しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

映画:さらば青春の新宿JAM

京都国際映画祭にて鑑賞。

一般向けの上映では最速だったので、行かんわけにいかんやん。
名古屋は12月とだけしか発表されとらんし。


川口監督の上映前挨拶つき


メンバーさまは、あす渋谷クアトロマンスリーなので東京です。

映画まで見終わってみると、監督による紹介でよかったな。
へんな注目ポイントもなく鑑賞できたし。

「ネタバレなしで監督によるみどころを」の質問に「京都からも近い奈良の(MODSショップ)Jump the Gunのシーンがハイライトです」と答えてました。

確かにハイライトだった。



川口監督は、MODSじゃないし、コレクターズが好きだったわけでもないし、近いところにいた傍観者でもない。

その外側からの、すごく客観的な視点で紡ぎ出されるコレクターズのこと、MODSのこと、新宿JAMのことに、へんなバイアスかかることもなかったので、こちらも見たままを受け入れられるというか。


それで中身についてふれると、カトウくんがとてもとてもかわいかった(平常運転)。
ひさびさに、いとおしいと思ったね。
家だったらクッション抱いて後ろに倒れるかわいさやったわ。

いや、いとおしいは割となってたね。

きょうの上映観たらセンチュリーシネマで公開まで待てるな…と思ってたけど、もうまた観たい。


コレクターズが、加藤ひさしが、あのデカいふたりが大好きだなぁ…と思い知らされたのでした。



オマケ。


映画公開を記念して服が新調されるのかと思いきやされることなく、去年のパーカーを着て京都の街をうろつくしろくまさん。


| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:さらば青春の新宿JAM
旅:ふらり、気ままな京都ツアー
「真珠庵で襖絵が見たい」以外に何も決まってない旅に出ました。


View this post on Instagram

窓に虫がへっついとった… #イマソラ

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -




連休の中日とはいえ、混雑は予想できるので早めに家を出ようとしたのに、割とのんびりめに家を出てしまいました。

写真はあまり関係なかったけど、高速走行してるのに飛ばされない昆虫すごいぜ!になってるとこ。


そんで目標到着時間に到着できなかったので


かなり落ち着かない状態のまま拝観終了。


もうちょっと大徳寺エリアで散策したかったが、言われるままに落ち着かない観光ツアーの日なので

View this post on Instagram

川と♡

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


標識見て気になった方向へクルマを走らせ上賀茂神社へ行ってきた。

10月の(本来なら)気持ちのいい季節だし、大安だしで新郎新婦を何組か見かけた。
暑いけどお天気でよかったですね。
あと七五三のちびっこもいた。

「式年遷宮」の看板をいくつも見たので、新しいのか仮設なのか作りかけなのかわからないお社にお参りしてた。
からすみくじかわいかったけど受けなかった。


日差しが出て暑いのに川が流れてるから、ときおりひんやりした空気がやってくる。

気持ちのいいとこだった。


「伏見稲荷行きたい」と言われたので向かうが、何か祭事で駐車場が使えず。
コインパーキングももちろん空いてない。

なので行きたいひとだけ降りてもらって、近くのコンビニでアイス買って食べていた。
クルマ置いてアイス食べれそうなとこはコンビニくらいしかないという理由なんだけどね。

適当なコンビニに到着するまで混雑で進みにくかったのもあり、アイスたべおわる頃にお迎えの呼び出しがかかってくるのであった。


午前に真珠庵を案内してもらってるとき「ここら辺の標高は東寺の五重塔くらい」と言われたのを思い出し、東寺へ向かう。
迷走コースも自家用車の旅ならではだね。


植物的なタイミングとして、キンモクセイのニオイくらいが良くなかったんだけど、桜も紅葉もひとのアタマ見に行くくらいなんだろうな…と想像できた。
夏に来てたらハスと青い葉っぱがたのしめただろうな。
それは見てみたかったなー。


運転ばかりしてたような気もする京都旅だけど、観光が目的なのひさびさだったのでたのしかった。
こんどはゆっくり来たい(熱望)。
イベントのついでにしちゃうとそれも落ち着かんけど、つぎ来るならイベントのついでだろうなー。


そういえば、きょうの感激。


地のひとで、ちょっと年配の方のことばを聞けるのって、都会でも田舎でもとてもうれしい。
お育ちが良さそうだと尚うれしい。
おハイソな方々って普段の生活に馴染みがないのもあるけど。


たぶんわたし自身、両親は他県出身だから出身在住の地と方言ちがってておかしいし、東海3県はメディア情報は基本的に名古屋なもんで方言というと名古屋弁混ざるし、高校も県内のいろんなとこからひとが集まってたので美濃地方の方言でもいろいろ混ざってたし、余計そう思うんだけどね。


なるほど土地のひとと触れ合うたのしさだな。
旅の発見…いまごろだけど。


| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:ふらり、気ままな京都ツアー
真珠庵 特別公開
〜12月16日

現代作家が描く襖絵、というので興味を持ったので行ってきました。


参加作家(作品名/場所など)

北見けんいち(楽園/室中16面)
山賀博之(かろうじて生きている/檀那の間8面)
濱地創宗(寒山拾得/衣鉢の間4面)
山口和也(空花/仏間4面)
上国料勇(Purus Terrae 浄土/札の間8面)
伊野孝行(オトナの一休さん/大書院5面)


ご住職の山田さんが途中まで、途中から通いでお寺の世話してる女性が案内してくれた。


上記の新しい作品ばかり見せてもらえるのかと思ったら、何百年前とか古いもの(お茶室やお庭とか)も案内と解説してくれた。


毎度のことながら「わーたのしそうー」だけでノー下調べで行く(しかも興味と知識と範囲が狭い)ので、「たぶんすごい勿体ない見物の仕方してる…」くらいの感じで、いろんなものやひとにわびる思い。


案内してもらってるので、好きなとこだけじっくりがっつり…とは見れなかったけど、とても贅沢な時間。


16面の北見けんいち絵の間は、正面の夕日の絵(襖)が少しだけ開いていて、そこには一休宗純の像があって拝観させてもらって「わーほんものだー」とキャッキャするわたくし(見た目にはわからない)。


失礼ながら山賀博之氏はアオイホノオのイメージが強く「どんな絵描くんだろう…」と思ってたので、ある意味でいちばん興味があった。
作品としての絵を描いてきてないっぽいことを伺ったのだけど、襖L字に8面分の水墨画がおもしろい構図で仕上がっていて「すごい…」と思わず声がでた。


ご住職がEXILEのツアーT着てた理由の解説とともに見た上国料勇氏の、はまってからも描き足され続けてる襖絵にたいへん驚いたり感激したり。


さいごに拝見させてもらったオトナの一休さん。
めっちゃアガる。
板尾創路と尾美としのりの声聞こえる。

やはり今後お寺巡りをするとはとても思えないが、オトナの一休さんで住職から御朱印いただいてキャッキャしていた。


木や道に誘われるまま他のお寺の特別公開行きたかったなー。
ていうか、もう1回見たいな…。

また来たい…いつ行けるだろ。



| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 真珠庵 特別公開
怒髪天 at 柳ヶ瀬ants
一揆一友TOUR 〜権べ&田吾〜



\けいちゃーん!/


怒髪天のレコ発ツアーです。
アルバム出たの7月でしたけどね。

そこからレコ発インストアも、先月のオアシスもアコースティック編成のイベントで、8月のUPSET行ってないだったのでバンド編成がひさびさ過ぎて、ひとことで言うと、はしゃいじゃった。


えーっと、去年のザ・コレのときは捻挫、きょうは足の親指巻き爪で化膿してるだったので、目標としては「がんばっておとなしめにしよう」だったけど、ムリだった。
生き物だから。



レコ発ツアーなので、新譜から多いんだけど、旧譜からが旧すぎて(個人の感想です)いろんな声でた。


前日入りした怒髪天御一行様。
MCの地元ネタコーナーで、シミさんが「金の信長像見に行ったよ」から始まり。
兄ィ「なんかおまつりやってたよね?」
客「信長まつりー」
兄ィ「そのまんまだな」

兄ィ「戦国武将…誰が好き?レキシみたいな質問だけど」
坂さん「戦国の武将」
兄ィ「戦国武将…誰知ってる?」

王子「名前の友康が徳川家康からきてるらしいので…親近感持ってる」
兄ィ「家康の康と友近の友」


兄ィ「斎藤道三にしても…アレだなー、信長いいよね。かぶき者で」


斎藤道三というワードにザワつくわたし(無言)。


なによりタダが大好きな坂さん、今朝の朝ゴハンは1,200円払って食べたらしい。
兄ィ「なに食べたの」
坂さん「けいちゃんと飛騨牛カレー…」
兄ィ「朝だよね?」
シミさん「それで来てすぐ弁当たべなかったの」

王子「ケータリングで大盛り注文してバイトの若い女の子に断られてる(量が決まってるから)」
兄ィ「大学生くらいの娘みたいな子に言われてる。きっと『ありえなくなーい?』とか言われてるんだよ」

など、坂さんの話題が盛り上がっていた。
王子がふくらませてくるのめずらしく思えたので、ちょっとうれしい。



そういえば「よく来たー!」のあと、7月の豪雨のとき、antsがステージのギリギリまで浸水したことにも触れていた。
さすが。
兄ィ「俺がZOZOタウンの社長ならステージもっと高くするんだけどね」

「ZOZOタウンなら」がきょうやたら多かった。
兄ィの関心ごとらしい。

あとはYOSHIKIが「代替」を「だいがえ」と言ったことを謝罪したニュース。
HONKAIの中で「だいがえ」とうたってるので、「もちろん俺も知ってるんだけどね、聞いて伝わる読み方するのもあるじゃん、いろいろ見たらそうやってあったから…俺がバカみたいじゃん?」としばらく言ったのち、「それで謝罪してヤフーニュースとかに載りたかったー。規模がちがうね」という感じでしめていた。


ツアー2日め、初日は千葉だったので、旅の初日(と、王子が言ってた)だからか、イキオイあって、坂さん以外(←見えないので)とてもたのしそうだった。
シミさんがベース置いて前に出てくるのひさびさに見た。

終盤〜アンコールは王子もずっと前に出てたし。
コーラスもせずシミさんのポイントでギター弾いてた(うれしい)。
なので、シミさん側に居たのに王子の方から近づいてきてがっつり見れたし(とてもうれしい)。


前に押し入っちゃおうと思うとこはいくつかあったけど、オトナなのでガマンした。
いや、ケガをかばってだけど。


帰り道で足いたいの思い出してきて(正気にかえったというか)割とじんじんといたんでおります。
↑バカ


泣きながらうたう兄ィの特技も見れたし。

やっぱバンドだなー。
怒髪天ダイスキだ。


「生きてまた会おうぜ!」

と言われたので、来年の1月13日までは生きてることにする。
(ツアー終盤の名古屋公演)



| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 怒髪天 at 柳ヶ瀬ants
旅:35年分の愛を叫びに行ってくる(後編)
921お祝い旅で寝落ちしたののつづきです。

といってもこの日は帰るだけ…なんだけど、新幹線を夕方の指定にしてしまったので、軽くこまる土曜の朝。


何度も前日のデキゴトを反芻してるとき、ちょっと前に友人から「滋賀にマサハル来るよ」と聞いていたの思い出してきて


30日はマーさんを観に行きたくなってきた。
そらーフミヤライブのゲストにアブラーズが出てくる(その逆もある)35周年なのに!
マーさんも観たい!うたってるんだもの!
と、もりあがってきた。
(チケット予約したった)


コンビニで買ってきたオレンジジュースとか飲みながら予定を立てようと思ったとこへ


朝ドラの時間が近いことに気がついてNHKオンデマンドに100円払い、あわてて金曜日の分を見たのちに午前8時を迎え


朝ドラ終わってチコちゃんの再放送始まったとこで何も予定立ててないことに気づき


もう若干顔色悪いままで1日過ごすことにし


チェッカーズとフミヤとアブラーズに浸ってたけど、しっかりコレ活してたりして、無事に荷づくり完了してチェックアウト。


旅先の朝といえばモチロン


旅先コーヒーショップで映画で見たような食べ方でゆでたまご食べてる外国の方に出会ってちょっとテンション上がったりした。


昨年の旅のリベンジを果たしに(?)太田記念美術館へ。
没後160年記念 歌川広重 at 太田記念美術館
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3899



これを書いてるころに思い出した。
デザインあ展へ行きたかったんだった。
すっかり忘れてた(痛恨)。


しかし当時のワタクシは思い出すこともなく、ザ・コレ武道館の頃に公式さんが投稿してた「Pの聖地巡礼」シリーズで上がってたお店へ行ってきた。

ぎょうざの満州(店舗指定)


…おナカ空いてるといろいろ目測謝るシリーズの最新作になっていた。


そんで、デザインあ展が思い出せないままだったので、山手線で仮眠をとりつつ(またかい)上野へ。
[世界を変えた書物]展 at 上野の森美術館
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3898

無料の展示イベントはなるべく東京では行かないことにしよう、ということだけ確認できた。


でもまぁ、せっかく上野に来たので

View this post on Instagram

わんわんおった。 #イマソラ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


SEGODON(軽快に)を見てきました。
わんこの後ろ姿まで写真撮ってきたよ。
西郷隆盛というと何度かに1回「さいごうた・かもそう」思い出してしまう…。
大和和紀め…。


なんとか新幹線の時間が近づき、東京駅へ。

帰りもグリーン車で(なんとなく記念日ツアーはグリーン車乗ってる←コレの武道館のときはやむなしだったけど)


オマケのお茶が欲しかったので、エキュートとかのかわいいおべんとうじゃなくて改札内のおべんとう屋さんで選ぶ。
でもまぁ。
こないだのタモリ倶楽部見て以来、シュウマイ食べたかったのでちょうどよかった。


帰りもこだまだからアイスやって来ないし


エキュートでかわいいやつ買ってきたけどな。


しかし切符を買った自分の都合ではあるけども


列車の変更できないので時間まで大変だったり


長時間移動で疲れが顕著に現れたりしてたので、JR東海ツアーズの新幹線付き宿プランの旅でも、予約時にひかり分の差額出そう…と思うのでした。

乗ってた列車が名古屋行きじゃなくて新大阪行きだったは、なんとなく悔しいポイントでしたけどね。
(ぎふはしま…)
今回も倒れたりすることなく、無事に旅がおわりました。

あすへの活力。



そんで後日


どうやってチケット代うまれたのか自分でもわからないけど、チケット代振り込んでた。


あとオマケ。


太田美術館の地下には、かまわぬの店あって、原宿限定のてぬぐいあると知ったら欲しくなるやんね。

虎子石ちゃんなでなでしたかったので、ぬいぐるみあったらシアワセだったなぁ。

まあいいや。今回も東京楽しかったです。




| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:35年分の愛を叫びに行ってくる(後編)
旅:35年分の愛を叫びに行ってくる(中編)
朝起きて千疋屋でおやつしてたとこからの続きです。


開場前の先行物販は12時30分からだったけど、ま、サイアク開場までに買えるだろうと思いながら気持ちのんびりめの11時40分ごろ、東京国際フォーラム ホールAの入り口に到着。
雨はよく降っていたが、まだ屋根のあるところが最後尾だった。

時間になったので列が動いて中に入れたものの


やはりひとが多い。
つーか、同じように東京以外からやってくるひとが多そうで、大きな荷物率高めで


終わらない行列に見えるので胸をなでおろし


ひとが密集してて自分も若干興奮状態(ライブたのしみに過ぎて)なので安定剤いるレベルで


そういえばこのときまでに傘使ったの、宿の最寄駅から宿までの往復だけだったなー。
けっこうな雨降ってたからありがたい。
やはりジョージア選ばなかったからか…と小さな後悔。
(晴れ男のサニー徳永氏は缶コーヒーのジョージアを愛飲してたらしいので、たまにあやかりたくてジョージアを選んじゃう)


行列長いので本とか読んでたけど、たまに動くので集中できず。
なもんで新幹線の思い出をアップしたり


うっかり本音が出たり(ヒマでいいのか)


硬い石材の上に立ってるので腰にくるわー…ってなってたり


なんとかミッションコンプリート(ライブの記事にも埋め込んであるけどここでも)


3時間以上じっと立ってたので、足にもきてたり


とにかく座りたいってなり


これからライブと思ったらそれなりに食べておかなきゃなんだけど、それは重たいだろってなったり

View this post on Instagram

頭上こんな感じです。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


いつも新幹線から見てるやつを内側から見たので感激したりして、やっと落ち着いた頃には開場時間が近づいていた。
身分証明書の確認もするから、指定席でも早めに並んでおかなきゃ!と開場入り口へ向かう。

たぶんこのときがいちばん傘さしてた。

35年間、うたい続けてくれてありがとうー!
藤井フミヤ at 東京国際フォーラム ホールA
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3897


ファンクラブ限定ライブをデビュー記念日にということなら行くしかない!と半ばイキオイで決めたけど、この日来れてよかった!

終演後の打ち上げ中、自撮りのプロのトール氏がTwitterにアブラーズとフミヤっていう写真上げたので


実体はずっととんでもない興奮状態でした。

何のときどうだったかとか今日のあれヤバかったとか大阪のアブラーズ行かなきゃとか、大いに盛り上がり宴たけなわではございますが、お開きの時間がやってきた。


すごくうれしいライブを観たあとは、ゆっくりクールダウンしたいので、泊まりの旅にして正解だった。
わたしありがとう。


しかし宿の最寄駅に着いたら、ちょっとしらない世界になっていて


時間が遅いので閉鎖されてて


とりあえず地上へ出て


そんな複雑そうな道じゃなかったからまわりのコンビニとか飲食店具合で方角を確認して、お宿へ到着。


コンビニでちゃんとアイス買って、翌日のいのちつなぐ飲み物の類を買った。
宿も、ファーストキャビンとか泊まってみたかったんだけど、この手の旅は半裸でぼんやりしながらアイス食べたりする時間が必要と判断したのでビジネスホテルにしてた。
ありがとうわたし。



そんでアイス食べ終わってシャワろうとか考えながら、ライブやその後の関係者の投稿などを反芻しつつ寝落ち(平常運転)。


後編へつづく

| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:35年分の愛を叫びに行ってくる(中編)