しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

KOTARO AND THE BIZARRE MEN at 神戸VARIT.

真冬に感謝のエレキ道場 2018


想像どおりのセットリストだけど関西でしか観てないので、人生3度めのビザールメン。


ヒサシビザールがよく見えるとこにいたので、ベース弾きながらうたう姿にめろめろしてました。


キレイに内巻きになってたヘアスタイルが、だんだんクセの強い左の横っちょのとこだけ外側にくるんってなってきててとてもカワイかった。


若旦那の過剰なカッコよさが見れるのもビザールメンのたのしみです。
コレクターズのコータローさんは、そこまでムダ話しないし、さり気なくカッコイイことをするので、この肩の力が抜けてるからこそ出てくるであろうキメキメ感たまらんす。

引っ越しするならのキメどころで派手にむせたり、フレットに弦が引っ掛かって音が出なくなったり、イヤラシイほどのビブラートをきかせたり…笑っちゃうけど。


ドンキホーテでむせ始めたあとはヒサシビザールのフォローでした。
なので、ヒサシビザールが彼女と彼氏の役をやってました。


セットリストが想像どおりなので、曲紹介も雑に雑に。

若旦那とモビーが「こんな(演者側が)リラックスできる緊張感のないバンドはない」と言ってるそうで、それに軽くどよめいたらヒサシビザールが「俺たちに何を求めてるの?演奏はちゃんとしてるけど」って。

や、でもカバー曲がとてもコレクターズのいいところ味わえるように、ビザールメンはのびのびしてる4人のいいとこ味わえてると思う。
とりあえずデカい昭和30年代生まれのふたりは。


なんの話の流れだったか客席の声を拾って「名古屋も来てくださいって拝まれちゃってるよ。名古屋ねぇ…行くことないな…」とヒサシビザール。
客席から「なんでー?」の問いにかぶせ気味に「忙しいからだよ」って。

名古屋…集客望み薄いですけど来て欲しい…何と抱き合わせたらいいだろう…。

ええ、とてもたのしかったので、また観たいんです。
これはセットリストでプレイリスト作らなくてもアルバム聴いてたらいいや。

そういえばマリオさんいなかったので、マジックショーがなかったんだけどオリーブの首飾りやってくれました。
途中、ナゼかポリスアカデミーシリーズのブルーオイスターのシーンを思い出していたワタクシでありましたが。


ステージでやらない(やってほしくない)ポーズのシリーズで、ヒーセがベースに顔を近づけるポーズのマネをしててココロのメモリーに強く焼き付けてきましたってくらい萌えたと記しておこう。
なんでそこなのか自分でもわからないしフツウにそれやったら、このバンドではカッコよくないのに…。

あ、あと萌えるといえば、昔あった行方不明の家族をテレビで公開捜索する番組の話ししてて、若旦那が「それ大好き?」って言った「大好き」が録音したいくらいカワイかったです。



えーっと、まぁいいや。

早くコレクターズが観たいと思いながらおうちに帰ることにします。



かわいいのをみつけたので再撮。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -





| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - KOTARO AND THE BIZARRE MEN at 神戸VARIT.
桜井秀俊 at 得三

Don’t think, SING! vol.8

vol.8だけど、後日開催の横浜公演はvol.7らしい。
(横浜が先に決まってたらしい)


「作詞作曲のセンスがあり過ぎる」と本人が言うほどいい曲多い桜井作の曲がたくさん聴けた。

「いい曲つくってもさぁ、YO-KINGさんがいるので、刺身でいうとトロの部分をうたわれるワケですよ。いつも端っこの赤身のとこばかりなワケですよ」
と言う桜井さん。
「俺だってトロうたいたい!」


以前、YO-KINGとそれぞれ弾き語りするツアーのときは「このひとギタリストだなー」と思ったんだけど、きょうは「偉大な編曲家だなー」と思いながら観てた。

アレンジさいこう!


サマーヌードをアコギ1本でやってた。
記憶の中のマウンテンホーンズの音がようこはんの声が聴こえてこない。
桜井さんのうたとして仕上がっていた。
すてきすてき。


そういえば得三には夜中に何度も来てるらしい。
「そんな得三に、桜井秀俊の看板だけで来たのは初めてでございます」
というのが冒頭のあいさつだった。

あぁ、奇遇ですね。
わたしもゴハンたべるために得三来たこと何度もあります。
夜中はありませんが。


「なので、シラフでここにいるのに違和感があります」
と言ってビールを所望。
みんなで乾杯してた。

3曲終わったくらいのとこで。


YO-KINGにいじられる桜井さんもよいが、ひとりのびのびとギター弾いてうたってる桜井さんよかった。

I'm in Loveのあとに客に歓声をあおっといて止まないと「やめてーっ」って照れ始めるのかわいかった。
自らを才能あるひとと言うけど言われると照れちゃうってんすよ。


真心さいきん行ってないので、どれもめずらしい曲になってきてるんだけど、たぶんさらにめずらしい曲もやってたんだろうなぁ。
My mind's eyesの日本語カバーとかあった。
コレクターズもやってて歌詞の解釈が若干ちがってて、カバーってこういうのがおもしろいんだよなと思ったり。

美里っちゃんに提供した曲もよかった…。
桜井曲なのに渡辺美里の姿が浮かぶわってくらい似合う曲やった。
うっとり。



ほんと何度もツイートしたことあるけど、桜井さんとか直枝さんの詞のような男の子が現れんかなって感じ。
実際におったらめんどくさそうだけど(どっちなの)。


ふらり当日券で行ってきてよかった。

セットリストがよすぎて過呼吸気味。


| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 桜井秀俊 at 得三
旅:ふきのはなさく(漢字…)大寒の初候に京都で文学を味わう



味わったのはカレーうどんみたいなカツカレーとおやつばかりです。


京都市勧業館みやこめっせで催された文学フリマのために、ぷらっとドライブしてきました。

シゲマツヤさんの本買いに来ました #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


以前、手作り万華鏡体験で太巻きを作らせてもらったシゲマツヤさんが本を出すというので。


お昼ゴハンは会場で出会った友人オススメのお店にて

ふしぎなカツカレー(皿盛です)たべた。


友人と別れ、再び会場を目指して歩き始める。
さっきはシゲマツヤさんだけしか見とらんかったでな。


京都の来たことないエリアだったから

そんなこわい橋渡ろうとか言わんでくれるかな #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

まぁマッスグ歩くことができず

有名なやつの前で記念撮影(雑な観光客) #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

有名なお宮さんの前まで行ってみたりした。



実は同人誌あまり興味ない方なんです。

でもあれだけの手作り本を見てきたら、書くことないけど本作りたくなるよね。

おおむね全部の見本品が並べてあるスペースで、作り手の思いがあふれもれ出てる本見てるの、とてもよかったよね。

あと、手に取ってもらいやすい大きさとカタチとか、読みやすい内容とデザインとか、いろいろ考えてしまうよね。

本て、たのしいよね。


ほくほくしながらまた足の向くまま知らない道を歩き

さっき手に入れた読み物たちとおやつを味わうひととき。
32ページの本、万華鏡万歳!
万華鏡とはなんとやら、たのしみ方のヒント、作り方などなど。
サブタイトルの「万華鏡作家による万華鏡沼への招待状」のとおり、ちょっと手にしてみたくなるような、ちょっと手で作りたくなるような、わかりやすく興味深い指南書でありました。

いちごタルトと紅茶がやってくるまでの時間でちょうど読み終えるボリュームも小憎い(誰)。


またぼちぼち歩きながら

だからそんなこわい橋渡ろうとか言わんでくれるかな #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

有名なお寺さんとかお宮さんの前を通ったり(写真はない)

忘れた頃にたべたくなる、ミルク饅頭(思い出の味)に似たロンドン焼を家族と自らのおみやげに買って帰るのでした。
自分用はソッコーいただいた。

…新岐阜百貨店っつーか、ミルク饅頭知ってるひとも岐阜っ子でも少なかろうに。


帰り道はのんびり一般道で。
ライブじゃないから平成細雪に間に合った。


充実の日曜であった。



| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:ふきのはなさく(漢字…)大寒の初候に京都で文学を味わう
映画:パディントン2(字幕)



パート2はだいたい派手に大掛かりになるってもんです。

ばかばかしいほど大げさなのがとてもよかった(本気でホメてる)。
悪者のヒュー・グラントもおかしくてとてもよかった(本当にホメてる)。

パディントンは今回も抱っこしたいくらいにふかふかでカワイイし。

オレンジマーマレードのサンドおいしそうだし。


マーマレードのクチになってきてしまうので、La Bobineのコラボメニューありがたい。
や、まんまと乗せられてるんだけど。
店内もカワイかったー。


あのふっかりしたパディントン抱っこしたい…(2回め)。
残念なパート2じゃなくてよかった!


ていうか、笑って泣けて悪者も憎めないし派手でたのしい!という映画にほしい要素のいっぱいの気持ちのいい作品でした。


| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:パディントン2(字幕)
木曽川右岸のアクア・トトぎふへ、長良川と世界の川のいきものを見に行くの巻

はーたのしかった。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


近いのにナカナカ行かないスポットへ急に思いついて行ってきました。

岐阜県は川島町(各務原市です)木曽川の右岸にある淡水魚の水族館、アクア・トトぎふ。



バレンタインシーズンなので





かわいい魚の展示がありまして

キレイに撮ろうと思ったらめっちゃ寄ってきて笑えた。


わたしの横で見てたちびっこが「ちょうちょだよ、さかなじゃないよ」って言うくらい、ひらひらと鮮やかな色の魚がいたりするとこもあった。
これはバレンタイン関係ないのかもだけど。


メインは長良川のいきものを上流から下りつつ見てくのでまずは最上階へ。

陽の光が入る岩場に滝があり、下を見れば鮎の群れが泳いでる。
入れないよう仕切ったとなりの岩場はコツメカワウソがいて、つるりぬるりと水辺をゆく姿に足を止めてしまう(かわいい)。


滝つぼでマスを見て、どうしても川魚は「おいしそう」と考えてしまう。
まぁ、海の魚の水族館でも近海の魚は「おいしいやろか」と考えているので同じか…。


モリオガエルって読んじゃった。カエルどん三段積み。

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

長良川流域のいきものをテーマにしてるからカエルと虫も多い。
植物もだけど。

どぜう。

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

どぜうかわいい。


さっき上から見てたコツメちゃんたちを横から見れるゾーンに着いて巣の部屋のコツメちゃんたち見てたら

マイク通した話し声が聞こえてきて

もぐもぐしてるうしろ姿かわいかった…

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

エサやりタイムだったようだ。
コツメカワウソは長良川にはいない(どこの国の出身だったかもう忘れた)が、こういう水場にいるいきものだとわかる。
そして絶滅指定されたニホンカワウソ(もうちょっとデカいらしい)のことを話してた。
おもしろかった(もぐもぐしてたの見てただけだけど)。

コツメちゃんの巣の横には親指サイズのネズミ(絶滅危惧種らしい)が展示してあったりして

ちなみにその辺りにオオサンショウウオとかヤモリとかいる。
京都の水族館みたいにたくさんおらんけど、オオサンショウウオといえば上之保の辺やんね。


上流から中流域に来ると多少テンション下がる(語弊)。
山から平野になってくる辺り、つまりわたしの住まう地域なのだ。


とはいえ、目の前に落ちてくれば悲鳴上げるけど、展示されてると距離が保てるので

こういうのもゆっくりじっくり見れる。
まぁ、まずやつらも逃げるしね。


板取ら辺から大垣や海津の辺りにいる固有種のハリヨもけっこう幅とっていた。

なかなか撮影成功しないハリヨさんたち

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

婚姻色出てるとキレイね。
山挟んで彦根側にもハリヨいるけど、別モノらしい…ってくらいそれぞれ独自のものになってるらしい。
個人的にいっときハリヨのことばかり考えてた時期があったので、余計に食い入るように見てた。
そして絵に描くなら実物見んとかんな…(自戒)。


河口辺りのカニとかまで見たら、北海道の川のいきもの、外国の川のいきもの。

えーっと、このどぜうはどこの子やったっけな(絵画鑑賞と同じで興味深く見てても解説いちいち忘れる)。


そして!おたのしみの!
でっかいでっかい魚ゾーン!

ここにベンチあったら動かんな…ってくらいデカい魚の泳ぐ姿に見とれる。
さっきまで大きいのはオオサンショウウオやマスくらいやったで、余計デカく見える。






デカい魚見てる背中側に、うつくしい魚おったよ。


気になったけどそんなに待てない

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

テッポウウオもおったよ(水槽じゃないのか)。


デカい魚ゾーンでメコン川を越えると

アマゾンきたーアロワナきたー #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

アロワナかっこいいー!

「ピラルクってデカい…」 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

ピラルクかっこいいー!


ひととおり盛り上がったあと、企画展ゾーンへ。
「そのなまえヘンテコリン」と名付けた変わった名前のいきもの。
写真や剥製もあったけど。
ヘンテコな名前の由来は方言だったりする。
なもんでナントカウオの変名がヘンテコ、みたいなやつあった。
コトバスキーもたのしめる(と思う)。

長良川上流行く前にチラ見できるカピバラをやっと直に見れるとこまで来た。

ほぼ出口なんだけど、またしばらくつかまる。
ケモノやっぱかわいい。
距離保てれば。


カピバラとピラルクの位置も反対やったみたい。
サイズ合うでいいけど。

そういえば木曽川沿いで長良川の再現か…とぼんやり気になった。
木曽川はダムばっかやで、自然の姿をあまり残してないからかもだけど。


で、帰りにふと「出口の交差点を来た道と反対側に行くとどこへつながるのだろう」と思いまして。
アクア・トトは木曽川のすぐ脇にあります。

ちょっと考えればわかるんだけど、来た道と反対に出たら川を渡っていました。
いや、気づけよ。

橋を渡り川島をちょっと走り本格的に木曽川を越えた。

いや、気づけよ。

橋渡ったら見えてるけど行ったことない一宮タワーがあった。
アハハ、こんなとこにあったんだね。

割とスグに知ってる道につながると理解できたよ。
いつも名古屋向かうとき「ここマッスグ行ったらどこ行くんやろ」と思いつつ曲がる交差点に出たよ。


水族館行ったついでに探検もできた(大げさ)。
こんどは一宮タワー行ってみたい。
場所わかったし。



| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 木曽川右岸のアクア・トトぎふへ、長良川と世界の川のいきものを見に行くの巻
岐阜県美術館 所蔵品展

世紀末のパリ
開館35周年記念 山本芳翠展
うるはしの工芸
めでたし、金屏風

などのお題目で所蔵品観てきました。

世紀末のパリ(好きな6文字)に釣られて行ったけど、山本芳翠の絵もおもしろかった。

ルドンのクモも、眼をとじて(パステルの方)もいま旅に出てるっぽい。気がする。
白黒の方はおった。

聖ヨハネの黙示録の連作とか、マックス・クリンガーの版画集とか黒い黒い作品多くてたのしかったー!

ロダンの大理石の作品とか360ぐるぐるしてきたった。


美術展好きなんだけど、情報多くて忘れちゃうので、所蔵品展行くと「ああそうこれこれ」「このやつかわいいんやった」など、再会をたのしんでいる。

企画展の内容によっては所蔵品展までたどりつけないので「やぁひさしぶり」「あんたおったっけ」みたいな感じになる。


昨夏はルドンのパステル画を中心にしたの観てたので、白黒したの多くてちょうどよかった。


山本芳翠の教科書の挿画のとこで、役物の扱いが現在とちがうので気になって、好きな絵を観てるときより長い時間食い入るように観てた。


金屏風コーナーにいた仔犬の絵に、えんぴつ?で指示のようなのが書いてあって、仔犬のほわほわ感に目を細めつつも気になってしょうがなかった。
色とか塗り込みの指示っぽい感じ…。

きょうものびのびたのしく鑑賞できてよかったよかった。
(唐突なまとめ)



| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 岐阜県美術館 所蔵品展