しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

大阪DTPの勉強会 2016/11/26の会

ばばーん。今月のおおさかー。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)が投稿した写真 -



at クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

Photoshop、Illustrator、InDesign、Creative Cloudアプリの「すぐ役立つ話」
セッション1:InDesign(森裕司さん)
セッション2:Photoshop(やもさん)
セッション3:Illustrator[イラスト](カワココさん)
セッション4:Illustrator[文字がからんだ制作物](えむさん)
セッション5:文字組(大石十三夫さん)
セッション6:Creative Cloudアプリの便利な使い方(大倉照結さん)





大阪DTPの勉強会行ってきました。
今回は参加費無料の特別会だったので、通番つけずに11月26日の会って感じらしい。

スポンサーにDTPエキスパートクラブ西日本がついてたのだそうだ。
無料ありがたい(大阪近くないけど)。
このスピーカーさんたちが一堂に会すのはAdobeのイベントくらいだろうしね(イメージ)。



「すぐ役立つ」なので、実用的なワザの話も多かったけど、手間と時間とまちがいを減らすためにする、準備と考え方と「印刷屋さんに確認(相談)」というのが共通してた。

あと新機能とプラグインやスクリプトは、ばしばし使え、とかいうのもなんとなくキャッチした。


自らのツイートでセミナーをふりかえろうと思ったけど

だいたいこんな感じで役に立たなかった(平常運転)。


なので内容についてはステキなまとめを。
大阪DTPの勉強会 #oskdtp1126 - Togetterまとめ
http://togetter.com/li/1053273



イラレでページものも文字モノも慣れっこなワタクシですが、残念なりになんとかできる(する)方法を、悪態つきつつも解説してくれる大石さんのお話は、ほんとありがたい。
話の中に計算がたくさん出てくると泣きそうにはなるけれども(避けられない)。
ヘンなアキや詰まりが出てしまうとこは、やはりひとつひとつ手作業するしかないらしい(とほほ)。


となりの人と雑談中「InDesignで、文字のアミにかかってる部分だけ白ヌキにしたいときどうする?」ってなぞなぞ出てきたりした。
答えに悩んでたら「元の文字を背面に送る→コピー→アミのオブジェクトを選択→選択範囲にペースト」って、最初のセッションで出てきた、角丸の表をつくるのに使った「選択範囲にペースト」の気づかなかった使い方を教えてもらった。
なんと休憩時間もアチコチで知恵をいただいていた。
個人的な目から瓦ポイント(鱗よりデカいもん出てくるイメージ)…ってそこかよ。



とは言いつつも、毎度勉強会の目的の半分(以上)はオフ会なので

ちょっと歩いたらおやつがたくさん(うっとり) #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)が投稿した写真 -


友人知人からおやつが集まってきてシアワセです。
やっとお会いできた方も何人かいたし。



休憩時間に廊下からの眺めに

くりすますつりー… #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)が投稿した写真 -



迫りくる年末感をたのしんだり。



食べ物はそれなりに用意してたけど

おやついただいた(かじる) #おやつ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)が投稿した写真 -



いただいたおやつで飢えをしのいだりしてた。
なんせ長丁場だったもんで。


そんである意味メインの懇親会もたのしかった。
いろんな人と話した(がんばった)。
| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大阪DTPの勉強会 2016/11/26の会
DTPの勉強部屋 第40回勉強会

べんきょうかいきましたー!

しろくまグラムさん(@q9x9p)が投稿した写真 -




名古屋DTPの勉強部屋の勉強会が、10周年の40回でスペシャルな内容でした。


IllustratorとPhotoshopとInDesignとAdobe岩本氏のセッションがあるので、けっこうなAdobe色かと思ってのぞんだのでした。

 

は!会社からテケトーに持ってきたのがアドビノートだった!

しろくまグラムさん(@q9x9p)が投稿した写真 -



ええ、うっかりと。



しかし、最初のセッションがDTP黎明期から現在まで第1線で活躍されてる方のお話があったので、終わってみたら意外とそんな印象ではなかった。


歴史を振り返りつつ、もしQXPが日本で普及してなかったらとか、Adobeがページレイアウトソフトの開発止めてたらとか、モリサワパスポートなんてサービス始めてなかったらとか…(だったような)そんなもしもトークに「だからいまがある」って思って聞いてました。
それで未来につながってる感じがした。


スピーカーの菊池さんが時代時代(年代?)に合った仕事のカタチに変わり続けてて、とてもすてきだった。
こんなオトナになりたい。



奇しくも(?)東京の勉強会と同日開催で、Twitterのタイムラインは、どっちの状況もなんとなくわかるごっちゃごちゃでありました。


名古屋勉強会のまとめ


東京の勉強会のまとめ

 
| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第40回勉強会
大阪DTPの勉強部屋 第21回勉強会(20日の部)



セッション1
初めてのWebサイト発注、知っておきたいWeb制作の流れ
スピーカー:森崎 詩穂氏

セッション2
事例で見る!DTP屋もWEB屋も幸せになれるWEBデザインのポイント
スピーカー:かねも氏

セッション3
いまどきのカラーマネジメント
スピーカー:島崎 肇則氏


今週もメビック扇町きました。
先週と同じく(?)Webのハナシと色のハナシ。


今日のWebのハナシはどちらも「作業者として」という感じで聞けた。


第1セッションの森崎さんは、ウェブサイトの構造をフラペチーノに例えてたのがおもしろくわかりやすかった。
(容器はサーバー、コーヒーはHTML、便利な機能はトッピングなど…)
受講者であるわたしたちを、お客さんからウェブ制作者につなぐプロデューサーであるからお客さんの顔してたらいけないと。
考えればそうなんだけど「あっ」てなった。
それやないと子どものつかいな営業だしな。
印刷物のカタチになってないだけで広告のツールであることは同じだもんなー。

「校正の段階で大直しが多いのはプロデューサーがちゃんと仕事できてない証拠」の詞葉が刺さった。


それに続く第2セッション。
デザイン制作する立場で印刷物とは仕様がちがうというハナシを、例えをまぜてわかりやすく。
印刷でも線数や刷り色の数でデータの作り方かわるやん?て感じかな。
コーディングするコーダーさんは製版・印刷の行程ってとこかな。
知ってる世界に置き換えないと理解できなくて、そうやって聞いてた。
ははーなるほどー。


4日間に渡る勉強会(先週今週の土日やってた)のトリは、おなじみ色師匠のカラマネ話。
いや、どのくらいおなじみなのかはワカランが。

モニタと、出力機と、部屋の光源と、印刷物と色の見え方を近づけるためのハナシ。
部屋の蛍光灯の選び方など、身近なところから整えられるところもあった。
「でもその環境整えられないし…」とか思いながら聞いててすんません。

「イラレでカラーモードをCMYKからRGBに変えたら数値はアレだけど見た目はそんなに変わらない」
「日本のインクは黒が黒々としてる」
などのオマケのハナシもおもしろかった。


今日の感想をざっくり「Webもカラマネもそんなに怖くないから名前だけで拒絶反応しなくてもいい」とメモしておこう。





吹き抜けのとこでこんしんかーい

しろくまさん(@q9x9p)が投稿した写真 -




大阪の勉強会ひさびさだったので懇親会まで参加してきました。
ありがとう大阪。

| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大阪DTPの勉強部屋 第21回勉強会(20日の部)
大阪DTPの勉強部屋 第21回勉強会(13日の部)




セッション1
web制作の流れからヒヤリング、企画提案、デザイン制作を学ぶ
スピーカー:上田 有紗子氏

セッション2
色の基礎知識と配色の考え方
スピーカー:島崎 肇則氏


ひさびさに大阪の勉強会です。


苦手でも大事なヒアリング。
ココロして当たったつもりでも、疑似体験するの知らなかったので(ちゃんと見とけよ)使えない営業っぷりを発揮。
うん。なんも聞けれてなかった。
退室したいほどパニックになってたのを乗り越えたけど、相手の方の勉強になってなくて申し訳ない気分。

その後の解説と実例を聞きながら「デザインとは見た目で使い方を迷わせない機能」ってメモしてた。
あたらしい表現方法を普段からいろいろ見てストックするのは、ここんとこサボってるの思い出して反省。



セッション2は配色と色彩計画の基本の話。

ユニバーサルカラーの話から色盲の話になって、だいたいRGBのどれかの認識が弱くなってるだけらしい、とか。
その代わりに見えてる色や明るさの判別能力長けてるらしい、とか。

普段使う色(見出しにコレ、こういう効果にソレとか)の解説に「こういうことだったのか」「まちがってなかった」とか、ひとり答え合わせ。

個人的には1時間くらいアドリブで講話してたのが、おもしろいっていうかすごいなーと思ってたのでした。


イキオイで来週のも申し込んじゃったので、来週も大阪行きます(なんの予告)。
| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大阪DTPの勉強部屋 第21回勉強会(13日の部)
DTPの勉強部屋 第39回勉強会


Session 1:InDesign、覚えておきたい機能あれこれ
スピーカー:YUJIさん
ミニセッション:
Session 2:対話するマークデザイン
スピーカー:小川明生さん



個人的にひさびさの名古屋勉強会です。


セッション1は、InDesignの便利機能のおさらい。
いつからの機能だろう…と、ネット検索しつつ(だいたいYUJIさんのInDesignの勉強部屋が出てくる)CS5以降ばかりかと思いきやCS2からあったようなやつ(フレームに均等に流し込むの設定)とかあって「あれっ」てなったりした。
はい、がんばります…。


ミニセッションは「InDesign自動化のすべて」で、効率的に組版作業するためのスクリプトやタグや検索置換のお話。
「スクリプトさんは手順の何割かをやってくれて、疲れないし休まないし愚痴も言わない」など、ユーモアを交えて聞きやすくしてた。
スクリプト…(使ったことない)。




第2セッションはお題にあるとおり「対話する」マークやデザイン、CIなどのお話。

ロゴやマークを企業のブランドとしてうまくつきあってもらうハナシとか、根底の土台の作り方とか(個人的解釈アリ)その実例と解説。
マークの中のモチーフに名前つけて、お客さん(クライアント)に愛着もってもらうなど、気に入られて受け入れてもらうための考え方などが聞けた。
基本といえば基本のハナシなんだけど、第一線で活躍してる方の基本のハナシは、やはりおもしろい。



愉快な友人が集まるので、休憩時間に香港の新聞見せてくれたりと、たのしい時間でありました。


| - | - | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第39回勉強会
東京DTPの勉強会 第20回

東京のDTPの勉強会きました! #しろくまグラム

しろくまさん(@q9x9p)が投稿した写真 -


at エッサム神田ホール
トーンカーブを「設計」しよう
〜なんとなく操作していた方のためのトーンカーブの基本〜
スピーカー:村上良日(鰯屋)



やも氏のPhotoshopのTipsがわかるためのトーンカーブ含む色調補正の理屈と、それに至るためのモニタと光源と基準のハナシ聞いてきました。


過去に何度かやも氏のツイートをヒントというかお手本に、画像加工と色調補正が以前よりこわくなくなってきてる(実は)。
とはいえ、話を聞きながら効果の出方を見ながらのセッションは文字と写真からの情報より「なるほど」が多かった。

まぁ、わたしの使用環境が古いのでできないことも多いけどね。


行ってよかったー。

すばやいまとめもスバラシイ。
http://togetter.com/li/940641

 
| comments(0) | trackbacks(0) | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 東京DTPの勉強会 第20回
DTPの勉強部屋 第36回勉強会

Session 1:文字組版をもうちょっと考える
スピーカー:ものかのさん

Session 2:クライアントから本当のニーズを引き出す4つの質問と、サービスとホスピタリティーの違いについて。
スピーカー:矢野まさつぐさん





他人に伝わって言葉になる文字という記号についてと、思いをどう伝えてどうなりたいかを聞き取るためのヒントを聞いてきた(ざっくり)。



あとプチセッションで配色のヒントとイラレファイターたちのスゴ技見たり。


でも毎回勉強会行って「ふぁーがんばろー」と思う自分自身のなさを自覚しつつ、やっぱり月曜からがんばろーと思うのでした。
| comments(0) | trackbacks(0) | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第36回勉強会
DTPの勉強部屋 第35回勉強会

Session 1:Creative Cloudで大きく変わるワークフロー
スピーカー:森裕司さん
プチセッション:まとめて解る!InDesign自動化の全て
川原さん
Session 2:フォーマットをつくる
スピーカー:鈴木一誌さん



毎度気持ちが改まったりする勉強会なのです。


予定あってプチセッションからの受講でしたが、デザインの哲学…設計図の作り方っつーか、必死で紙のメモを取るようなお話聞けました。



ひさびさにがっつり懇親会まで行ってきて

アタマ沸騰しそうな興奮状態。
| comments(0) | trackbacks(0) | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第35回勉強会
DTPの勉強部屋 第34回勉強会

(写真がおやつしか撮ってなかった…)


Session 1:10倍ラクするIllustrator仕事術(2014アップデート)
スピーカー:鷹野雅弘さん

Session 2:デザイナー目線で考えるイラストレーションの現在
スピーカー:濱口博文さん




すごい人たちから「自らの立ち位置と小ワザ小ネタの磨き方」を聞いてきました(そんな気分)。


わかりやすくて目を引く興味を持たせるのが流石のひとこと鷹野さんと、ぽつぽつと事例とぶっちゃけ話と裕司さんの合いの手が入りつつ独特の視線から語られる濱口さんが対照的過ぎて、それぞれにあっちゅー間に過ぎてった。



くわしい(?)状況は、まとめを見てもらうとして、あしたからがんばって働きます(毎度同じ感じの感想)。

| comments(0) | trackbacks(0) | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第34回勉強会
DTPの勉強部屋 第33回勉強会
iPhoneImage.png
Session 1:
明日からすぐに使える、タイポグラフィ技法
スピーカー:加納佑輔さん、的場仁利さん

Session 2:
コミュニケーションを機能させる ー擬人化のメソッドー
スピーカー:小杉幸一さん





名古屋の文字っ子代表、的場さんと加納さんのいつやらのセミナーに続くセッション、おふたりが現場で培った文字使いの正解例なので、個人的にはちょっと偏ってる(というより自分に当てはまらない)印象はあるのですが
「漢字はいいけどかなが不細工なら合成フォント作ればいいじゃなーい」
「かな書体変えるだけでもフォントのバリエーション増えるじゃなーい」
「とにかく好きな書体使いたおせばいいじゃなーい」
(すべて大意)
という、少ない素材でなんとかする、文字に対するこだわり方のヒントが得られ、確かに明日から使える!!



すごい会社ですごい仕事をなさってきた小杉さんは「ターゲットを具体的に」というのを「人格化」とすることで、みんな(クライアントや作業者などの関係者)にわかりやすいコンセプトを持たせて、デザインや広告展開の方向性を企画者(制作者)の意図から離れないところに着地させることができるってのと、最新技術もいいけど、アナクロな技法がそこにある説得力を持たせることってあるよねっていう、ふたつのことを知るセッションでした。



まとめがあったので詳しくはそちらをみてもらうとして、やはり時短につながるのはTipsも大事だけど「どうしてこうする」ってのをもう一歩踏み込んで考えとくってことだよなー…なんて基礎っぽいことを思うのでした。
| comments(0) | trackbacks(0) | きくもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - DTPの勉強部屋 第33回勉強会