しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

PostPet VRの体験会で20世紀の夢かなうの巻
長いことペットロスしてるみなさん、こんばんは。
(ここだけ語り口調…あとたぶんヒトリゴト)

きょうはPostPet VRの体験会行ってきました。


去年CAMP FIREというクラウドファウンディングでPostPet VRのパトロンさんになりました。
デカいパトロンさんは、かつて飼ってたV3のペットのデータ復活できたり、モモぬいSもらえたりするんですけど、データは腐るものなので、あのコのことはココロの中にだけ置いとくことにして、体験会参加できるくらいの出資をさせていただきました。


だって!
ペットさわれるのよ!!
モモなでたいやん!!!(チカラ強く)

ちなみに体験会は、この日と前日の2日間行われてました。



モモ妹が来るし、おもろしろそうなので、体験の予約入れた時間より早く到着。
ほぼ同時にモモ妹到着したので、お写真撮らせてもらった。

わーい!モモ妹とツーショット!! #postpet #モモ妹 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


しろくまさん、シアワセそう。


広い部屋(大学の食堂らしい)の端と端に体験スペースが設けられていた。
片方は八谷さんが案内してたけど、そっちじゃない方で体験。

わたし…!アンノウンになってる…!!
という感慨もなく、目の前がV3で見慣れた1階の部屋と庭になり、柵の外にはジョンとミッピがいて、庭でシンゴRとじんぱちとウシェと竹千代がいて(彼らはその場から動かない)、フロとスミコが庭を歩き回り、コモモがあちこち動き回り、モモがわたしのまわりをうろうろしてるのにわたわたしてただけだった。

ピンクのクマを飼ってたので、ひたすらモモをなでまくるわたし。

案内のおねーさんに促されて、庭の温泉に入ったり、冷蔵庫や宝箱を開けたり(まだ空っぽ)、ちょうちょ(これは周りの人が動かしている)を追いかけようとしてたりしてるうちにお時間となりました。


DSのゲームにしても、ペットと飼い主風のプレイヤーのキャラクター、だったのが、アンノウンというよく知るキャラクターがプレイヤー自身であるというのは、ポストペットやってたひとならタマランのではなかろうか。
わたしは変な声出たぞ。


(ここにいるほとんどの人だろうけど)やはり八谷さんが案内ってうれしいじゃないですか。
お話とかするキッカケになるし。



まだ試作品だからか、フリーズしたり、ちょいちょいこういう場面があった。
そういえば、アンノウンになれるのはうれしいがペットや壁など、何かに近づき過ぎると自分の紙袋がジャマになってきてた気がした。


このなかでモモじゃないクマ持ってるのわたしくらいやと思う… #postpet #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


右のひとがアンノウンさんです。
モモさんを支えてるのがウチのしろくまさんです。

ポストペットのイベントなのにちがうクマを。
トートバッグもさらにちがうクマだけど。

アンノウン(手前)になってモモをなでれるんすよ

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


ほかの方の見てる映像。
VRメガネを掛けてると、ぐるりどっち向いてもこの景色で

鏡にうつる姿は確かにアンノウン…!

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


鏡の中の自らにおどろきをかくせない。

じんぱちかわいい

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


「動かすことはできなくても、このイベントまでに全キャラ登場させたかった」と八谷さん。

わたしの友だちはDXからのユーザーが多かったからウシェやジョンにはなかなか会えなんだけど、やっと会えた(だいぶおかしい)。
シンゴはRより旧型のカクカクの方が好きだったんだな。
これはこれでカワイイけど。


ひとさまの様子を眺めて、自分とちがうことしてるので


いろんな景色が見えるのもよかった。


温泉に入ると「チャポン」とか音がするんだぜ(誰)。

そういえばコチラにきています。 #postpet #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


なんでこのビジュアルかは、このあとのトークイベントで八谷さんから明らかにされた。

ポストペットのテレビCM(なつかしすぎる)でマッチョのおっさんが蹴破ったドアに貼ってあったポスターだったのだ。
これがわかるポスペマニアはさすがに居なかった。


ほぼ「モモをなでる」「モモ妹に会える」だけで来てたので、会場内でTwitterのタイムラインをチェックしてるときに

真鍋さんもいらっしゃることに気づいた。

お顔を知らなかったので、わかるまで時間かかったけど。
モモ色の服をお召しでした(うふふ)。

ペットごとに、なでる音と叩く音がちがってるのとかもすっかり忘れてたので


新鮮なおどろき。
つーか最後の方は、よそんちのペットも来なくなって、ウチのクマとイソウロウとあそんでただけだったもんな。





(↑実況状態になると、夢中になりすぎてよくやるやつ…)


モモ妹さん取材でお越しらしいのですよ

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


プレス用に席が取ってあったけど、モモ妹は多忙なために通しては居なかった。

トークイベントのゲスト、新谷真弓さんがお越しになって、体験し終わった頃に

モモ妹さん再び。カメラロールがイッキにモモ色に…! #モモ妹 #postpet #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


モモ妹、再登場。
でんわさんのカメラロールがあっちゅー間にモモ妹でいっぱいになてゆく。
生モモオソロシイ。

壇上に幸喜さんも集まって、トークスタート。


この世界の片隅にって、誰が誰の声とかいうのが気にならない映画じゃったから(ほめ言葉←いいわけにならん)。


お題(?)は開発の経緯というか、ポストペットの歴史というか、各バージョンのリリースまでの裏話というか。
八谷さんのMacの中の動画を見ながら解説入りつつ進行。


そこでさっきのポスターの解説。


モモ妹は

モモ妹さん、いったんこっちに座ったんですよ

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


こうなったけど

でもこちら側へ(このときはペットを叩いたりする機能の話をしてたから震えてる)

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


こうなって


スピーカーさまの話に答えたりしてます(無言で)。


生モモファミリーも、単体で見るときはモモ兄くらい特徴がないと見分けつきにくい程度のワタクシ。

モモの花おじさんが

そんな頃からCMスター(?)だったことを知った。


ポストペットを思いついた元ネタ的な話題で「ジョジョの奇妙な冒険のスタンドみたいなのできないかなと思った」「そこに落ちてる小銭を拾ってくる程度の能力の」と言い出してるの聞いて


「スタンド」がなんたるかをなんとなく理解(ジョジョわからない)。

それでスタンドがダメージ受けたら本体もダメージ受ける。
ペットが出先でなぐられれば、ひみつ日記を読んだ飼い主がそれなりの感情の変化など影響がある。
なるほどー。



っておどろいたけど、これ聞いたことあったな。
ウチのペットはいなくなる前にMacがいなくなってしまったわ(友だち少ない)。


V3開発秘話(?)。

ペットはしゃべらないので、しゃべるキャラクターをSo-netから求められたそうだ。


そこでコモモの声が新谷さんで、竹千代が知久さんに…って知久さんなの!!!
留守電(そんな機能忘れてた)の内容やセリフのパターンなども新谷さんが作ってたらしい。
デリイーポータルZのライターの法師丸さんとかも何かのテキスト書いてたりしたらしい。
その他「〇〇が誰某で」っていう話が、雑に言うと「錚々たるメンバー」ってやつで軽くびびる。


アクセサリーやイソウロウの話になって


ウチにおったあのオバケのコは…ってひとりしんみりした。


それにしても

スピーカーさま方の話も流れてる資料の内容も、ファンとしてはたまらないので、どっちに集中しようか悩ましかった。


魔法陣という遊具にはモンスターが現れたらしい(現れてフロが倒されてコモモが退治する動画を見てた)。

そういえばアクセサリーも気に入ったのずっとつけたままだったな。


割と無造作に見せるデータを選ぶのか

たまにこんなことになったりした。


「ゲームしないゲーム」のメールソフトなのに、キャラクターや周りの設定がおもしろかったので、そこからはみ出してったイベントもありました。



これはポストペットのBBSの名前なんだけど、いまでこそ普通になった関係者の名前らしい。
ほんとに北村さん(当時のSo-netのディレクターらしい)がいたとは。
この話になったのはスナックの看板風のそれの写真を見せていたから。


1999年?に大阪のソニービル?までポストペットのイベント行ったぞ。
ペッチの硬貨まだどっかのひきだしにあるし、プラグ院で引いたおみくじは部屋の壁に貼ってある。
というのを急に思い出した。




どこかの国で知らないうちに使われてしまうほどヒットした背景とは、Macの暗黒時代であったこと、ユーザーによる改造を(ある程度)許容してたこと、などを上げていた。

iMacに簡易版がバンドルされてたのはジョブズに認められた?とかいうのも昨日のイベントで公になったり「それ、初めて見ました」と壇上のアチコチから出たりするような、いまだから明かされる!みたいな2日間だったようです。


ポストペットパークの中でもおやつや部屋を作るお店があったりしたけど、有料サイトだったのと、それ以上のちょっとしたカスタムしたいひとが少なからずいたので、割と自作おやつはあふれていた。
その頃インターネットしてるひとというのは、まぁ、そういうのに興味あってできるひとが多かっただろうしね。


わたしは自作はしなかったが


くれるというものはいただいてた。
キングポストマンをペットにする改造してたあのひとは元気だろうか(遠い目)。


うん…いまだとムズカシかろね…と、ぼんやり。


ポストペットパークのイベントのキャプチャをいくつか見てて


パークの専用アカウントにメールを送ることで参加するイベントがあって、たのしかったなぁ。
草むしり行かせて埃だらけで帰ってきたこともあったなーとか、人文字の中のウチの子が持ってたメッセージに泣いたりとか、ダイヤルアップの鈍い時代にスタンプラリーでパーク中のページまわったりとか…(キリがない)。


直前のポストペットの活動として、Twitterクライアントを開発してたのが仕様変更で頓挫した話とか。

それがこういうカタチに落ち着いてきた、という報告会でもありました。
(そういえばここのお客さんは出資者だった)



VRは個人向けというよりもショッピングモールとかのイベント用として、スマホ版をリリースさせるようにすすめてるらしい。
DSでも棒でなでるだけだけど、でんわさんなら手でなでてる…!


V3の販促イベントで仮面ライダーV3とコラボしたステージショーの模様の動画を見せてもらった。
みんなでモニタがよく見えるとに移動してわいわいと。
遠くにbrotherのロゴが見えたからギフトショー的なやつかしら(想像)。


So-netブースで司会のおねーさんとモモ兄がV3の紹介してたら、悪者登場。
モモ兄に「悪」の何かを貼りつける!
そこへ宮内洋が登場!
悪者の反撃に遭いV3に変身!
しかし悪に染まったモモ兄がやたら強い!!
(その間、司会のおねーさんが悪に怯えつつ新機能紹介などをねじ込むカッコよさを見せ続けてる)
V3ピンチ!!!
コモモ登場!形勢逆転!モモ兄も「悪」が取れて正義のココロに!
悪者にV3がとどめをさして大団円!
みたいな内容でした。


思わず


とこぼすほど強かった。




トークイベントが終わったら、体験会の続き。
(いま思えばこのとき帰ってもよかったのか)


いろんなひとが体験してるのを眺めてて


解説を聞いてるうちに


わかることが増えてきた。


全員が体験し終わったらしい。
八谷さん「2回めの体験したい方いらっしゃいますかー?」
元気よく挙手。


これまでのいろいろ踏まえて2回めのVR体験!


ちなみにちょうちょは

iPhoneImage.png

モモ妹が持ってる釣竿みたいなやつです。


きょう初めてVRというのを体験して


カラダが動いてないのに視界が動いてるのが酔うんだなと知る。


さっきより冷静に(たぶん)できたので


気になってた動くものにさわり


モモ以外のペットにもふれあえた。


なんと次のひとは


思わぬ入れ知恵(!)を


柵の外にいたペットにふれ


ミッピ(めっちゃ動き早い)を追いかけて


お庭に帰ってきてた。




じっくりがっつり体験できたし。



なですぎて鳴るのはおなららしい…って何がどうなってこの会話になったのか。


真鍋さんには、たまに出てくる娘さんの話がたのしみですと言った気がする。


半日ほど動くモモを眺めてて、その人懐っこさに

「あ、あれ?」ってなったり


そういえばアホやったと気づいたり

モモ妹の受付嬢シリーズ。ペンも持てるんですよ。 #postpet #モモ妹

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


三度現れたモモ妹のサービスっぷりに写真撮りまくり


よく沈んでるわと思ったり


ひっきりなしに動き回るコモモがおもしろい格好で固まってたので撮影会になってたりしてるうちに


気がつけばこんなことに。


申し訳ないくらい居座ってたけど


まぁいいや…ってわたしが言うことじゃないけど。


止まってしまったと思ってた


ポストペットの未来がたのしみになってきた!


これだけポストペットのこと考えるのなんていつぶりだろう。


「(想像できてたけど)東京だけかよ!」と思っても来てよかった。


ポストペットづけの時間もたのしかったけど、若い頃にあこがれてた大人たちに会えたのがうれしかったなー。









| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - PostPet VRの体験会で20世紀の夢かなうの巻
大阪DTPの勉強会 2016/11/26の会

ばばーん。今月のおおさかー。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)が投稿した写真 -



at クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

Photoshop、Illustrator、InDesign、Creative Cloudアプリの「すぐ役立つ話」
セッション1:InDesign(森裕司さん)
セッション2:Photoshop(やもさん)
セッション3:Illustrator[イラスト](カワココさん)
セッション4:Illustrator[文字がからんだ制作物](えむさん)
セッション5:文字組(大石十三夫さん)
セッション6:Creative Cloudアプリの便利な使い方(大倉照結さん)





大阪DTPの勉強会行ってきました。
今回は参加費無料の特別会だったので、通番つけずに11月26日の会って感じらしい。

スポンサーにDTPエキスパートクラブ西日本がついてたのだそうだ。
無料ありがたい(大阪近くないけど)。
このスピーカーさんたちが一堂に会すのはAdobeのイベントくらいだろうしね(イメージ)。



「すぐ役立つ」なので、実用的なワザの話も多かったけど、手間と時間とまちがいを減らすためにする、準備と考え方と「印刷屋さんに確認(相談)」というのが共通してた。

あと新機能とプラグインやスクリプトは、ばしばし使え、とかいうのもなんとなくキャッチした。


自らのツイートでセミナーをふりかえろうと思ったけど

だいたいこんな感じで役に立たなかった(平常運転)。


なので内容についてはステキなまとめを。
大阪DTPの勉強会 #oskdtp1126 - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/1053273



イラレでページものも文字モノも慣れっこなワタクシですが、残念なりになんとかできる(する)方法を、悪態つきつつも解説してくれる大石さんのお話は、ほんとありがたい。
話の中に計算がたくさん出てくると泣きそうにはなるけれども(避けられない)。
ヘンなアキや詰まりが出てしまうとこは、やはりひとつひとつ手作業するしかないらしい(とほほ)。


となりの人と雑談中「InDesignで、文字のアミにかかってる部分だけ白ヌキにしたいときどうする?」ってなぞなぞ出てきたりした。
答えに悩んでたら「元の文字を背面に送る→コピー→アミのオブジェクトを選択→選択範囲にペースト」って、最初のセッションで出てきた、角丸の表をつくるのに使った「選択範囲にペースト」の気づかなかった使い方を教えてもらった。
なんと休憩時間もアチコチで知恵をいただいていた。
個人的な目から瓦ポイント(鱗よりデカいもん出てくるイメージ)…ってそこかよ。



とは言いつつも、毎度勉強会の目的の半分(以上)はオフ会なので

ちょっと歩いたらおやつがたくさん(うっとり) #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)が投稿した写真 -


友人知人からおやつが集まってきてシアワセです。
やっとお会いできた方も何人かいたし。



休憩時間に廊下からの眺めに

くりすますつりー… #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)が投稿した写真 -



迫りくる年末感をたのしんだり。



食べ物はそれなりに用意してたけど

おやついただいた(かじる) #おやつ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)が投稿した写真 -



いただいたおやつで飢えをしのいだりしてた。
なんせ長丁場だったもんで。


そんである意味メインの懇親会もたのしかった。
いろんな人と話した(がんばった)。
| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大阪DTPの勉強会 2016/11/26の会
DTPの勉強部屋 第40回勉強会

べんきょうかいきましたー!

しろくまグラムさん(@q9x9p)が投稿した写真 -




名古屋DTPの勉強部屋の勉強会が、10周年の40回でスペシャルな内容でした。


IllustratorとPhotoshopとInDesignとAdobe岩本氏のセッションがあるので、けっこうなAdobe色かと思ってのぞんだのでした。

 

は!会社からテケトーに持ってきたのがアドビノートだった!

しろくまグラムさん(@q9x9p)が投稿した写真 -



ええ、うっかりと。



しかし、最初のセッションがDTP黎明期から現在まで第1線で活躍されてる方のお話があったので、終わってみたら意外とそんな印象ではなかった。


歴史を振り返りつつ、もしQXPが日本で普及してなかったらとか、Adobeがページレイアウトソフトの開発止めてたらとか、モリサワパスポートなんてサービス始めてなかったらとか…(だったような)そんなもしもトークに「だからいまがある」って思って聞いてました。
それで未来につながってる感じがした。


スピーカーの菊池さんが時代時代(年代?)に合った仕事のカタチに変わり続けてて、とてもすてきだった。
こんなオトナになりたい。



奇しくも(?)東京の勉強会と同日開催で、Twitterのタイムラインは、どっちの状況もなんとなくわかるごっちゃごちゃでありました。


名古屋勉強会のまとめ


東京の勉強会のまとめ

 
| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第40回勉強会
大阪DTPの勉強部屋 第21回勉強会(20日の部)



セッション1
初めてのWebサイト発注、知っておきたいWeb制作の流れ
スピーカー:森崎 詩穂氏

セッション2
事例で見る!DTP屋もWEB屋も幸せになれるWEBデザインのポイント
スピーカー:かねも氏

セッション3
いまどきのカラーマネジメント
スピーカー:島崎 肇則氏


今週もメビック扇町きました。
先週と同じく(?)Webのハナシと色のハナシ。


今日のWebのハナシはどちらも「作業者として」という感じで聞けた。


第1セッションの森崎さんは、ウェブサイトの構造をフラペチーノに例えてたのがおもしろくわかりやすかった。
(容器はサーバー、コーヒーはHTML、便利な機能はトッピングなど…)
受講者であるわたしたちを、お客さんからウェブ制作者につなぐプロデューサーであるからお客さんの顔してたらいけないと。
考えればそうなんだけど「あっ」てなった。
それやないと子どものつかいな営業だしな。
印刷物のカタチになってないだけで広告のツールであることは同じだもんなー。

「校正の段階で大直しが多いのはプロデューサーがちゃんと仕事できてない証拠」の詞葉が刺さった。


それに続く第2セッション。
デザイン制作する立場で印刷物とは仕様がちがうというハナシを、例えをまぜてわかりやすく。
印刷でも線数や刷り色の数でデータの作り方かわるやん?て感じかな。
コーディングするコーダーさんは製版・印刷の行程ってとこかな。
知ってる世界に置き換えないと理解できなくて、そうやって聞いてた。
ははーなるほどー。


4日間に渡る勉強会(先週今週の土日やってた)のトリは、おなじみ色師匠のカラマネ話。
いや、どのくらいおなじみなのかはワカランが。

モニタと、出力機と、部屋の光源と、印刷物と色の見え方を近づけるためのハナシ。
部屋の蛍光灯の選び方など、身近なところから整えられるところもあった。
「でもその環境整えられないし…」とか思いながら聞いててすんません。

「イラレでカラーモードをCMYKからRGBに変えたら数値はアレだけど見た目はそんなに変わらない」
「日本のインクは黒が黒々としてる」
などのオマケのハナシもおもしろかった。


今日の感想をざっくり「Webもカラマネもそんなに怖くないから名前だけで拒絶反応しなくてもいい」とメモしておこう。





吹き抜けのとこでこんしんかーい

しろくまさん(@q9x9p)が投稿した写真 -




大阪の勉強会ひさびさだったので懇親会まで参加してきました。
ありがとう大阪。

| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大阪DTPの勉強部屋 第21回勉強会(20日の部)
大阪DTPの勉強部屋 第21回勉強会(13日の部)




セッション1
web制作の流れからヒヤリング、企画提案、デザイン制作を学ぶ
スピーカー:上田 有紗子氏

セッション2
色の基礎知識と配色の考え方
スピーカー:島崎 肇則氏


ひさびさに大阪の勉強会です。


苦手でも大事なヒアリング。
ココロして当たったつもりでも、疑似体験するの知らなかったので(ちゃんと見とけよ)使えない営業っぷりを発揮。
うん。なんも聞けれてなかった。
退室したいほどパニックになってたのを乗り越えたけど、相手の方の勉強になってなくて申し訳ない気分。

その後の解説と実例を聞きながら「デザインとは見た目で使い方を迷わせない機能」ってメモしてた。
あたらしい表現方法を普段からいろいろ見てストックするのは、ここんとこサボってるの思い出して反省。



セッション2は配色と色彩計画の基本の話。

ユニバーサルカラーの話から色盲の話になって、だいたいRGBのどれかの認識が弱くなってるだけらしい、とか。
その代わりに見えてる色や明るさの判別能力長けてるらしい、とか。

普段使う色(見出しにコレ、こういう効果にソレとか)の解説に「こういうことだったのか」「まちがってなかった」とか、ひとり答え合わせ。

個人的には1時間くらいアドリブで講話してたのが、おもしろいっていうかすごいなーと思ってたのでした。


イキオイで来週のも申し込んじゃったので、来週も大阪行きます(なんの予告)。
| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大阪DTPの勉強部屋 第21回勉強会(13日の部)
DTPの勉強部屋 第39回勉強会


Session 1:InDesign、覚えておきたい機能あれこれ
スピーカー:YUJIさん
ミニセッション:
Session 2:対話するマークデザイン
スピーカー:小川明生さん



個人的にひさびさの名古屋勉強会です。


セッション1は、InDesignの便利機能のおさらい。
いつからの機能だろう…と、ネット検索しつつ(だいたいYUJIさんのInDesignの勉強部屋が出てくる)CS5以降ばかりかと思いきやCS2からあったようなやつ(フレームに均等に流し込むの設定)とかあって「あれっ」てなったりした。
はい、がんばります…。


ミニセッションは「InDesign自動化のすべて」で、効率的に組版作業するためのスクリプトやタグや検索置換のお話。
「スクリプトさんは手順の何割かをやってくれて、疲れないし休まないし愚痴も言わない」など、ユーモアを交えて聞きやすくしてた。
スクリプト…(使ったことない)。




第2セッションはお題にあるとおり「対話する」マークやデザイン、CIなどのお話。

ロゴやマークを企業のブランドとしてうまくつきあってもらうハナシとか、根底の土台の作り方とか(個人的解釈アリ)その実例と解説。
マークの中のモチーフに名前つけて、お客さん(クライアント)に愛着もってもらうなど、気に入られて受け入れてもらうための考え方などが聞けた。
基本といえば基本のハナシなんだけど、第一線で活躍してる方の基本のハナシは、やはりおもしろい。



愉快な友人が集まるので、休憩時間に香港の新聞見せてくれたりと、たのしい時間でありました。


| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第39回勉強会
東京DTPの勉強会 第20回

東京のDTPの勉強会きました! #しろくまグラム

しろくまさん(@q9x9p)が投稿した写真 -


at エッサム神田ホール
トーンカーブを「設計」しよう
〜なんとなく操作していた方のためのトーンカーブの基本〜
スピーカー:村上良日(鰯屋)



やも氏のPhotoshopのTipsがわかるためのトーンカーブ含む色調補正の理屈と、それに至るためのモニタと光源と基準のハナシ聞いてきました。


過去に何度かやも氏のツイートをヒントというかお手本に、画像加工と色調補正が以前よりこわくなくなってきてる(実は)。
とはいえ、話を聞きながら効果の出方を見ながらのセッションは文字と写真からの情報より「なるほど」が多かった。

まぁ、わたしの使用環境が古いのでできないことも多いけどね。


行ってよかったー。

すばやいまとめもスバラシイ。
http://togetter.com/li/940641

 
| comments(0) | trackbacks(0) | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 東京DTPの勉強会 第20回
DTPの勉強部屋 第36回勉強会

Session 1:文字組版をもうちょっと考える
スピーカー:ものかのさん

Session 2:クライアントから本当のニーズを引き出す4つの質問と、サービスとホスピタリティーの違いについて。
スピーカー:矢野まさつぐさん





他人に伝わって言葉になる文字という記号についてと、思いをどう伝えてどうなりたいかを聞き取るためのヒントを聞いてきた(ざっくり)。



あとプチセッションで配色のヒントとイラレファイターたちのスゴ技見たり。


でも毎回勉強会行って「ふぁーがんばろー」と思う自分自身のなさを自覚しつつ、やっぱり月曜からがんばろーと思うのでした。
| comments(0) | trackbacks(0) | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第36回勉強会
DTPの勉強部屋 第35回勉強会

Session 1:Creative Cloudで大きく変わるワークフロー
スピーカー:森裕司さん
プチセッション:まとめて解る!InDesign自動化の全て
川原さん
Session 2:フォーマットをつくる
スピーカー:鈴木一誌さん



毎度気持ちが改まったりする勉強会なのです。


予定あってプチセッションからの受講でしたが、デザインの哲学…設計図の作り方っつーか、必死で紙のメモを取るようなお話聞けました。



ひさびさにがっつり懇親会まで行ってきて

アタマ沸騰しそうな興奮状態。
| comments(0) | trackbacks(0) | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第35回勉強会
DTPの勉強部屋 第34回勉強会

(写真がおやつしか撮ってなかった…)


Session 1:10倍ラクするIllustrator仕事術(2014アップデート)
スピーカー:鷹野雅弘さん

Session 2:デザイナー目線で考えるイラストレーションの現在
スピーカー:濱口博文さん




すごい人たちから「自らの立ち位置と小ワザ小ネタの磨き方」を聞いてきました(そんな気分)。


わかりやすくて目を引く興味を持たせるのが流石のひとこと鷹野さんと、ぽつぽつと事例とぶっちゃけ話と裕司さんの合いの手が入りつつ独特の視線から語られる濱口さんが対照的過ぎて、それぞれにあっちゅー間に過ぎてった。



くわしい(?)状況は、まとめを見てもらうとして、あしたからがんばって働きます(毎度同じ感じの感想)。

| comments(0) | trackbacks(0) | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第34回勉強会