂義士銘々伝より
「神崎詫び証文」ほか


講談てなんのお話が聞けるの?
てなくらい無知なワタクシ。

きっかけはNHKのスイッチでいとうせいこうと対談してたのを見て興味を持ったのだ。
それでこのチケット買ったあとで、すっぴん!(ラジオ第1)に出てきてナゼかわたわたしたりもした。


はじめに短い話を2本やって、中入り、そして↑の神崎の話。

で、「なんのお話が聞けるの?」の状態の人でも、枕からテンポよく話がどんどん噴き出てくるので(印象)あっちゅー間に引き込まれていた。
解説のような冗談ごとを混ぜるので置いてかれることもなく。

芝居小屋や賭博場や街道の店が浮かんできたり、豪傑とか怪力とかおかみさんとか親分とかも、ちゃんといる。

落語はテレビやラジオで見聞きするけど、講談てなにしてるの?ぐっさん家のケイコせんせいくらいしか知らんけど…な状態じゃなかったら足が向かなかったかも。

何が縁になるかわからんなー。


「もっとお話ききたい!」となるまで時間はかからなかった。
とてもおもしろかった。
というか想像力を駆使して聞いてるのもあって、終わった直後はとても興奮していた。


人となりが気になってライブ行くとかミュージシャンくらいのもんだったけど、あたらしいトビラ開けた。
まだしらないおもしろいもので拾えるものってあるもんだなー!
アンテナ生き返ってきたー。


マメに名古屋に来てるウチに観れるようがんばらねばー。



| - | - | えんげい手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 神田松之丞 at 愛知県芸術劇場小ホール
映画:オトトキ



映画館まで息弾ませ駆け込んで「あっ曲始まってる!」というの前にもあったような…去年のメカラウロコのライブビューイングでも開映後に入ったんですよ…つまりオープニング見逃しです。
まぁいいや。
いいのか?


再結成前のパンドラ(113本のロングツアーのドキュメンタリー)でイエローモンキーの終わりの始まりを確認して、このオトトキで生まれ変わりの始まりを確認した。

コア過ぎないファンであるわたしにとって去年の1年間、まぁ、うれしさと戸惑い、それ以上に情報多すぎて若干思考停止。

見逃したオープニングにはきっと再結成の発表の辺りもあったのだろう(想像)。
16年ぶりのアリーナツアー、夏フェス、秋冬のホールツアー、武道館、紅白、CDJまでの映像をインタビューと、4人の始まりの場所、渋谷La.mamaでの演奏を交え、エンドロールはファンクラブで募集してた動画たちにして、わたしの去年の困惑混乱を整とんしてくれた。

ほかに同じようなファンがいるかわからんけど。


パンドラはロビンが中心にいた感じだったけど、再結成後は4人が主役になっている印象。

菊池兄弟のお父さんがツアー中に亡くなったこととか、父としてのヒーセの話とか。
アニーの部屋(!?)で古いテープを聴かせてくれたり。
まぁ、それだけじゃないけど、一旦解散して大人になって鳴らした音は、懐かしさだけじゃないそれぞれの現在の音になってて、再録のベスト盤聴いた気持ちに似てる。

「いろいろ思うとこあるけど、これはこれでいいね。新曲聴きたいね」

なんていうか、50のおっさん4人なかよしでかわいい。


メイク中のロビンのおばあちゃん感もよかった(失礼)。


たぶん、5月11日のカウントダウンは何度見ても泣けると思う。
もう1回みれてよかったー。


エンディング曲のHorizon、エマちゃんの作詞作曲だった。
作詞まではめずらしくない?
「僕らはいつも君の味方だよ」とか言われちゃって、それがファンムービーに乗せられると余計にうれしくなった。
投稿しなかったけど。


じわじわくるのはロビンの「メンバーが家族みたいなもんだから、替えがきかない」の言葉。
それぞれのバンドの姿だよな…(さめざめ)。


ファンじゃない人はどうか知らんけど、ファンなら観といてもいいと思うよ。



| - | - | むーびー手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:オトトキ
レオナルド×ミケランジェロ展 at 岐阜市歴史博物館

レオかミケか!?馬か裸体か!? #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


織田信長公岐阜入城・岐阜命名450年記念特別協賛事業
特別展 レオナルド×ミケランジェロ展
〜11月23日
at 岐阜市歴史博物館



うつくしい素描たちステキやった。


音声ガイドが池田秀一だったので借りてみた。
レオとミケとその仲間たちの言葉は多く残されてたのか、がっつり池田秀一の声が聞けた。
解説の冒頭「この絵(闘う騎士たち)が描かれた450年前、日本では織田信長公が岐阜に入城された頃…」とか言っててアガる岐阜っ子でありました。
東京展とちがうのかどうかは確認のしようがないけど。


ポスターやチラシやいろいろにどどーんと使われてる素描が、実はとても小さい(といっても現物じゃないけど)というのにびっくりした。
これをああしてもうつくしいまま…!
グッズに「岩窟の聖母の天使のための習作」「レダと白鳥のための習作」のポストカード3種があり、「全体像」「100%」「200%」と拡大率が変わってるというもので、ほしくてものすごく悩んだ(買わなかった)。


やわらかく緻密で殺戮兵器さえもコミカルに見えてしまうレオ氏もよいが、なにかと男性の裸体を女性を描くときも男性モデルをと男性の姿形のうつくしさに偏執(に見える)するミケ氏も興味深い。


それぞれのレダと白鳥の表現もおもしろかったー。
って、だいたいの作品は、それを基に作られたものだからヴァザーリだったり誰ぞだったりなんだけど。
絵師と彫り師と摺り師みたいな感じかな(雑な解釈)。


全部じゃないけど子ども向けの解説がついてて、近づければ音声ガイドがなくても分かりやすい。
うん。近づければ。

県美くらいの場所でやってたら、ゆったり観れたのかもしれない。
まぁ、作品ひとつひとつが小さいから歴史博物館くらいでちょうどいいのかもだけど。
(歴史博物館やで空いてるだろうと地元ナメてた←失礼←それでも東京展の比じゃないだろうけど)


レオナルドとチェーザレ・ボルジア(ここではボルジャ)というと、川原泉のバビロンまで何マイル?を思い出してしまうようなわたしでも、とてもたのしかった。


展示の最後に、十字架を持つキリスト像(撮影おっけー)を眺めつつ「大理石の作品をここまでよう運んできたな…」とへんな感激をしてた。
(岐阜展に来てない絵画もあったけど…)

いやー来てまえてよかったわ(キリスト像に)。



そんな岐阜市歴史博物館というのは岐阜公園の中にあります。

こんどゆっくり岐阜公園こよう(行きたい) #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


金華山さいごに登ったのいつだろう…。

会期中は信長と菊人形がアチコチにおるやろな。
(びびるほどあった)
信長と濃姫の横で、板垣退助がご陽気に手を上げてるのが見れたりするよ。
(いらん情報)


| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - レオナルド×ミケランジェロ展 at 岐阜市歴史博物館
F-BLOOD at Zepp Nagoya 2日め

F-BLOOD 20th Anniversary
POP'N' ROLL TOUR 2017


兄「弟の藤井尚之です」
弟「兄の藤井フミヤです」
兄「ふたり合わせて…」
兄弟「F-BLOODです」

って、声もポーズも合ってないナイスコンビネーション。


昨日と1、2曲変わってたなー。

昨日は中盤に差し掛かるとこのアゲる辺りで「大人げなく踊り過ぎてしまった」と言っていたが、きょうはそうでもなく。
あー昨日より声の調子は始めからよさそうだった。
曲中ふたりで無言になることもなかった。

弟「このまま100まで(このユニットの活動を)続けてたら、ギネスに載るね」
兄「俺が100でお前が98か…そうするとみんなは…70代以上」

あ、若く見積もってくれてありがとうございます。
以上だからまちがってはないけど。

昨日は、かわいいおじいちゃんになろうだったので、目標が具体的になってる!

まぁ、100までと言わず、生きてる間こういう音楽活動続いてくれますように(切実)。


兄「来年のデビュー35周年、何かします」
って言ったので、期待して待ってよう。

そういえば、ギターの真壁くんTシャツがなんだったか気になっていた。
昨日はTHE WHOだったのだけど。
Jが見えて60年代〜70年代風味の女性っぽいイラスト描いたったからジャニス・ジョプリンかなー…と想像しててさっき調べたらたぶん正解。
(Twitterのアカウントみつけた)
すっきり。



「また一緒に遊ぼうぜ!」
次のライブまではきっと生きてるのでよろしくー!


昨日「クマがわかりにくい」と言われたので矢印入れました #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - F-BLOOD at Zepp Nagoya 2日め
F-BLOOD at Zepp Nagoya 1日め

はーたのしかったー? #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


F-BLOOD 20th Anniversary
POP'N' ROLL TOUR 2017


わたしの永遠のアイドル、藤井兄弟みてきました。


活動20周年で9年ぶりのアルバムをリリース。

新譜聴いてて好きだった曲が思った以上にライブ映えしてて、もっと好きになったりするのがレコ発ツアーのたのしみですな。


「もうナオユキが作曲して俺が作詞したやつはF-BLOODってことにしようぜ」

てことで今年出た新譜を中心にチェッカーズまで合わせていろいろなセットリストでした。
前のツアー(antsのツアー…)のときに、2daysの片方でやってて聴けなかった曲が聴けてとてもうれしかった。

紹介の仕方とかで「あの曲くるなー」と思って構えてる曲も、うたいだしできゅっとくる。
あれから30年近く経っても、きゅっとくる。


アレンジも演奏者も大幅に変わってるけど、チェッカーズの曲はフミヤがうたってて成り立つもんなぁ。


振り回すマイクスタンドに、ほうき星みたいなキラキラが出てて魔法かけられる。
ガタついた乙女のひきだし開けてくれるわー。
だからアイドルさまはステキ。


そんで前のツアー(antsのツアー…)のときは2days取れなくて悔やんだけど、今回は2days行ける。


そう、あしたもあるー!
うれしー!



記念撮影もしてきたよー #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - F-BLOOD at Zepp Nagoya 1日め