しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

怒髪天 at CLUB UPSET

怒髪天 presents 中京イズバーニング 2019


怒髪天のロックコンサートに行ってきました。


マジでチケット発券したときは目の前マックラになったもんなー。
「わたしが行ってない何年かの間にUPSETはデカくなったのか…?」とか思ったようになっててほしかった。

移転してないのになってるハズもなく。


兄ィに「選ばれし者たち、俺が神なら伝説の剣あげてる」って言われた。

伝説の剣持ってても鋼のココロ持ってないと、入口から動けんくらいのライブはひさびさであった。
ココはフロアにふたつくらい段があるから、うっかり後ろからみっちり埋まる。
俺は水を得るために進んだけど。


ハコの状況はさておいて、兄ィが見えるようにステージにはお立ち台があった。
ありがたい。
シミさんも来たし。


王子「さっきもシミと話してたんだけど(前回のUPSETから経ってるので)1年早いねって」

きょうのセトリは結成35周年にかけてのオールタイムベスト的な、周年ツアーに向けて実験的なものらしい。

古くてしばらく聴いてない曲から、近年の曲だけどレコ発以来やってない曲から、そういえば一時定番だったのにひっさびさー!な曲から、いろいろであった。
客みっしりで、ほぼ直立固定なのによく動いた。


あしたのツーマンは行かないけど、あさっての得三は行くんだ。
兄ィだけ3daysなんだよね。


MC中の兄ィがひととおり喋ったあと「ちょっと休ませて」ってシミさんとか王子とか坂さんに話をさせるんだけど、ずっと相づち打っちゃって話広げてまとめてたので、見かねた王子に「休みたいって言っといて拾っちゃうから」と言われていた。
兄ィ「もう、ビョーキだよね!笑」

月曜日までおしゃべり貯金残ってますように!


いまはまだ言えない「これからいいこと」とか、スペシャルなオトナノススメ(まだ言えないすごいひと参加するらしい)とか、たのしみ残しといてくれた。

終演直後の曲で、途中経過の状態のそれがかかっていて「あれ、コータローくん?」「いま誰の声??」とか気になっちゃって、兄ィの別れ際のいい話がアタマに入ってこなかったけどね。


まぁ、生きてまた会いに行くぜー!


オマケ。


気分がよかったので新栄まで歩く途中だったけど、雨にもジャマされて、ほんわり反芻する帰り道です。
(クルマで来てたら明け方コースだったかもな)




| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 怒髪天 at CLUB UPSET
THE COLLECTORS × 2 at 名古屋CLUB QUATTRO

Nagoya Club Quattro 30th Anniversary
"New Direction 2019"


名古屋パルコが30周年なら名古屋クラブクアトロも30周年だわな。

30年前…コンサートというのに初めて行きだした頃なので、初めてクアトロに行ったのはそれから何年も後で、もしや94年のCANDYMANツアーのコレクターズさんかもしれん。
なんという縁。



先攻は2。
存在は知ってたけど初めて見た2。
こないだ「いちごの唄」観たとこなのでフロントマンの古舘祐太郎がカワイく見えてかなわんかった。

年の頃はザ・コレの50代のひとたちの半分くらい27とか8とか。
ボーカルが古舘でギターが加藤だそうです。
古舘祐太郎と古市コータローと名前も似てる。
…って言っててオバチャン目を細める。
コータローくんの決め台詞的ものにひとつ「マズいラーメンは許せるけど、ぬるいラーメンはダメだ」が古舘祐太郎のクチから聞けました。
若いのに伝承されてゆくんだね…。

音圧すごいバンドひさびさなので明日の体調が若干心配の中年なのでした。

たのしかったです。いやほんとに。



コレクターズさん、令和初ライブらしい。
去年がマンスリーばっかだったし、半年前はレコ発だったので、イベントらしいセットリストがひさびさでなんだか新鮮であった。

「月曜なのにこんなに集まってくれちゃってー」と割とごきげんよさそう。
名古屋に対して斜にかまえる感じがなくなってき続けててとてもうれしい。


そのままいつものような長い話をしようとしてたらコータローくんが腕をぐるぐるしてたので「巻きなんだ」「急ぐんだ」をいろいろを察知。


しばらく曲やったあと、きょうの移動は4人でE席だったらしい。
コータローくんのDさんは東京〜品川間に弁当を食べ終えてたらしい。
コーヂくんのDさんは(カトウくん曰く)キレイな女性だったのだけど化粧品の匂いが強かったそうで、コータローくんのシウマイ弁当にまで及んだそうだ。
それはつらい。

しかしおそらくだけどカトウくんは「電源<となりにコータローくん」なのだろう。
きょうもカワイイ。


ムダ話(ほめてる)もなく告知もスッキリとしてました。
祝辞もなくスッキリ終わっていきました(おーい)。


こういうイベントらしいセトリで観ると「いまのコレクターズ的な推しはこれなんだ(にやにや)」って感じでたのしいです。
コレクターズのステージがひさびさなので、へんなジャケット(ものすごくほめてる)のカトウくん観るのもひさびさである。
シアワセ。



演者さんたちはサクサク帰りたかったのか、アンコールとかナシでフツウに2バンドのライブだけを観て終わりました。
ちぇー。


まぁいいや。
ツアー直前のいいリハビリになったんじゃないのかな。

10月にまたココで待っとるよ!



セトリ

Million Crossroads Rock
TOUGH
ひとりぼっちのアイラブユー
たよれる男
ロボット工場
僕は恐竜
希望の舟
NICK! NICK! NICK!
ノビシロマックス
限界ライン



| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - THE COLLECTORS × 2 at 名古屋CLUB QUATTRO
「THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜」インストアイベント at タワーレコード名古屋パルコ店

ドキュメンタリー映画のソフトが出たので、そのキャンペーンです。

来月に出る渋谷クアトロマンスリービデオ(DVDとBlu-rayです)と、再来週の月曜のクアトロライブと、ツアーで10月にクアトロに来るという告知の方が多かったような。



タワレコにクアトロと、名古屋ではパルコの東館によく来てるという流れにして
カ「もう来すぎちゃって家みたいだよね」
コ「そーお?(強め)」



つれないツッコミいただきました!(満足)


まぁ、映画の話もモチロンしてて、去年10月の最速試写会からいままで全国を細く長く上映されていてとてもうれしそうだった(カトウくんが)。



ただセンチュリーシネマの上映期間について、まちがったこと言ってたから、握手してもらうときに「新作2週間が人気でのびたんですよ!」と伝えてきた。

それ言わなきゃしか考えてなかったので、コータローくんには何を言えたのか覚えてない(言うこと思いつかなかったから何も…きょうはありがとうくらいしか言ってなかったかも)。



名古屋キャンペーンがひさびさにデカいふたりだったのでうれしいからまぁいいや。

29日もはりきってきます(勝手に)。


| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜」インストアイベント at タワーレコード名古屋パルコ店
アブラーズ at スペードボックス

アブラサミット2019
Roots Of Groove


やっとフツウのアブラーズライブです。
第1部マジメにカッコイイとこ、インターバル?でサポート陣のDJとユーちゃんとナオちゃんが物販の売り子とトール氏がフロアでふれあいタイム、第2部はアルコール入ってちょっとユカイになったアブラーズ (かなりおかしな寸劇あり)。

いやー去年のサミット(なんばハッチの方)はスペシャル過ぎたので、トール氏の「ユルくずっと続けていく」がココロ強い。


そういえばスペードボックスというハコを知らなくて検索したら「スペードボックス/ハートランド」って出てくるから伏見だと思い込んでいて出掛け間際にハートランドがフレックスビルに移転してたのを知った。
(マッドキャップで居合わせた知人たちに「いつの話しとるのー」と言われるの巻)
あぶなかった。
伏見のヒルトンの辺からフレックスビルってちょっとくらくらするわ。





第1部と第2部の間にフロアをウロウロするトール氏がファンから腕たたかれたりなど、おさわりされる度に「オレはゆるキャラじゃねーぞー」「オカザえもんじゃねーぞー」と何度も言っていた。
それがまさかフリだったとは。





フロアの床も揺れるヨロコビよう。
(まぁ床フワフワしてるのではあるが)
きょうだけ特別のオカザえもんの唄やってて当然みんな知らないのに、よく手上がる(上げてた)。

追加。



ちゃんとリーダーのサニー徳永の本名のタグ付いてて泣いてしまうのでした(チョロい)。






| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アブラーズ at スペードボックス
SOLEIL at RAD HALL

"LOLLIPOP SIXTEEN" TOUR


SOLEILのワンマンツアー。
レコ発だけど発売前。


13歳?14歳?からネオGSというかネオMODSおじさんたちとバンドやってるそれいゆちゃんは来月(だっけな)16歳。

ライブは近所のオバハンフィーリングで見てしまうのだが、この1年の活動や進学や身体的な成長で顔がしっかりしてきた(「おっきなってぇ」とエアで腕をばしばしたたくポイント)し、声もよく聞こえるようになっていたり、ドラムも上手くなっていたりして、とても堂々として見えた。
そしてお衣装含め、きょうもカワイイ。


ハコの音響なのか、わたしがいた場所のせいなのか、ベースの音がよく聞こえてて、サリー久保田さんも堪能できた。

先月のMODS MAYDAYとちがって曲数も曲調もいろいろで、平川さんは中森さんとはちがうギタープレイヤーだなとしみじみしたり。


きょうのMC中、個人的にいちばんウケたのは、サリーさんの「次にやるのは(新譜から)沖井くんが作った曲なんですけど、きのうのアンケートに『シンバルズみたい』って書かれてました」というのでした。

ふと冷静に思えば、沖井さんや高浪さんやマーシーの作った曲をサリー久保田がベース弾くっていうのもなんとなくニヤニヤくるな。

そんで沖井さんの曲はカッコよかった。

新譜からの曲は4〜5曲だったかな。
スゴイたのしみになりました。
あーたのしかったー!

レコ発後のツアーもやってほしいー!



| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - SOLEIL at RAD HALL
THE YELLOW MONKEY at 大阪城ホール
この投稿をInstagramで見る

#イマソラ

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



THE YELLOW MONKEY
SUPER JAPAN TOUR 2019
GRATEFUL SPOONFUL



19年ぶりの新譜9999を引っさげて、ダイア、ハート、スペース、クラブの4メニューで展開するツアーです。


日本ガイシホールが改修中のせいか名古屋公演がなかった(と思いたい)ので、この日のみの参加。
大阪城ホールは7日にダイア、8日にハートのメニューでした。

ロビンも「慣れがいちばんあぶないですからね。年齢を重ねて記憶もあやしい…こう刺激を与えないとね」なんて言ってたくらいなので、セトリどころか構成がけっこうちがうっぽい。
(さっき前日のセトリ調べたらイチバン好きな曲やってたので卒倒しそうになった)


それはさておき。

ニューアルバムを出す、再集結して4年めの活動(去年のワンマンはメカラウロコだけだったけど)というのもあり、ベスト盤感のないセットリストでした。

みんなが聴きたいであろう古い曲ではなくて、新譜を中心に構成され旧譜から選んだ印象。
現役感がこっちもカラダでわかるので、とてもうれしい。

城ホールで2日めなのにロビンのマイクトラブルで4曲くらい終わったとき交換し(ここまではいいとして)、交換したそのマイクからも音が出ず、無音のまま曲が進行するという、ちょっとうれしからぬハプニングもあったけど、おっさんたちカワイイのでまぁいいや。


今回はSUPER指定席取れた。


花道の終わりから5列めくらい、10席は内側という正直なところビミョー、と思った場所だったのですが、アニー以外のメンバーの顔をしっかり確認できる!!!というくらいではあったので、ものすごい黄色い声でた。


去年の921の国際フォーラム(イエローモンキーやないし)でも確認したけど、まだ黄色い声いける(安定)くらいの声量いけました。

アリーナツアーならではの照明効果のうつくしさもよかった。


「ミックにキースが(あとほかの例え忘れた←おい)いるように、吉井和哉には菊池英昭がいます」
というエマちゃんの紹介の仕方がなんだかすごくうれしかったなぁ。
ヒーセは「ウチにはジーン・シモンズがいます」みたいな感じだった。
アニーは「おととい52歳になりました」だったね!
SUCK OF LIFEのエンディングのタイミングを任されてるのに気づいて「俺?」ってなってるのをカメラに抜かれててモニタに大映しになってる52歳めっちゃカワイイ。


「漠然と82歳までは現役でいたいと思ったので。その頃ヒーセは…(会場から笑い)息子さんがベース弾いてると思うんで。いま練習させてます!ヴァンヘイレンみたいだな!」
「俺たちたのしそうでしょ?やっててたのしいもん。みなさんもたのしいでしょ?」
「俺の言うこと伝わってる?」

この「伝わってる?」は序盤でも出て反応がよかったので、終盤にも出てきて、やはり反応がよかった。
なので終盤の「伝わってる?」には「便利だな、これ」と続けて言って笑っていた。

いやーたのしかった。
城ホールもいいとこね。


帰りのクルマの中で、やっと大阪城確認したくらい大阪城が見えてなかったけど。

もちろん


枡は忘れずに持ってった。


オマケ。






| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - THE YELLOW MONKEY at 大阪城ホール
5(ファイブ) at 音楽・喫茶GOODY

岐阜のおしゃれカフェopusがGOODYになってから初めて来ました。



前日のMODS MAYDAYでコハ・ラ・スマートさんにロックオンされるというラッキーガールです。


きょうはそのGOODYに


というイベントに行ってきました。


小西さんの選曲とつなぎすごかったっす(雑な感想)。


「目の前で小西康陽からサインをもらう」という欲に勝てませんでした。
ついでにしろくまさんとツーショットも撮らせてもらった(わーい)。



このイベントの名物らしい。
フロアがぎらぎらしてました。



手放すのにもらうものもあるらしい。



「へぇーじゃひとついただこうかしら」と思ってしまうくらいの矢継ぎ早の売り文句。
(思うだけで買わない)


その中には、こんなファンなら「おお」と思うエピソードも混ぜられる。


公開試聴で、かけようとしたレコードに傷があり音飛びしてたら


opus店主がその場でツマヨウジでなんとか聞けるようにするライブ感。




こんなライブ感も。
けっこう興奮したわ。

小西さんの以外の選者もopusでお馴染みの方々なので最後までたのしかった。
早めに帰ろうと思ってたのに。



きょうはイベント用の配置にはなってたけど、レコード棚ないし明るいっぽいしで感じよさげ。
こんど平常時に行ってみよう。



| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 5(ファイブ) at 音楽・喫茶GOODY
MODS MAYDAY NAGOYA 2019

きのうは夕方から夜まで、MODS MAYDAY行ってきました。
初めて来た。
ドレスコードきびしそうで、びびりながからvio行ったわ。




ちょうど(SNSで相互フォローする程度には)顔見知りの方が選曲してた。
わー気づけばそれも初めてかも。
好きな感じの曲ばかりで、へんなキンチョーもとけてなごむ。
生姜のエールは甘いけど、まぁいいや。

松石ゲルとサイケV(ファイブ)withレモンのライブが始まる。

サイケVというバンド名からしてモッズバンドではなさそうだが、カッコイイから気にならない。

ゲストボーカルはレモン。
しばらくソレイユの専属司会者だの、武内高等学校の保健室の先生だの、すなっくレモンのママだので変化球ばかり見てきたので、ひさびさにソウルシンガーのレモン嬢が見れてシビれてた。
このひと、うたってるときやっぱカッコイイわー。

「MODS MAYDAY行ってきた」と言ったら複数人に「若いひとおった?」と聞かれたけど、琵琶湖温泉ホテル紅葉に反応が薄いひと割といたから若いひと少なくなかったんやろな。


そしてSOLEIL。


すっかり親戚のオバハン気分で観てしまう(大きなったねぇ、的な)。
ギターの中森さんがいなくなって、サポートのドラムも白根さんじゃなくて、いろいろあたらしいバンドになっていた。
新曲も何曲かやってたので、新譜も来月のワンマンもたのしみだ。



実はこの日のアクトでイチバンのたのしみだったのはバーレスクエンジン。
なかなか名古屋で見れないので、やっと見れた…!(かみしめる)
正しいコハ・ラ・スマートさんのお姿が…!!


アンプのトラブルでハープ用のマイクが使えなくなってたけど「愛機がなくとも俺は狙った獲物逃しゃしないぜ」とばかりにめちゃくちゃカッコよかった。
(脳内モノローグ)

はーよかった。
ナイスブッキング。
こんどから怖がらず行こう。



この日のそゆちゃんのお衣装もよかったー。



| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - MODS MAYDAY NAGOYA 2019
ドミンゴス at Pt.9

ドミンゴスが名古屋に来るとき、わたしは東京にいる(しかもだいたいザ・コレで)というのをくり返し、もうドミンゴス観れないんじゃないかと思ったけどやっと観れた。

しかもワンマン。
前にクアトロワンマン行ったときは岐阜勤務だったから半分くらいみれてなかったんだよなー…なんてしみじみ。


しかしこの会場(プチナイン、と読むらしい)大人の隠れ家過ぎて何度も瓦町の交差点辺りをウロウロしたぞ。
中身(広さ)はロックンロールのフロア部分だけくらいの印象。

まぁ、開演に間に合ったので良し。


半分は新曲(21世紀以降発表)だろうなと思ってたけど、問題なくたのしかった。
フツウに古い曲もやってたので、好きな聴きたい曲がけっこう聴けてうれしかった。

サナギのイントロでは思わず声が出たわ(シアワセ)。


ゴム手袋芸20年ぶりくらい。

VITAMIN体操やったりとかね。
あの娘はビタミンCという曲なんだけどね、曲中ずっと飴玉が飛んでくんだよ。
あぁそうだったそうだった(わすれてた)。
リグレイチューインガムの倍くらいの時間ずっと狙われてるんすよ(コレ基準)。




すごいたのしかったし、終演後に物販でサインするというので「いちばん新しい音源ください」ってコレ買ってきた。
わー。きょう聴いた曲ばっかだー。
カッコイイー。
かわんねー。
やっぱ好きだー。




| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ドミンゴス at Pt.9
私の思い出 × フジタユウスケ at 得三

おこしやす!今池キャンプ



ライブをキャンプという私の思い出のライブ…いやキャンプに行ってきました。

同じく京都のフジタユウスケ氏(ギター&ボーカル)とツーマン。
ベースは木下裕晴でドラムはモックン。

真ん中ら辺に座ってたのでモックンがよく見えてプレクトラム見たい…と雑念がわいてきた。
なんだかひさびさに男前でいい曲うたうギタリストを見た気分だわ(どんな感想)。
途中からだったのでフルでみたかったな。


そしてメンバー変わってから初めて見る私の思い出。

あたらしいひとは正式メンバー?サポート?サックスがキーボードになったので、また音がおもしろくなっていた。
笑えるという意味じゃなくて。

あたらしい魚で虫でおにぎりのひとよかった。


また行くたのしみできた。



アンコールっぽいコーナーでフジタユウスケ氏が再登場。
嵐電のうたをうたっていた。
ラップやったけど。

「木下さんがめっちゃ推してる曲」って飯盒のうたやってた。


とてもたのしかったので、やっとCD買う決心ついた。
お米炊くうたが聴きたいのだが、とりあえず最新アルバム買っといた。
次回お米炊くやつ買おう。




| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 私の思い出 × フジタユウスケ at 得三