しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

旅:そうだ、奈良へいこう。の巻
先日(半月ほど前)「興福寺の阿修羅くんに会いに行きたい」というお題目の春の遠足行ってきました。


朝から観光するために、早朝の列車(在来線)に乗ってったはいいが、岐阜を出るときは売店が開いてない、乗り換え駅では売店寄ってる時間がない。
で、京都から奈良への電車で他人と向かい合わせになりながらおにぎりを食べるハメに。


炭水化物投入でヒトゴコチついて奈良に到着


せんとくんは意外と冷たいやつだった。


いまにも泣き出しそうな空模様ではあったけど、桜は残っていて、淡い花の色がよく見えるから曇り空でよかったかも…なんて考えていた。
雨の降り出す中、興福寺へ。

「あ、都だったとこだからでっかいお堂ばっかの寺だったのね」なんてマヌケな感想を抱きつつ古い木造の仏像をたくさんながめてきた。

阿修羅少年はセンター張るだけのうつくしさと存在感があるわ。
7〜8回焼けてるお寺なのにこれだけ残っててすごいわ…とただただ感心。


たくさんの観光客のため、商店街もさびれてなくて昔からありそうなチェーン店じゃない飲食店が多くてたのしげな中


元喫茶店という風情のステージとかあったりするフシギなカフェでおしゃれランチをいただいた。
こういうの毎日食べてたら病気しなさそう(個人の感想です)。


雨が本降りになってきたけど、奈良に来て大仏さんに会わないわけにはいかない(なんとなく)。


で、その手前にある萬華鏡喫茶というとこへ行って来た。


創意工夫を凝らした作家モノばかりで、ついひとつ欲しくなってしまうが、グッと我慢。
テレイドスコープが特に欲しくなっていたが「いや、いま買わなくても(カツカツ旅行中)」と、目が覚めた。

でもお店の雰囲気も良くたのしかったので、つい長居をしてしまいました。


やっと大仏さんちへ。


桜の花が残ってる木残ってない木とあるので、「大仏殿と桜」をどうにか撮りたくてやたらばしばし写真を取っていた。


本降りがやや土砂降りになってきたので、大仏さん見たし、あたらしいバスターミナルでおみやげ買ったし、帰ることにした。


その前に、また長い旅になるから


サクッとうどん食べてきた。


乗り換えもうまくいき、全行程座って移動が達成された。


本を読むか何かを聞くかは当日の体調次第なので両方用意するんだけど、この日は本を読み始めてもアタマに入らないくらい日中のデキゴトがたのしかったようです。


最寄駅に着いて


東大寺でパーカーのポケットに鹿がハナ突っ込んできたのを急に思い出した。
けっこうしっかり感触があったので、あまりうつくしからぬ状態になってたんだったのをすっかり忘れていた。
まぁ、靴底の泥(のような何か)は雨の水たまりで流れただろうけど。


自分におみやげそんな買ってこれなかったわーとか思いつつ荷物を改めると


まあまあ買ってた。

いつものグッバイアイスならぬプリンで遠足をしめるのでありました。



あっ。そうだ。
せっかく奈良に来たので、Jump the Gunに行って来た。
そこまでの道のりが「あのシーンだ」ってなっておかしかった。
ああいうスーツ見るとやはり「男の子になりたかったなー(服のシルエット的に)」と思ってしまうのでした。
太いのはさておいて、痩せてても骨格上、細身のスーツは似合わない体型だもんなー。



| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:そうだ、奈良へいこう。の巻
旅:2018-2019の年越しドライブで東京へ行くの巻

2年越しのドライブといえば峠を攻める…(古い世代)。

31日未明から1月2日の朝までアルトで旅をしてきました。
結果的にすべて車中泊。
シートが倒れるってスバラシイね。
(基準:smart)


30日は、年末の家族イベントで6升ほど餅をつき、ちぎって餅にしたり、あんこはさんで大福にしたり…してたらよく疲れた。
仮眠が思ったよりがっつりになってしまった。
しかしETCの深夜割引に間に合ったので良しとしよう。


道中わたしを盛り上げたのは


昼間つくったあんこ餅(まだやわらかい)と、ラジオ深夜便でした。
徳田アナでうれしい。


にっぽんの歌、こころの歌は西城秀樹特集だったし(出発時はヤングマン)
そこから4時台あすへの言葉は「絶望名言」として向田邦子の小説やらエッセイから抜粋した絶望の言葉たち。
ううむ。
大晦日の明け方にしみるわこれ。
運転中なので、絶望から希望が見えるための解説がいるけど。

きょうの誕生花とか聞いてないから途中で停めて(PAです)寝てたんだな。
去年の反省を活かして、明け方の首都高は走らないことにしたもんね。
(リアル首都高バトルしてるやつがいてド迷惑だった)

先日ナビの地図が更新されたので、わざわざ新東名走ってった(3年前買ったナビの地図にはなかった)ので、富士ちゃんが近くてアガる。
カメラがクルマに装備されていても撮りたいタイミングで静止画は取れない。
でもうつくしかったので良しとしよう。


まぁ、景色がうつくしいってことは


そういうことなんだけどね。


ここんとこ、クルマで東京行くときは、帰りに明治通りの待ち合わせた歩道橋跡のとこにあるスタンドで入れてくことが続いたんだけど、エアコンがんがん使うので大事をとって早めの給油。

そこから走り出したら、太陽にモヤッと薄雲がかかっていて、光のまわりに反射した輪っかができていて


シャッフルで聴いてるBGMに泣かされつつ、東京に到着。


しばらく休んだのちに、カウントダウンのライブのためのグッズ買うために


並んでいたりした。

その後、無事に目当てのグッズ買ってこの日を一緒にわいわいするひとたちと合流。
仕込み用の紙飛行機も作って武道館へ!

藤井フミヤ at 日本武道館
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3957


無事に2019年を迎え、なか卯で年越し後のそばをいただいてアルトに戻る。

着替えを持ってフロろうかと思ったけど、めんどくさくなってそのままフリースのストール何枚かに包まってぼんやり


そして寝落ち。
まぁ寝る気だったけど。

目が覚めたので朝イチ(というほど早くもない)銭湯キメて、家へのおみやげを買いにブクロ徘徊。
元日から開いてるデパートがあるってすごい。
中京圏で見ないおやつを買うってナカナカにムズカシイ。
ついでにおにぎりとか惣菜とか道中のカロリーも手に入れておいた。

そしてテキトーに出発。
新宿方向ではない。

知らないファミレスチェーン見かけたり、郊外に進んでるのにドラッグストアを見かけないのに驚いたりしながら、デカいショッピングモール(なのか?)に到着。
クルマで来るようなモールなのに駅がそこにあって「さすが(23区外でも)とうきょう…!」ってなった。


はい、昭島市のモリタウンです。

道の混み具合などがマッタク想像つかなかったので、早めに着いてしまった。
駐車料金の設定があるのがやはり都会。

着いてしまったのでとりあえず省エネモードのわたしでもたのしそうなスーパーへ向かうのだけど


旅先でスーパーは行ってもモールは来ないから、雑貨屋などテナントの地域差にもうアガる。


しかしスーパーでいちいち大盛り上がり(無言)


しらないおかしとか買いそうになったけど、ふだんスナック菓子たべないのでグッとこらえた(おっとなー)。


旅先恒例(?)の


寝不足なのに給餌と給水のタイミングをまちがってるから頭痛がしてきたけど、わたしは元気です。

だって

映画:さらば青春の新宿JAM
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3958


映画とか観てきたもん。


やっと気が済んだので、おうち方向を目指す。
ナビは中央道から岐阜を目指せという。

いやだ。

こんなさぶいのに中央道なんて凍るに決まってんじゃん。
雪降ってそうじゃん。
スタッドレスはいてるからって雪道を走りたいワケないじゃん。

なのでなんとか厚木方向を目指していた。
途中、八王子市に入り年末にイエローモンキーのライブ(配信だけど)見たのでちょっとアガったりした。

なんとか厚木方向を目指していたのだけど、途中の道が「この先崩落」って書いてあったりした。

なんてこと。

これ北向いてますね。
山梨県方向ですね。

軌道修正できそうなとこまで戻ろうかと思ったけど、土地勘がないので、どこまで戻ればいいかワカラン。
コンビニであったかいコーヒー飲みながら、いろいろあきらめて相模湖へ。
夜の湖って奈落にしか見えない。
漆黒の闇。



有料道路(中央道)へ入ったので、やっと休憩


しようかと思ったけど


けっこう気温が低く


とりあえず進むことにし


昼間買ったおにぎりがもたれ気味で(いっぺんにたべるから)


でも炭水化物の急速充電ぶりに感激したりした。


長野県に入ったら雪が降ってきた。


わぁ、予想当たったー(うれしくない)


これはもう南下するしかない。
飯田越えればマシになるだろう…と。

実際、飯田辺りから雪の具合がじゃりじゃりした雨っぽくなってきてた。
路面が濡れているのでもう凍るしかないからもうちょっと南へ。

結局恵那山トンネルを越えた向こうのSAへ。


岐阜っ子でも濃尾平野の子は雪道慣れとらんのよ。


けっこうな緊張状態で1時間以上運転してて疲れたので横たわったと思ったら寝落ちしてたほど。

すっかり明るくなった頃に起きて洗顔と歯みがき(寝る前にヨユウなかった)この先どうしようかと思ったけど、ここ恵那峡やんね。
まだ遠いけど県内入っちゃってるよね。
土岐のアウトレットも川島のアクアトトもまだ開いてる時間じゃなかった。
それを待って行くほどの元気はない。

あきらめて家を目指す。


各務原のIC下りたら、ウチのアルトだけどろんどろんやったわ。
みんなぴかぴかのクルマやったわ。
わたしが知ってるの冬は、このやたら乾いた青空だわ。

ずっと太平洋側走ってると、あったかいか寒いかくらいのもんだけど、中央道でくると気候がけっこうちがってるから旅気分になるね。
やっぱ冬はカンベンしたいけど。
あと、甲府?の街を見下ろす高さのとこは、キラキラとしててキレイだった。
東名だと街側は海近いし街が見えるとこ通ってないので夜景たのしめるスポットないかも。

そんな辺り走ってたときはまだ何も降ってなくてヨユウだったけどね。


31日の昼と、1日の朝に利用したスパレスタはLINEのショップカード対応だったからポイント付けれたんだろうけど


まぁ、次回いつ行くかわかんないからいいんだけどさ…。
なんとなく残念なキモチなのでした。


ことしはアルトがどれだけ走るかワカランけど(ななまんきろ間近!)またちょいちょい遠出しよう。



| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:2018-2019の年越しドライブで東京へ行くの巻
こよみのよぶね 2018


ことしも冬至がやってきたので、1年をしみじみするために行ってきました。


「ことしも」だけど、ことしは7月の豪雨で長良川はかなり水位が上がりました。
そのとき鵜飼の乗船場に土砂が流れ込み、船がつけない状態で現在も復旧工事中です。

豪雨がぼくのまちにやってきたの巻
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3907



鵜飼自体は豪雨から20日ほどで再開されるようになって、いつものように10月までやってたからそのまま忘れてたけど、そういえばそうやった。
8月に花火見たときは金華橋の近くだったから、長良橋の辺りはわからんもんなぁ。

ふらり、岐阜新聞主催 第73回全国花火大会を見物するの巻。
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3879



で、休日だし、川原町散策とかしてみたいし(普段クルマ生活なので川原町に縁がない)早めに出掛けた。

クルマを河川敷の方に置いて「左岸に停めたトラックの荷台によぶねを乗せて」の意味をやっと理解して(冒頭の写真←遠くてワカラン)なんとなく川原町じゃなくて岐阜公園に向かう。


午前中まで降ってた雨が上がって青空になったので、午後なのに空がキレイだったから岐阜城のカッコイイところとか見たいやんね、と若き日の信長像の辺りまで回り込んでった。

動いてると12月も下旬とはとても思えないほど暑かった…。


公園の中に入っていくと、写真撮ってるひとがぽちぽち居たので見回してキレイなとこに気づき


池の周りで紅葉をながめ


信長居城跡の門から入ってってロープウェーのりばを通って公園をあとにした。

そういえば信長の居城跡は門までしか知らんかったんだけど、前から中に入れたっけ。
いやーどうだったかな。ぶつぶつ。


公園を出て、鵜飼乗船場の辺りを確認し、川原町に入る。
水うちわ屋さんとか、岐阜にちなんだ商品や作家作品を扱う長良川デパート(レンタル着物もやってる?)とか、昔からのと新しいものと眺めて、温泉旅館の十八楼の外に手湯があったので手を温めたりして


川原茶屋でお茶とおやつしてたら日没近づいてて、防寒着を取りにクルマに戻ってるうちに


イベント始まってしまいました。

いや、いいんだけど。
ある意味でレアなとこ見れたし。


船は動かないので、マジックアワーをたのしんでいたりして、冬至の日没をたのしんでいた。


しばらくすると東の空を覆っていた雲が少なくなり、満月だったことに気づく。



そのうちにぴかぴかのおつきさま見えてきて星も見えない明るさになってった。


空が月で明るいとはいえ、夜なので当然暗く


行灯がうつくしくなってきて


豪雨のあった7月船、東北こよみのよぶねの3と11をそれぞれ3月船と11月船にしたものを、災害を忘れないためにその3艘は川の上にうかび、カヌーに引かれて川を上ったり下ったりしました。


去年だかおととしだかから、うかいミュージアムの庭に店が並び、快適なイベントになったのはいいけど


ことしは店がとても少なかった。
かぼちゃのスープ出す店とか、上之保ゆずのナントカを出す店とか、冬至にからむフードもなかったし。
外で飲食させないために手に持って食べるものがほとんどないのかしら…と思ってしまうほどの店たちだった。
それぞれの店はいいんだけど、数とバランスがね…と13回中6回めの観覧のひとはつい思ってしまうのでした。



まぁ、それはそれとして


市長選ってことしだっけ!?と驚いたりした2018年を振り返ってきた。
毎回のことながら、「その月にあった世界や日本のデキゴト、岐阜のデキゴト」を聞くと、しみじみもするし、あれ去年じゃなかったっけってなったりするし、そのときわたしこうだったなーと思い出したりする。

ちなみに、ことしのこよみっけ渡し(その月のいろいろを書いた短冊を船に渡すやつ)は、船が向こう岸から動かないので、動かせる船に乗せた干支船が12往復して渡していました。
犬の行灯乗せた船。
耳が動いていて、犬だしなんだかとても健気に思えてた。

日比野克彦氏が「干支船、岐阜犬(半分、青いに出てきたやつ)にすればよかったね」とか言ったり。
まんぷく。が盛り上がってきてるから今年前期のドラマがもはや懐かしい…。



ことしのフードはちょっと残念だったけど、また来年以降も行けるなら行くんだろうな。
来年は乗船場も復旧して災害もなく過ごせますように。



オマケ。



とてもわかりにくいけど、川に映る満月と岐阜城。




| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - こよみのよぶね 2018
旅:11月のLAZY SUNDAY AFTERNOON
10日ほど前になりますが、個人的にことし最後のコレクターズライブで東京へ行ってきました。


ちなみに

この日は各務原の基地で航空祭やっておりました。


けれどワタクシの関心ごとは

切符とった新幹線に間に合うか気が気でなく

マジで血の気が引く思いで

名駅を駆け抜けてって

車両を移動中にしみじみとしたり

朝ゴハンを待ちわびたり

うっかり高級なサンドウィッチかってしまったり

ちょっと惜しいけど割かしいい富士見れたり

旅先でCDのコレクターズの再発盤買ったのを思い出したりしながら東京へ到着。



目的地その1のオープンまでちょっと時間があったので

上野のお池のまわりを散歩してきた。
歩き回ってるので暑くなってきたが、朝のひんやりとした空気が気持ちいい。


それでも目的地その1にいちばん乗りで到着。

一条ゆかり展 at 弥生美術館
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3928


そろそろここんちの友の会入ってもいいような気がする(おちつけ)。


興奮冷めやらぬまま、目的地その2へ。
ここもいちばん乗りで到着…したのだけど、時間まで中の様子がマッタクわからないので、場所が合っているのか、きょうは休みなのかどうか不安なのでありました。

魔夜峰央原画展 at 明治大学 米沢嘉博記念図書館
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3929



FRY ME TO THE MOONのネームと原稿に感激。
永遠の28歳ミーちゃん…(反芻)。


で、やっと本来の目的のために渋谷に移動。

きょうの旅先プロントであります。

やっと落ち着いた…(カロリーたいせつ)。


そんで旅の目的地のクラブクアトロへ。

物販の列はいちばん乗りではなかった。
先行物販はリハの音聞いちゃうもんでなかなか思いきれず。
でも目的のもの買えてよかった。


THE COLLECTORS at 渋谷CLUB QUATTRO
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3930


ライブもよかった。


いい1年だったなー(気が早い)と振り返りながらの帰り道

友人の投稿で新宿でパネル展やってたのを思い出していた。
くやしくない…くやしくないもん…(めそめそ)。


品川駅で東日本の駅弁の催事やってたので

たんぱく質と炭水化物のマリアージュを堪能したり

往路で食べそこねたアイスを召したり

1日の歩数におどろいたり

ライブなくても旅は普段より歩き回るよなー…てな感じでおうちに着いた。


きっと新幹線でとなりの席のひとは

雑誌読みながら泣いてるし…と不審に思っただろうな。
急に笑うし。


おこづかい少なく持ってったのに

うっかり自分みやげを

悠理のとうちゃんしかいないというのがポイントだった…。
この投稿に付いたリプで、男山じゃないイヌはエッセイのまんがによく出てきてたコだったなと思い出してきた。


さらに

いただきものも充実。


いい1年だったなー(だからまだ早い)。
来年もいい年でありますように(鬼が笑う)。

良縁よりも良席良番!(柏手)





| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:11月のLAZY SUNDAY AFTERNOON
旅:南紀白浜へ(主に)パンダをめぐるの巻
前日↓の続きです。
旅:南紀白浜へ、景勝地をめぐるの巻
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3921



スーパー銭湯的な温泉であたたまったあとに、ゆっくり寝れそうなスポットへ行って


アルトってよく眠れる…とちょっと得意げになったりした。
(基準がsmartなのでかなり甘い)


2時間サスペンスみたいにリゾート地で飛び込みで宿取れるオトナになれてないが、たまになら車中泊もたのしい。
身支度もしてアドベンチャーワールドをめざす。

朝からコンビニのおにぎりとかたべてると旅っぽいね。
いや、旅だけど。


開園の30分ほど前に到着した。
もはやすごいひとであった。


開園のちょっと前に注意事項とかアナウンスするおねーさんが「きょう、おたんじょうびの方!(挙手を求める)おめでとうございまーす!みなさんで拍手〜」と、ほのぼの煽る。
動物クイズを出したりして客の気分を盛り上げ、その注意を引いた上で「このふさふさのパンダ帽のスタッフより先に行かないでください」とちゃんと注意事項を聞かせていた。
テーマパークのひとってすごい…。


さて開園。
もちろん福男にはなれなかったのだか、お父さんパンダとお母さんパンダとあかちゃんパンダがいるブリーディングセンターで、親子公開を待っている列に


こういうのがあったり、天井から何台かのモニタでライブカメラの様子を写してたりして、パンダの前にいないひとも、タイミング悪く良浜が抱きかかえてて見えなくても、なんとなくあかちゃんが見れるようになっていた。


展示室の真ん前に来るまで、ちょっとずつあかちゃんに近づいて姿がちょっとずつ見えてたりしたので、1番乗りより並んでるひとの方が親子パンダ見れてる気がする。

去年結浜を見に行ったときはもう1歳になってたから、元気いっぱいあそびたい盛りの幼児みたいな感じだったので、このコはお乳飲んで寝てるほんとにあかちゃんのかわいらしさであった(すごく伝わらない)。
短い時間だったけどパンダのあかちゃんい「はわー…」ってなった(とても伝らない)。

次はさぁどこ行こう。

歩くのめんどいな(ええええ)と思ったので、サファリエリアの無料のバスに乗ることにした。
ほんとはおカネ出してカートとか乗りたかったけど、自走するやつは草食獣のエリアだけだったのでこうなった。
せっかくならライオンとかトラとかみたいやんねぇ。

ばしばし写真撮りたいかわいいのがいっぱいいたけど、デジタルズームしかないのであきらめた。

しかし


思わず足を投げ出して座るヒグマの写真は撮ってしまった(クマ好き)。


サファリエリアとブリーディングセンターは近いので


並ぶ時間おわってたけど、最後尾を眺めながら、ほんわりと反芻。


このあとシロクマはカスタードまん、ペンギンはあんまんというのを扱ってる売店を見つけ「みっつ並べたかった…」って若干悔しい思いをしたり


小がわいい限定ランチプレートを、キラキラしたパンダを眺めつついただいたり


ホンモノのシロクマと対面するしろくまさんを見守ったり


午後の公開時間になったので、もう1回挑む。
モニタ越しにお乳を飲みに行ったり良浜のおナカの上を這い回ったりするのは見れたけど、ガラスの前にやってきた頃には抱え込んで親子眠っていたので良浜がよく見えた。

午前中もこの時間も、お父さんパンダの永明は外の運動場でひたすら竹を食べていた。
獣と未就学児のたべてる姿はとてもかわいい。


さっき見て来たシロクマがあかちゃんだった頃に展示されてた部屋には


サーバルキャットがいました。


そろそろ日も傾いてきたし、翌日仕事だし帰らねば…と思いつつ、トリコーナーに吸い込まれる。
どのコもかわいかった。

やっと我に返って出口付近へ向かうが、出口の直前には3歳の双子のパンダ(桜浜と桃浜)と、2歳の結浜がいるパンダラブがある。
それはセイレーンの歌声のよう(サクッと取り込まれる)


クーラーの効いた部屋の中の桜浜と桃浜の寝姿もそれはかわいかったが(とてもかわいい)、まだあそびたいお年頃の結浜のおてんばぶりに誰もが目を細めていた。
この辺りのカメラロールえらいことなってたわ。

パンダかわいい(かわいい)。

休憩も忘れ「這々の体」てな感じで


やっとおやつをたべ、帰り道もざっと300km。

東京…横浜くらい?
そらーつかれるハズだわ。


でもこれは


つかれてたのではなく、ほんとに忘れてた…。


今回のアドベンチャーワールドは去年の「パンダしか見てない」ということもなく、そこそこ動物見れたのでよかった。

いつか2daysとかしたいなぁ。
それとくろしお(パンダ列車のやつ)に乗って行きたいなぁ。

あそびまわるかわいい盛りにまた行きたいなぁ。


遠足も行けるようにがんばろ。
| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:南紀白浜へ(主に)パンダをめぐるの巻
旅:南紀白浜へ(雑に)景勝地をめぐるの巻
先日の文化の日に「あかちゃんらしいうちにあかちゃんのパンダを見に行きたい」というだけで決行。
なのだけど、土曜日朝イチで福男のように開園を狙って行く気だった…でも目標出発時間から6時間ほどのねぼうしたんだ…。

疲れてたのねぇ…(ヒトゴトのように)。


でもすっかり南紀の旅の気分だったから


とりあえず向かう。


パンダというか動物園を明日の予定にして、観光に切り替え。

まずは調子乗ったランチして


食後のおやつにいいだこのたこ焼き「踊るたこ焼き」を召した。


おナカいっぱいになったし観光しようと千畳敷へ向かう。
観光といえば景勝地だろう。


空の色が濃いくらいのいい天気で、うきうきと空と岩の写真を撮っていたら


自らが西を向いていることに気づいた(いまごろ)。
そういえばそんな感じのカメラマン多かったわ。


なので夕日を待つことにしたのだけど


日没には三十分ほどあったので


探検ごっこしてあそんでました。


日没の時刻まではもうちょっと


でも日がだいぶ沈んできたので


空の色の変化をたのしんでいたり


しみじみとしたり


そういえばゆっくり夕日見たことないわと思ったり


刻々と変化する空にうっとりとしてきた。

その後、三段壁(当然中には入れない)の崖っぷりを見てきたり、ほぼ真っ暗な中で円月島を車窓から探して見つけたりした。

ランチは張り込んだので、夜はファミレスにした。
岐阜にはなくなったトマト&オニオンがあったけど、うっかり道をまちがえたので慣れたガストのディナー。


白浜まで来たので、温泉キメて


湯上りアイスもキメたった。


ちなみに


調子乗ったランチはこれです。


旅先は高級志向だな(おかしい)。



翌日↓に続く。
旅:南紀白浜へ、景勝地をめぐるの巻
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3922

| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:南紀白浜へ(雑に)景勝地をめぐるの巻
旅:35年分の愛を叫びに行ってくる〜京阪編〜

どうも。気負うときほど何もできなくなる病持ちです。


さすがにハリキリ過ぎて遠征費がしんどいので在来線の旅にしようと思ったのに、日中下りは大垣行きしかないと駅に着いてから知り、列車の中で特急券買うことにして「しらさぎ」にライドオン。
ホームで遠足の子どもたちが手を振っていてめっちゃ和む。


お十時(おじゅうじ=このくらいいただくおやつ)というか遅い朝ゴハンに、サカエパンの調理パンとおやつパンをたべていた。
実はサカエパン入ったの初めてだった。
このご近所の先輩がむかしから「おいしくないよ」と言っていたのがなんとなくアタマに残ってたからなんだけど、自分で経験しないといけないことって多いなぁ…と実感。
おいしいやん。安かったし。

きょうの旅もジョージアを添えて。
アブラーズのステージにフミヤが…と思うだけで至福。
(こないだマーさん観たからいろいろ思うことがないではないけど)


米原から在来線の旅だったので、山科駅下車〜のりかえで国立近代美術館へ。
藤田嗣治展行ってきた。
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3917


View this post on Instagram

あっ。これ有名なやつや #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


実はうっかり前売りを買ったから予定ねじ込んだんだけど(大阪に行くなら大阪であそびたい)。
でも行けてよかった。


再び山科駅から大阪方面へ。
京都市内のどこかへ行くのに、京都駅を利用しなくてもいいんだということに軽くおどろきながら…名古屋は東海道本線と私鉄か地下鉄に乗り換えられるの金山くらいだもんなぁ…。


週の真ん中で、以前のわたしならムリヤリ帰ってただろうけど、アイドルのデビュー35周年記念のライブに駆けつけるわたしは、もう若くない。
新大阪駅近くで宿を取っていた。



まずは新大阪駅で行きたかったスポットを確認。

そしてお宿へ。
この数日前にオープンした9hoursがオープニングセールで2,980円やったもんで迷わず。



また9hoursかよという気はしなくもなくもないが。
これで新大久保、神田、京都、そして新大阪と行ったことに。


購入2年経過したiPhone SEの電池のヘタリ具合はせつないもので、バッテリーが手放せないお年頃になってきた。
宿へ着く前から充電し始めてたんだけど、まだそんなに充電されてないし、カプセルホテルなので荷物広げて何もしない時間が持てるようなスペースがあるはずもなく


龍角散のど飴(袋)をあきらめてバッテリー持って御堂筋線に乗りました。


ここ1カ月の生きる糧、なんばハッチでアブラーズのライブへ!
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3916



それはそれはシアワセな時間でした。
アブラーズいいわ。
ちゃんとバンドで活動してほしい。
ミニサミとのメリハリがありすぎる。
あれはあれでいいんだけど。

いいイベントのあとは、ひとりでしんみりするために


ロビーにてグッバイアイス。

そして割と早く寝落ちした。


翌日。

ふだん朝ゴハン(固形物)ほとんどたべないのに出先だとがっつりいこうとすることを確認。
つーか脳が起きてないから適量がわかんないんだろうな。


手堅くこのくらいにしといた(充分)。

そんで新幹線の中でチェッカーズとコレクターズについて考えてたので、全然平日の出勤モードにならないまま職場に着いてしまう。

2日のりきる余力っつーか、あらぬ方向へ行ってしまったりして…たけど、まぁいいや。

日曜にマーさん観て、水曜にアブラーズ観て、次の日曜にフミヤっていう濃いぃことはこの先ないと思うし。


オトナになっててよかった!(諸手を上げながら)


| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:35年分の愛を叫びに行ってくる〜京阪編〜
旅:35年分の愛を叫びに行ってくる〜滋賀編〜
マーさんこと鶴久政治のライブ行くために甲賀まで行って来ました。

マーさんを観るのは、バンドの解散以来。


いい方だろうが悪い方だろうがストレスにはとても弱いので、高確率でこんなことに。


目標出発時間を結構過ぎてたから


やっと朝ゴハンでもあったのだった。
デビュー記念日のときはジョージアで旅に出てなかったので、きょうこそ!とジョージアをキメる。

特に何も考えず「セブンイレブン限定かー」と買ったのだけど、ここんとこの盛り上がりでSEVENの文字はアガる。


サクッとグーグルマップでルート調べたら、名神〜新名神か、東名阪〜新名神のどちらも同じくらいの時間だったので、東名阪を目指そうと思ったけど桑名から峠越えの一般道ルートにした。
なので伊賀を通ってない。

このルート調べるまで伊賀と甲賀が近いって気づいてなかった…いや、どこかは知ってたけど。
点と点がいま線に…!(大げさ)


割とナビ通りの道だったんだけど、デカい国道でもなかったので、とても気持ちのいいドライブであった。


やっと見えた道の駅で休憩。
ダムカレーとても気になったが、たぶんカレーに負ける気がしたので


そばにしました。

岩魚塩焼きがたべたくて定食にするか長いこと悩んでいた。
(焼き魚は棺に入れて欲しいほど好き←おかしい)


時間よりは早く着けそうなので、ちょっと寄り道。
米粉のたい焼きというのがウマいと友人が教えてくれたら、それを確かめずにいられない。


ほんとはあんこが食べたかったんだけど、あんこは出払った後で長く待たされるとのことだったからあきらめた。
でもカスタードもいける(またたべたい)


会場の建物を確認…したけど、まだちょっと時間が早いから時間つぶしに里に下りた。


滋賀気分を盛り上げるために平和堂(岐阜〜尾張北部ではめずらしくないけど)を探し


デカいのはいいんだけど、大型スーパーの古い建物って、キレイにしててもトイレがだいたい不便…例にもれず便利ではなかったが


デカいので十分にたのしく、うっかり買い物しそうになるのであった(食品売り場でなくてもスーパーだいすき)。

盛り上がり過ぎてもいけないので、会場に戻る。

到着した障害者施設のギャラリーがライブホールで、待ち合いに作業所を開けていてくれたのだけど


かかってる曲がチェッカーズで「ファンしか来ないのにこれはよろこばれるのだろか…(気持ちはありがたいけど)」という気持ちになったりした。


ライブはそんな会場であったのも相まって、とてもあたたかいものでした。
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3914



帰り道8号線に出るまでに晩ゴハンたべりゃよかったんだけど、しみじみしてる間に8号線に着いちゃって、その頃には混んでる時間だったから、近場で来来亭と相成った。

半ば意地で滋賀気分を盛り上げといた。


ドライブたのしい。マーさんよかった。
| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:35年分の愛を叫びに行ってくる〜滋賀編〜
旅:ふらり、気ままな京都ツアー
「真珠庵で襖絵が見たい」以外に何も決まってない旅に出ました。


View this post on Instagram

窓に虫がへっついとった… #イマソラ

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -




連休の中日とはいえ、混雑は予想できるので早めに家を出ようとしたのに、割とのんびりめに家を出てしまいました。

写真はあまり関係なかったけど、高速走行してるのに飛ばされない昆虫すごいぜ!になってるとこ。


そんで目標到着時間に到着できなかったので


かなり落ち着かない状態のまま拝観終了。


もうちょっと大徳寺エリアで散策したかったが、言われるままに落ち着かない観光ツアーの日なので

View this post on Instagram

川と♡

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


標識見て気になった方向へクルマを走らせ上賀茂神社へ行ってきた。

10月の(本来なら)気持ちのいい季節だし、大安だしで新郎新婦を何組か見かけた。
暑いけどお天気でよかったですね。
あと七五三のちびっこもいた。

「式年遷宮」の看板をいくつも見たので、新しいのか仮設なのか作りかけなのかわからないお社にお参りしてた。
からすみくじかわいかったけど受けなかった。


日差しが出て暑いのに川が流れてるから、ときおりひんやりした空気がやってくる。

気持ちのいいとこだった。


「伏見稲荷行きたい」と言われたので向かうが、何か祭事で駐車場が使えず。
コインパーキングももちろん空いてない。

なので行きたいひとだけ降りてもらって、近くのコンビニでアイス買って食べていた。
クルマ置いてアイス食べれそうなとこはコンビニくらいしかないという理由なんだけどね。

適当なコンビニに到着するまで混雑で進みにくかったのもあり、アイスたべおわる頃にお迎えの呼び出しがかかってくるのであった。


午前に真珠庵を案内してもらってるとき「ここら辺の標高は東寺の五重塔くらい」と言われたのを思い出し、東寺へ向かう。
迷走コースも自家用車の旅ならではだね。


植物的なタイミングとして、キンモクセイのニオイくらいが良くなかったんだけど、桜も紅葉もひとのアタマ見に行くくらいなんだろうな…と想像できた。
夏に来てたらハスと青い葉っぱがたのしめただろうな。
それは見てみたかったなー。


運転ばかりしてたような気もする京都旅だけど、観光が目的なのひさびさだったのでたのしかった。
こんどはゆっくり来たい(熱望)。
イベントのついでにしちゃうとそれも落ち着かんけど、つぎ来るならイベントのついでだろうなー。


そういえば、きょうの感激。


地のひとで、ちょっと年配の方のことばを聞けるのって、都会でも田舎でもとてもうれしい。
お育ちが良さそうだと尚うれしい。
おハイソな方々って普段の生活に馴染みがないのもあるけど。


たぶんわたし自身、両親は他県出身だから出身在住の地と方言ちがってておかしいし、東海3県はメディア情報は基本的に名古屋なもんで方言というと名古屋弁混ざるし、高校も県内のいろんなとこからひとが集まってたので美濃地方の方言でもいろいろ混ざってたし、余計そう思うんだけどね。


なるほど土地のひとと触れ合うたのしさだな。
旅の発見…いまごろだけど。


| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:ふらり、気ままな京都ツアー
旅:35年分の愛を叫びに行ってくる(後編)
921お祝い旅で寝落ちしたののつづきです。

といってもこの日は帰るだけ…なんだけど、新幹線を夕方の指定にしてしまったので、軽くこまる土曜の朝。


何度も前日のデキゴトを反芻してるとき、ちょっと前に友人から「滋賀にマサハル来るよ」と聞いていたの思い出してきて


30日はマーさんを観に行きたくなってきた。
そらーフミヤライブのゲストにアブラーズが出てくる(その逆もある)35周年なのに!
マーさんも観たい!うたってるんだもの!
と、もりあがってきた。
(チケット予約したった)


コンビニで買ってきたオレンジジュースとか飲みながら予定を立てようと思ったとこへ


朝ドラの時間が近いことに気がついてNHKオンデマンドに100円払い、あわてて金曜日の分を見たのちに午前8時を迎え


朝ドラ終わってチコちゃんの再放送始まったとこで何も予定立ててないことに気づき


もう若干顔色悪いままで1日過ごすことにし


チェッカーズとフミヤとアブラーズに浸ってたけど、しっかりコレ活してたりして、無事に荷づくり完了してチェックアウト。


旅先の朝といえばモチロン


旅先コーヒーショップで映画で見たような食べ方でゆでたまご食べてる外国の方に出会ってちょっとテンション上がったりした。


昨年の旅のリベンジを果たしに(?)太田記念美術館へ。
没後160年記念 歌川広重 at 太田記念美術館
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3899



これを書いてるころに思い出した。
デザインあ展へ行きたかったんだった。
すっかり忘れてた(痛恨)。


しかし当時のワタクシは思い出すこともなく、ザ・コレ武道館の頃に公式さんが投稿してた「Pの聖地巡礼」シリーズで上がってたお店へ行ってきた。

ぎょうざの満州(店舗指定)


…おナカ空いてるといろいろ目測謝るシリーズの最新作になっていた。


そんで、デザインあ展が思い出せないままだったので、山手線で仮眠をとりつつ(またかい)上野へ。
[世界を変えた書物]展 at 上野の森美術館
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3898

無料の展示イベントはなるべく東京では行かないことにしよう、ということだけ確認できた。


でもまぁ、せっかく上野に来たので

View this post on Instagram

わんわんおった。 #イマソラ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


SEGODON(軽快に)を見てきました。
わんこの後ろ姿まで写真撮ってきたよ。
西郷隆盛というと何度かに1回「さいごうた・かもそう」思い出してしまう…。
大和和紀め…。


なんとか新幹線の時間が近づき、東京駅へ。

帰りもグリーン車で(なんとなく記念日ツアーはグリーン車乗ってる←コレの武道館のときはやむなしだったけど)


オマケのお茶が欲しかったので、エキュートとかのかわいいおべんとうじゃなくて改札内のおべんとう屋さんで選ぶ。
でもまぁ。
こないだのタモリ倶楽部見て以来、シュウマイ食べたかったのでちょうどよかった。


帰りもこだまだからアイスやって来ないし


エキュートでかわいいやつ買ってきたけどな。


しかし切符を買った自分の都合ではあるけども


列車の変更できないので時間まで大変だったり


長時間移動で疲れが顕著に現れたりしてたので、JR東海ツアーズの新幹線付き宿プランの旅でも、予約時にひかり分の差額出そう…と思うのでした。

乗ってた列車が名古屋行きじゃなくて新大阪行きだったは、なんとなく悔しいポイントでしたけどね。
(ぎふはしま…)
今回も倒れたりすることなく、無事に旅がおわりました。

あすへの活力。



そんで後日


どうやってチケット代うまれたのか自分でもわからないけど、チケット代振り込んでた。


あとオマケ。


太田美術館の地下には、かまわぬの店あって、原宿限定のてぬぐいあると知ったら欲しくなるやんね。

虎子石ちゃんなでなでしたかったので、ぬいぐるみあったらシアワセだったなぁ。

まあいいや。今回も東京楽しかったです。




| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:35年分の愛を叫びに行ってくる(後編)