しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

奥田民生 at 名古屋特殊陶業市民会館フォレストホール
(曲名でますー)

ひさびさのOTたのしかったー! #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


奥田民生「MTRY TOUR 2018」

ひさびさの奥田民生です。

去年出たサボテンミュージアム(MCでは「サボテン…」「サボテンナンチャラ」など作者自ら雑な扱い…)からの曲が多めでしたが、29からとか古い曲も多くて偏ったオールタイムベストというセットリストでした。
偏ってたらベストではないような気がするけど。

ツアーのタイトルチューンMTRYのシンブルなバンド編成。
(ツアーT見て初めてMTRYがMinato, Tamio, Rei, Yutaの頭文字だと気づいたほどのうっかり者です)

2曲めがイージュー ライダーで開始10分にしてアンコール感というフシギムードのライブでした。
たのしかった。


帰り道にふとツレが「懐メロ多かったでこのメンバー武道館(ツアーファイナル)でおしまいなのかな…」と言っていた。
なんとせつない。


アンコールで愛する人よをやってて、人ばっか(前のバンド編成で最後のツアーでやってたOT曲のツギハギメドレー)を思い出したりして。


でもまぁいいや。
きょうたのしかった(2回め)。



3DOTと記念撮影してきました。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


思い出も作ってきました。
3Dスキャンで3DプリントなOTもいたんですよ。
ある意味でこれがいちばんたのしみでした(おい)。


| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 奥田民生 at 名古屋特殊陶業市民会館フォレストホール
武内高等学校 名古屋校 入学式 at ロックス栄

【教員一覧】
理事長/武内享
校長/佐久間豊(DJ Cobra)
音楽教師/飯野竜彦(ex FLYIING KIDS)
体育教師/本木茂(GERU-C閣下)
保健教師/レ・モン (レモン)
用務員/素磨英男(コハ・ラ・スマート)
家庭科教師/田中和(勝手にしやがれ)

先生方のおおよそのまとめもつくりました。
https://togetter.com/li/1236317



大阪校入学から約5年。
やっと名古屋校に入学です。
願書出し忘れてて二次で入学キメましたが。


えーっと。
トール氏のイベントで、演者が教師、客が生徒というコンセプトなんです。

チェッカーズのコンサート行ったことあるひとなら想像つくかもだけど、中途半端なコスプレだと、やった自らを呪いたくなるくらい本気です。

なので自分用を誂えるのもメンドウだしクマ用がんばりました。
何せ小さいので。



会場へ入るとき「ご入学、おめでとうございます」と言われるの知っててもびびりつつ

ツイートした直後、素磨さんはスーツじゃなくてジャケットとパンツ(アンダーウェアじゃなくて)は別だったわってなり

国歌斉唱で始まるイベントって2回め(前は大阪校入学式)だったりします。

校長挨拶のあと、理事長が「みなさんにお祝いの歌を」と言い出し、ザワつく先生方。
理事長「飯野先生、おねがいします」
先生方「え、先生てつだうの?」

オトナのチカラ関係を垣間見たり(しかも曲は「傘がない」)

うただけでなくヒートアップしていく理事長のコーナーに素磨さんがボソっと言ってたり

しげる先生はキャラ決まってないから語り口が毎回おかしかったり

自らに問いかけてみたりし

レ先生の注意が発せられたり

つーか、理事長が入りを1時間まちがえたり購買部のおつり忘れてきたり始まる前からいろんな状態やないの?と思ったり

「学校開設に厳しい昨今」と時事ネタをはさむ大御所からの祝電が披露されたりしつつ式典が終わりました。



そういえば名古屋校開校まで時間かかったのは校長曰く「理事長の夜遊びが過ぎて赤字経営」だかららしい。

校歌聞くのもひさびさだったけど意外と覚えてたなぁ…(しみじみ)。



校訓? #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


放送室の校長先生の選曲で生徒たちもひとときの休み時間。


1時間めはレ・モン先生の保健体育の授業。
前に聞いた授業と大筋で同じ。

先生も生徒もだいたい同じ年恰好の、若くもなければ、とりたててうつくしくもなく、スタイルいいわけでもない。

だからといって卑屈になる必要ももちろんない。

レ先生はご亭主のいる前で男子がひるむ身も蓋もない話をしてくれてます。

パッと見た目なんとかする術を実演。

慣れてても理事長焦る。

ちゃんとブラをすれば「だらしなく太ったひと」から「ぽっちゃりしてるので胸が大きいひと」に見えるって気づかないひとけっこういるんだよな。
(逆に細いひとでもちゃんとブラ選んだらカップ上がるってことも割とある…)

ロックスターとつきあおうなんておこがましいこと考えないけど、うまく1回くらいやらせてもらうために(意訳)

「先生は特殊な職業なので」古くて濃いメイクする必要があるから、よりよくわかる…。

さらっとカワイイこと言ってくれます。

昼間、姪御さんのイベント行ったので、そこにいた親類縁者のカオを思い出していたワタクシ。

きょうも身にしみる授業でした。


まぁ、ひとによっては「聞くに堪えない」かもねー。
それも含めておもしろかったー!


2時間め、家庭科。

カズ先生は緊張からか「カタい」「カタい」と言われていた前半。

幼少の頃に食が細かったカズ先生の命をつないできた食べ物を紹介してくれました。

思わぬ組み合わせにどよめく校内。

調理実習(というか実演販売?)で理事長試食。

ウマいらしい。

校長曰く「脳みそで考えてる味とちがう」らしい。

飯野先生もレ先生もおいしいと言ってた。

唇を読んだだけだけど、素磨さんはたぶんそう言ってた。

しげる先生はビビリなのか、食べなかった。

レ先生「コショウふるともっといいかも」って。
今度やってみよう。


見た目は実年齢がわからないほどのおじいちゃん感だけど。


はじめ気を使ってフツウに撮ったら「そんでいいの?俺自撮りの天才だぜ?」ってワタクシのでんわさんを…!



カズ先生のとき、放送室の調子が悪くてチャイムが鳴らなかったけど、なんとか回復したらしい。

飯野先生は、よくかかってる音楽に合わせて弾いてるらしい。

涙のTake a Chanceのイントロが流れ、レ先生が「ほんもの!風見慎吾(当時の表記)の後ろで踊ってたのよ!」って

しかしスグにココロ折れていた。

踊れなくてヘコんでるのがおもしろかった。

「自分がいるの見るのイヤなんだけどなー」って言いつつ。


しげる先生、むかしアイドルデビューしてたらしく

シングル曲かけてくれた。

しかし踊れなかった。

ささきいさおばりの歌声を飯野先生のキーボードとカズ先生のトランペットにのせて聴かせてくれました。



4時間め。
理事長「飯野先生のためにホワイトボード借りたんだよ」

ちゃんと授業をしていました。

大阪校で授業受けててよかったー(やっとアタマに入ってきた)。

説明ひととおりしたあとに実演。
素磨さんは用務員なので授業しないけど、先生方の授業のお手伝いなさるのです。
ハープ吹いてた(ちょうかっこいい)。

それくらい説明多かった。


理事長がさらに授業の補佐に入ってたんだけど

素磨さんとなかよしぶりも見せてくれた。


リズムの解説を聞き、生徒たちを半分に分けてポリリズムを実習。

思ったよりちゃんとしてたらしい。
生徒たちが作るリズムに先生方のメロディがのる。
(聴いてたら手が止まっちゃうけど)

理屈わからなくても音楽はよいが、わかって聴くとまたたのしい。



授業がおわり、先生方がステージへ。

セッションでレ・モン先生が、ユーミンのルージュの伝言をうたう。
「さいきんコーラスばっかだったから主メロたのしい!」
ほかの先生方も「ちゃんと終われた!」「ちゃんとうたえた!」って。


次は校長がソウルナンバーを。

レ先生「歌詞ガン見なのも愛おしいよね」
ずっと歌詞見てうたってました。


校長は副業で飲食店をやってるらしい。
「こちらも赤字経営ですので」って。お客さん募集してました。

とりあえずメモしておく。


そろそろ放課後の校庭もしめるので、先生の挨拶が続く。

安定の小競り合い!

オトナが本気で遊ばないと!て。
喰うために働き生きるために歌え!的な。


「くれぐれもマッスグ帰らずその格好のまま飲みに行くように」


素磨さんと理事長はなかよし(2回め)。


外に出たら目の前テレビ塔だった。


生徒手帳、名前も書かず置いたったのに自分でもおどろいた。



ほんとは共布包みボタンのダブルのジャケットだし、パッチポケットも左右に付いてるんだけど、これが限界だった。
クツは外せないので、ちょうどいいマステあってよかった。


行ったとこのすべてにスミレさんがいたよ(そらーそうだけど)。



理事長の写真がよかったので

思い出に載せとく。


サクッとまとめも完璧なので載せとく。


また登校できますようにー!


| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 武内高等学校 名古屋校 入学式 at ロックス栄
SOLEIL「My Name is SOLEIL」インストアイベント at タワーレコード名古屋パルコ店


正午スタートのイベント行ってきました。


昨日とちがって、マイク以外のケーブルささってません。


遅刻したのでタンバリンの音がする??となってサリーさんが鳴らしてるの見て気づいたくらいでしたが。

中森さんは割とキッチリ当てぶりしてました。
恋するギターのときに使うダンボールのギターをちょっと持って「ダブルネック?」と言ってみたりしてた。

きょうは司会のレモンちゃんがいないので、中森さんが進行役となっていた。
(レモンちゃんは夕方から保健の先生にならねばならぬのでな)


14歳のそれいゆさんは自由な14歳らしいMCをなさるので、マゴの発表会見てる気分で目を細めてしまう。

マゴどころか子もおらんけど。


わたしのいたところが父兄席だったみたいで「レモンがおったらテキパキやるのに」という声が聞こえて、それもほほえましい。


サイン会はそゆちゃんひとりでした。

昨日もきょうも客層がそゆちゃん好きな感じと、サリーさんと中森さんの音楽好きな感じが混ざってて、おもしろい空間やった。
そのうちにそれともちがうひとたちにも人気出るといいな。
まぁ、SOLEILのみどころ聴きどころは、そゆちゃんのかわいさよりも「ネオGSおじさんたちたのしそう(かわいい)」と思ってるけど。



つーか今度はバンド編成で名古屋来てくれますように。
(いろいろなSOLEIL観たい)




| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - SOLEIL「My Name is SOLEIL」インストアイベント at タワーレコード名古屋パルコ店
SOLEIL at Live & Lounge Vio

大須のおしゃれショップ、fab chicの5周年パーティへ、ソレイユの初名古屋ライブでもあったので行ってきました。


ドレスコードきびしそう(イメージ)でMODS MAYDAYも行ったことなかった上に服屋さんのパーティだから舞踏会に着ていくドレスに悩んだけど(5周くらいまわってフツウな格好)たのしかった。


MODSじゃなくても割と所属のはっきりしてる装いのひとが多いので、ノンジャンルというか中途半端ですんません…。

かわいい服着てるひとたち眺めてるのもよかったけど。





きょうの編成は、司会:レモンさん、ギター:中森さん、ベース:サリーさん、ボーカルほか:それいゆさん、でした。
半年前に見たときのバンド編成だったのとちがい、オケに合わせて3人が演奏。

それ故の音のバランスでもあるんだけど、ベースとギターがよく聴こえてよかった。
サリーさんのベース好きだな。
CDだとボーカル聴いちゃうから気づかなかったよ。

中森さんのギターも堪能(うっとり)。


そゆちゃんのお衣装はfab chicのものらしい。
とてもよく似合っていた(かわいい)。

何曲やったかな…あっという間だった。


SOLEILについて投稿するときは #ソレイユぽ を忘れずに(忘れてる)。


グッズ売り場にSALLY SOUL STEWのCDと手ぬぐいあったので手に入れた(ほくほく)。

さいごまでいたかったけど、翌日の予定を考えて帰ることにした(くやしい)。


チケットの半券がクーポンとして使えるらしいので、近々行くとしよう(行きたい)。



| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - SOLEIL at Live & Lounge Vio
THE COLLECTORS at 渋谷 CLUB QUATTRO

THE COLLECTORS
CLUB QUATTRO MONTHLY LIVE
“LAZY SUNDAY AFTERNOON”

ことし初コレクターズです。
5月にして、やっと。


武道館まではレア曲なしのベスト盤みたいなツアーで、武道館後は発売半年後のレコ発ツアーだったから、2年ぶり?ひさびさのクアトロマンスリーではレア曲満載。
毎月セットリスト公開される度、行けない悔しさでへんな声を上げてしまうほどでした。


さて、5月。

出囃子にThe Rover〜Any Dream Will Doで、もうけっこう「おおう」ってなってたんだけど、3曲めくらいでスタンドにマイク置いてコータローくんと目を見合わせてるの見たら、自分でもびびるくらいの声を上げていた。
だって…「ハニー!」のシャウト聞きたかったんだもん…。


きょうのMCは先日11日に4人で上野動物園へシャンシャンを見に行った話でした(おおむね)。

「動物園行ったからじゃないけど、きょう動物の曲が多くて…」って99匹目のサルやってました。
で、コータローくんはエレファントにライドしてたね。


近年ご無沙汰だったPUNK OF HEARTSがとてもうれしくて、後半の体力あそこで終わっちゃった…。
よみがえる20代の感覚と、その後が続かない40代のカラダ。
さめざめ。


カップリングの君がいなきゃも聴けたよ。
こういうカトウくんも好きなオトナになってきたよ(当時はあまり響かなかった)。


きょうのセトリの中で、たぶんイチバンのレア曲はフライング・チャーチではなかろうか。

アルバムfreeの頃は加藤ひさしが好きで好きでしょうがなくて。
バイト先のレコード売り場で取り寄せられる旧譜を勝手に取り置きして「(いっぺんに買えるおかねないけど)絶対買うんで置いといてください」って社員の人を困惑させたくらいコレクターズを追ってたなぁ。

などなど記憶もよみがえる。


不意打ち過ぎて「グッとくる」どころか目に涙たまってたよ。
フライング・チャーチで泣くっていうのに笑ってまうわ。
なんとかこぼれずに済んだけど。


もうこれで不意打ちおわりかと思ったらコレクターのあとにSha-La-La-La-Leeっていう。
そんでそれ終わったら「もう1曲聴きたい?」ってヒートウェーヴ。


めずらしい選曲だから歌詞ガン見なのにキメどころしくじるとか、声そのほか調子いい割にツッコミどころ残してくれるとこもよかった(よかったのか)。


なんだかイロイロ気持ちを確認したというか。

時期的にココロ改まるタイミングで、こういう選曲のコレライブでよかったなぁ。


次回は7月。
とてもたのしみ。
またしばらく生きていける。


フォトスポットがんばりました(黒子が) #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


記念なので撮影してもらってきた。



| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - THE COLLECTORS at 渋谷 CLUB QUATTRO
怒髪天 at 名古屋CLUB QUATTRO

怒髪天2018年
暖機運転TOUR 2018
“4人は、未だアイドリング中”



名古屋は半年ぶりだけど、その日のチケットもぎられることなく寝込んでたので、個人的に味園ユニバースから10カ月ぶり?の怒髪天ワンマンでした。


レコ発じゃないから中途半端に古い曲とか聴けて卒倒するかと思った場面が何度か。

磔磔の4日間70曲カブりナシのライブやったせいもあるのだろうな。

いやー泣かされるわ。
涙出とらんけど。
胸がつまるわ。


クアトロの楽屋がふたつに別れてて、兄ィはひとりぼっちで控えてたらしい。
王子曰く「おしゃべり貯金たまってるから」よく喋ってたのはいつもどおりだけど、かなりご陽気者でした。
チョイ住みのナゾもとけた。


レコーディング中で新曲3曲やってくれたり。
歌謡曲っぽいいい曲と、アタマおかしい(ほめてる)曲と、メッセージつまった曲。
うっとり。

半年ほど前から曲づくりは始まってて、曲先、詞先と半々でと兄ィが5つの詞を渡したけど、王子からやってきたのは、知らない10曲だったとか。
シミさんも「10曲って聞いてたのに見たら13曲って書いてあるし」って。


兄ィ「俺の渡した詞はどこいったの」
王子「大切に取ってあるよ」

王子が笑顔でいろいろ言ってたけど、伝わらなくてカワイイ。



坂さんは先日タワレコインストアで来てた(DVD買ってないので日にちも忘れてた)ので、その話題でしばらくマイク持って立ち上がってたりした。
なんて言ってるかはよく聞き取れなかった。



最前線乗り込まず、みんなのジャマにならないとこでいたんだけど、みんなのジャマにならないからよく動いてアタマ痛くなってきた(水を飲め)。
あした大丈夫かしゃん…。



一応、倒れないためにカロリーは摂取してきたよ。
ちなみに垂井のパン屋さんとはグルマンのことね。


兄ィがきょう「たのしいね」「ライブはたのしいね」っていっぱい言ってた。

たのしかった。
好きな曲いっぱい聴けたし。

ぼんやり身の上について思い悩んでるときにタイミングよく聴ける曲とか。


はー。
シミさんの笑顔いっぱい見たのひさびさだ。
たまにはいいなあの辺も。


やっぱ新曲たのしいのがイチバンうれしいかったな。


兄ィ曰く「ここにいるみんなは『いい曲だ』っつってくれるけどね?ここにいないやつらがね?」って感じの曲ではあったけど。
いや、怒髪天じゃなきゃできない、いい曲たちなんだけどね。



| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 怒髪天 at 名古屋CLUB QUATTRO
アブラーズ at Bottom Line

アブラーズのミニサミットのツアーです。


バンドでやるのをサミットととするのに対して、3人だけのをミニサミットと呼ばれています。
通称ミニサミ(というよりそうとしか呼ばれてない…)。


〜カルクウラミゴト〜
いつもはもっと狭いハコで全員着席のミニサミツアーなんて抽選当たったことなくて平日開催の東京のミニサミ定例会になんとか一度だけ行ったことあるだけなんだよねー。
今回も告知と受付の時点ではとても狭いハコだったのを応募多数でやっとまぁまぁなキャパのライブハウス借りてくれたのでやっと参加できたっていう…。
〜ウラミゴトココマデ〜


おおよその構成は、3人がロッキーのテーマで入場

テキーライッキでスタート
(ちょうどグラス置いたとこで曲終わるミラクル起こってた)

50半ばのおっさんたちが飲んでる姿や、その会話を眺めている

ときどきギターを持って演奏うたう

時間の経過とともに酔いがすすむので、会話や演奏もグダグダしてくるのをたのしむ

それぞれが作曲したチェッカーズの曲をうたう

終わりっぽい曲で一旦終了

フロアを片づけて物販とDJのふれあいタイム

おしまい


トール氏→アンバサダー武内
ユーちゃん→アルマジロ大土井
ナオちゃん→リットル藤井
です。

アルコール入りの状態でスタートしてる上に飲みながら進行してくので、客からおかね取ってるイベントだと忘れられる。
途中、子どもとお風呂の話をしていて(男子ばかりの親、女子と男子の親、女子の親…年齢も成人してるのから今度小学生まで)アンバサダー氏が「ごめん、オマエらのこと忘れてた」と客がいるとこすら忘れられてしまう。
それが成り立つイベントなのだ。
メンバーなかよし(たまに演奏)っていうのを有料で見せてもらえると思えば…でもたまにちゃんとしてなさ過ぎてメールがやってくるらしい…。



卒業シーズンなので、きのう三男氏の卒園式に行ったアンバサダー氏が泣きそうなのを超えるおもしろ体験(または嫌がらせ←アルマジロ氏曰く)をしてくれたりした。

そんな話題のあと荒井由実の卒業写真のカバーを聴かされると「サビの歌詞がまんまアナタたちなんすけど」って思えてくる。
ちなみにそのあとに久留米の先輩・蒲池法子の制服をリットル氏がうたってて「ユーミン続いとる」としみじみしていた。


アナタたちはわたしの青春そのものだわ、ほんと。


セルフカバーのコーナーは大好きな曲たちが聴けてシアワセだった。
声も出んっつーか息飲んだ。


途中、リットル氏がマイク持ってフロアに降りてきて客に何かしに行くコーナーあった。
お題を与えてたのに、酔ってるから聞くことがどんどん変わってくので、ナオちゃんが至近距離なのにノリについていくという難題が客側に与えられる。

近くのひとが捕まってた(捕まえた?)ので、「そこに!ナオちゃん!!」ってなってこっちまでどきどきしたわ。



いつもあまり打ち上げというふれあいタイムまで残らないんだけど、きょうはなんとなく残っていた。
いつも残らない理由は、ファン同士で友だち作らないし、積極的に話しかけたい方でもないし、眺めてるDJイベント苦手だしっていう。

でもせっかく残っていたので、持ってないDVDをリットル氏から買ってきた。
おつり受け取って握手してもらった。
ちょっと話しかけたので、耳元で答えてもらいながら、わたしの右手を両手で包まれていて、それだけでしばらく生きていける…。


そんなにいろいろ買えないので、アルマジロ氏とはふれあえずかぁ…と思っていたら、帰らない客を帰らせるために、お見送りハイタッチをやってくれた。
アルマジロ→リットルの順で。


なので無事にアルマジロに触れることもできた。

たのしかった…シアワセや…。



そして気がつけば、いちばんフレンドリーに接してくれるアンバサダー氏には話しかけることもできてないので、ふれあえずでした。

でもまぁ、トール氏とは少ないなりに思い出あるし(しろくまさんとのツーショットとか)


なんにせよ今年はデビュー35周年で、ちゃんとしたライブとかアルバムも?とかいう話を聞いたので、おかねためとかなきゃー!
(うれしい悲鳴)




おまけ

今池なので得三で水分とカロリーを補給。
写真にないキムチャーは、きょうもおいしかった。




| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アブラーズ at Bottom Line
音市音座2018 at 日本ガイシホール

ホスト:スターダスト☆レビュー
ゲスト:KAN / キヨサク(MOMGOL800) / 藤井フミヤ / 吉田山田


主催の東海テレビが60周年(披露されなかったけど記念ソングをスタレビが作ったそう)、名古屋市総合体育館が30周年、3月3日のひな祭りの日に女性出演者ナシの男祭りたのしかったです。

日本ガイシホールは、名古屋市総合体育館レインボーホールがネーミングライツでいつからか名前変わってるのだ。
なので、総合体育館の施設名は日本ガイシスポーツプラザになるのかな。



で、毎年やってるらしい、音市音座。
初めて参加しましたけど。
こういうイベントによくきてるよなーと思ってたらホスト役だったとは。
スタレビがホストならだいたいハズレないわな。


てなことで、一生縁がないと思った吉田山田とか観れました。
山田が「小学生の頃Tearsってアルバムよく聴いてて…」と言ってたので、フミヤファンから好印象だったと思いますよ!
Tearsの頃すっかりオトナだったので「うわ若ぇな」と思ったりしたけど。



名古屋市総合体育館が30周年で今月末まで展示イベントやってるので

いまここに来ていて… #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


開場時間頃に到着したけどそっちを見たくて、各スポーツ施設の受付で「これ…見たいんですけど、どこですか」と聞いて回りながら

こういう記念の展示を確認したり… #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


ポスターの展示じゃなかったから軽く無念に思ったけど、アスリートのサインや写真のコーナーよりきゃあきゃあしてたりしつつ

これからこういうのを観ます #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


ガイシホールの入口に到着しました。
(指定席なので開演に間に合えば…というタイプ)



いやーさすがスタレビ。さすが要さん。
盟友のKAN(準レギュラーっぽい?)もスタレビを立てて大人しめにおかしいことやっててよかったです。


以前観てきた、風のハミングみたいに1曲ごとの入れ替わりじゃないから、スタレビを中心にゲストで1曲(弾き語らないフミヤとキヨサクはバンドとしてスタレビとやってたけど)、スタレビとセッションで2曲。
あとは全員でセッション。
アカペラでやったSo much in loveよかったなぁ。
(風のハミングで聴いた…ので、また聴けたヨロコビ)


セットチェンジがない分、観てる方も退屈しないので、これはありがたい。

キヨサクはデカい子どもみたいでかわいかった。
KING ALLSTARSは人数多いから毎回メンバーちがってるので、ライブでキヨサク観れたの初めてだった。
やっと観れた感(うれしい)。


KANは自身の名曲をもくもくと台無しにする(褒めてる)いつもの感じでした。
グランドピアノのフタが開いてないな、と思ったら、ギターソロで風に吹かれる仕様になっていたからだったようで、途中マントをつけた要さんがピアノの上に乗って風の係のひとに風を当てられながらギターソロ(エンディングのソロも)弾いていて、とてもよかった。
(KANのバンドツアーだとギターのひとはそういう役になってる)
ちなみにその曲は、すべての悲しみにさよならするためにでした。

名曲こそ真顔で台無しにしてくれる…たまらん。


フミヤの選曲は、まぁ、こういうイベントだとTRUE LOVEとAnother Orionやんね、みたいなつもりでいたから、TRUE LOVEのあとの夜明けのブレスにはグッときた。
曲自体のレア度は低いけど、レインボーホールで聴く夜明けのブレス(チェッカーズの曲をベースにアレンジしてる)だったから、わたしにマイクついてたら「はぅう」って声拾ってたかも。

「こういうユルいのばっかじゃなくて、ロックっぽいのも」ってGIRIGIRI NIGHT。
最近の曲やってくれてとてもうれしかった。


最後の方の「ヒット曲目白押しのセッション」では、フミヤの番でNANAやってたんだけど、いつか靱公園で観たKANのフミヤの完コピっぷりはなかった。
けっこう期待したのにー。
まぁ、スタレビのイベントだしね。てことで。

アンコールは、タイムマシンにおねがいと、スタレビの愛の歌。
みんなでうたう(うたわされる…笑)。

あっという間だった。


「ひな祭りの日に男祭りへ来てくれてありがとう」みたいなことを何度も言ってて、最後も言ってたので、要さんの「本日の公演は全て終了でございます。みなさまお気をつけてお帰りください」でシメたあと、ステージからはけていくとき、フミヤが低い声で「あかりをつけましょぼんぼりに〜」ってうたいながら去ってって、めっちゃツボった。


あ、きょうひさびさに見たフミヤは、髪がちょっとさっぱりしていて、長さ的にはLOVE '91頃。
耳も出てて襟足スッキリで「ちょ、もう!カワイ過ぎる!!」ってなってました。
Vネックのニットのほどよくユルい格好がまたよかった。
他の出演者が襟のある服ばかりだったから余計にかもしれんけど。

それ見れただけでもゴハンがすすむくらいの良さでした。


いや、イベントとてもたのしかったけど。
次回も出演者によってはまた行きたいかなぁー!


| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 音市音座2018 at 日本ガイシホール
KOTARO AND THE BIZARRE MEN at 神戸VARIT.

真冬に感謝のエレキ道場 2018


想像どおりのセットリストだけど関西でしか観てないので、人生3度めのビザールメン。


ヒサシビザールがよく見えるとこにいたので、ベース弾きながらうたう姿にめろめろしてました。


キレイに内巻きになってたヘアスタイルが、だんだんクセの強い左の横っちょのとこだけ外側にくるんってなってきててとてもカワイかった。


若旦那の過剰なカッコよさが見れるのもビザールメンのたのしみです。
コレクターズのコータローさんは、そこまでムダ話しないし、さり気なくカッコイイことをするので、この肩の力が抜けてるからこそ出てくるであろうキメキメ感たまらんす。

引っ越しするならのキメどころで派手にむせたり、フレットに弦が引っ掛かって音が出なくなったり、イヤラシイほどのビブラートをきかせたり…笑っちゃうけど。


ドンキホーテでむせ始めたあとはヒサシビザールのフォローでした。
なので、ヒサシビザールが彼女と彼氏の役をやってました。


セットリストが想像どおりなので、曲紹介も雑に雑に。

若旦那とモビーが「こんな(演者側が)リラックスできる緊張感のないバンドはない」と言ってるそうで、それに軽くどよめいたらヒサシビザールが「俺たちに何を求めてるの?演奏はちゃんとしてるけど」って。

や、でもカバー曲がとてもコレクターズのいいところ味わえるように、ビザールメンはのびのびしてる4人のいいとこ味わえてると思う。
とりあえずデカい昭和30年代生まれのふたりは。


なんの話の流れだったか客席の声を拾って「名古屋も来てくださいって拝まれちゃってるよ。名古屋ねぇ…行くことないな…」とヒサシビザール。
客席から「なんでー?」の問いにかぶせ気味に「忙しいからだよ」って。

名古屋…集客望み薄いですけど来て欲しい…何と抱き合わせたらいいだろう…。

ええ、とてもたのしかったので、また観たいんです。
これはセットリストでプレイリスト作らなくてもアルバム聴いてたらいいや。

そういえばマリオさんいなかったので、マジックショーがなかったんだけどオリーブの首飾りやってくれました。
途中、ナゼかポリスアカデミーシリーズのブルーオイスターのシーンを思い出していたワタクシでありましたが。


ステージでやらない(やってほしくない)ポーズのシリーズで、ヒーセがベースに顔を近づけるポーズのマネをしててココロのメモリーに強く焼き付けてきましたってくらい萌えたと記しておこう。
なんでそこなのか自分でもわからないしフツウにそれやったら、このバンドではカッコよくないのに…。

あ、あと萌えるといえば、昔あった行方不明の家族をテレビで公開捜索する番組の話ししてて、若旦那が「それ大好き?」って言った「大好き」が録音したいくらいカワイかったです。



えーっと、まぁいいや。

早くコレクターズが観たいと思いながらおうちに帰ることにします。



かわいいのをみつけたので再撮。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -





| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - KOTARO AND THE BIZARRE MEN at 神戸VARIT.
桜井秀俊 at 得三

Don’t think, SING! vol.8

vol.8だけど、後日開催の横浜公演はvol.7らしい。
(横浜が先に決まってたらしい)


「作詞作曲のセンスがあり過ぎる」と本人が言うほどいい曲多い桜井作の曲がたくさん聴けた。

「いい曲つくってもさぁ、YO-KINGさんがいるので、刺身でいうとトロの部分をうたわれるワケですよ。いつも端っこの赤身のとこばかりなワケですよ」
と言う桜井さん。
「俺だってトロうたいたい!」


以前、YO-KINGとそれぞれ弾き語りするツアーのときは「このひとギタリストだなー」と思ったんだけど、きょうは「偉大な編曲家だなー」と思いながら観てた。

アレンジさいこう!


サマーヌードをアコギ1本でやってた。
記憶の中のマウンテンホーンズの音がようこはんの声が聴こえてこない。
桜井さんのうたとして仕上がっていた。
すてきすてき。


そういえば得三には夜中に何度も来てるらしい。
「そんな得三に、桜井秀俊の看板だけで来たのは初めてでございます」
というのが冒頭のあいさつだった。

あぁ、奇遇ですね。
わたしもゴハンたべるために得三来たこと何度もあります。
夜中はありませんが。


「なので、シラフでここにいるのに違和感があります」
と言ってビールを所望。
みんなで乾杯してた。

3曲終わったくらいのとこで。


YO-KINGにいじられる桜井さんもよいが、ひとりのびのびとギター弾いてうたってる桜井さんよかった。

I'm in Loveのあとに客に歓声をあおっといて止まないと「やめてーっ」って照れ始めるのかわいかった。
自らを才能あるひとと言うけど言われると照れちゃうってんすよ。


真心さいきん行ってないので、どれもめずらしい曲になってきてるんだけど、たぶんさらにめずらしい曲もやってたんだろうなぁ。
My mind's eyesの日本語カバーとかあった。
コレクターズもやってて歌詞の解釈が若干ちがってて、カバーってこういうのがおもしろいんだよなと思ったり。

美里っちゃんに提供した曲もよかった…。
桜井曲なのに渡辺美里の姿が浮かぶわってくらい似合う曲やった。
うっとり。



ほんと何度もツイートしたことあるけど、桜井さんとか直枝さんの詞のような男の子が現れんかなって感じ。
実際におったらめんどくさそうだけど(どっちなの)。


ふらり当日券で行ってきてよかった。

セットリストがよすぎて過呼吸気味。


| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 桜井秀俊 at 得三