しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

アンティークレース展 at 渋谷区松濤美術館

〜7月29日


ダイアン・クライスさんのコレクションらしいです。


午前中に行ってきたショーメと世界かぶるので、同じ日に見れてよかった…。

レースとか刺繍とかダイスキだけど、そういえばレースってどうやってつくられるか技法についてマッタクしらんかった。
レース編みってのがあるんだから編むもんだろうと思ってた。
いや、それだけじゃないというのは、うすうす気づいてたけど(うすうす?)。

なので、こういう道具でこうやって作られてレースが始まりました、というのが見れてとても興味深い。


それが時代がすすみ、位の高い人に用いられるようになっていったことで図案が複雑で華やかになり、あたらしい技法がうまれいくのがレースを見ていてよくわかる。


ひとつめの展示室は、レースそのものが展示されてるのが多かった。
ふたつめの展示室には、生活というかキリスト教と密着してたのが服の形になってた。


第一次世界大戦の連合国の紋章が入ったテーブルクロスとか、時代と政治の関わりは、図案が具象化してくるので、中世の貴族向きのそれとちがうけど、ため息が出るほど細かい。


とか言いつつ、いちばんインパクト強かったのは、扇(けっこうデカい)の骨が真珠質のやつであった。
べっ甲はカメのサイズを考えると別におどろかないけど、30cmはあろうかという骨が作れるほどデカい貝かぁ…と天を仰いでしまうほどでした。



| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - アンティークレース展 at 渋谷区松濤美術館
ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 at 三菱一号館美術館


〜9月17日まで


はーうつくしかったー。

宝飾品もだけど、デザイン画も。
イラストっていうかポスターのような配置のうつくしさ。

鏡を使ってるので、ケースの前をぐるぐると覗かなくてもよく見えるとか、ライトの当たり具合で背景の黒地に宝石から反射した光が映ったりとかの、作品を見せるアイデアもステキでした。

映像を使って、ちょっと気持ちを切り替えることができる展示方法とかもよかったなー。
なんせ、小さく緻密な作品ばかりで目から入る情報多過ぎるからね(うれしい悲鳴)。


青木光恵のまんがじゃないけど、40代になったらハイブランドとかハイジュエリーが似合う大人になってるもんだと思ってました。
おカネがあるなしではなく、そういう大人になれるものかと思ってたっつーか、

贅を尽くした服飾品は見ててシアワセになれる…。





| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 at 三菱一号館美術館
at 岐阜県美術館

展示2の時代と画家のコーナーがルドンから山本芳翠に変わってました。

沖縄の景色あれだけ並べるとパノラマ写真のように空がつながっててステキ。

しかし版画や本の装丁など印刷されたものダイスキですが、印刷物をスキャンしてプリントされたものはテンション下がる方です。
このシリーズどの絵もアミ点がよく見えてたので「原画はどこに…」となっておりました。


きょうもムンクの描く女サイコーだな!ってなったり、田中比左良のイラストエッセイ食い入るように観たり、ロダンのイブの肉感に大理石の肌でもそっと触りたくなったり(あかん)とてもたのしかった。


岐阜県美術展(県展)から岐阜県青少年美術展と変わってたのを、曝涼展のとき(さいきんやん)に知り、展示されてるのをこないだ知ったので観てきた。


もう「子どもがいっしょうけんめい」ってだけで泣けるお年頃のワタクシ。
幼児の部から大盛り上がりにたのしかった。
あのプリミティブさにはかなわん。

小学生くらいになると、フツーに上手い子、プリミティブな魅力ある子、まんがとかの模写でちょっと絵が上手いから知識が邪魔してくる子とか並び始めてて、これはこれでニヤニヤくる。

中学生になると何かに目覚めて2、3年後の自分に呪われそうな世界入った作(いわゆる中二病的な)品作る子とかもいて「わかるわかるー」ってなってたり。

高校生青年の部になったらその世界の表現の完成度上がってきてるし社会風刺入れてみたりしたくなるしで「あったあったー」ってなったりしてきた。


書のとこは作品そこまで多くないから青年から幼児まで、ほぼいっぺんに見れて興味深くながめつつ圧倒されたりして。

けっこうオーバーヒート気味になるほどたのしかった。

つーか、中学生とか多色刷りの版画作品いくつもあったんだけど、いま美術で習うの?
そうだったら、なんとうらやましいことやろか。



あとそういえば、所蔵品展て知ってる作品も思わぬ組み合わせで観れるから見逃してたのを発見できるなぁと、気がついた。


そんでこういうことになる。

「山本芳翠のすばらしい作品」じゃなくて「神々しいような裸婦」に重要文化財が与えられたかのような錯覚におちいるというか(おかしい)。

油絵の洋画ばかりのとこにあったのなら見落とし続けてただろうなぁ…。

そんなたのしい展示たち、県展はあすまで、明治150年展は8日まで。
間に合ってよかった!


| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - at 岐阜県美術館
ボストン美術館の至宝展 at 名古屋ボストン美術館

〜7月1日


市民会館でグッズ買ってライブの開演時間までへんな空き時間があるのは「金山におるんだしボストン美術館行ってこい」ってことなんだろう(きっとそうだ)。


ボストン美術館でボストン美術館の至宝(しつこい)。

おかねもちコレクションていろんなもの見れるからたのしい。


混んでたし音声ガイドは借りなかったので、さらっと好きな感じのとこだけ流してきた(ぜいたく)。


紀元のさらに1,000年2,000年前からあるような金属や焼き物がいまでもうつくしく見れるってすごいよなー…。
デカい陶器のビーズの緑がキレイだったー。
オリックスって動物の名前やったんやねー(そういう小さなツボがあった)。
クチが「あー」ってあいててかわいい(かわいい)。


涅槃図の迫力(サイズと密度)とかポスターにも使われてた龍の絵とか、もうちょっとのんびり見たかったかな。


いろんな時代のやつたのしー!とか言うけど、やはりエッチングや白黒の写真はアガる。
展示してあった写真はコントラストの強いプリントだったからか、エッチングの方が写真に見えて、写真の方が版画っぽかった。

その写真の展示してある部屋に映像の作品があった。
(サム・テイラー=ジョンソン、静物)よく絵画で見るような、テーブルに果物の乗ったカゴが朽ちてゆく様子を固定のカメラから見てるっていう。
白カビがふわふわと覆ったなと思ったら変色して崩れて水気も出て虫がわんわんくる(早回しでよかった)。


古典モノと現代アートをつなぐのにおもしろい演出だなぁと思いました。


村上隆の作品は好みではないが、毎度材質がアクリルとカンバスなのにはびびる。
すごいひとはすごいよなぁ(雑)。


さいきんボックスセットを短時間で味わうのが多かったので、ベスト盤とかコンピ盤みたいな深くも軽くもいける(ほめてる)展覧会はとてもたのしかった。


ルーラン夫妻もよかった。


次のやつも忘れずに来よう…。





| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ボストン美術館の至宝展 at 名古屋ボストン美術館
所蔵品特別展「明治150年展」at 岐阜県美術館

薬局の調剤待ちでサクッと県美行ったった(うっとり) #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

「明治の歩みをつなぐ、つたえる」
〜7月8日まで。


岐阜県美術館の所蔵品の企画展示を観に行ってきました。
アルバムをシャッフル再生したら普段聞き流す曲の魅力に気づく…みたいな感じだった。
「うおーこんなのあったっけー??(歓喜)」みたいな感じというか(伝わりづらい)。


所蔵品なので300円くらいで観れます(ステキ)。
意図的にだろうけど作品が小テーマごとに密集していた。
作品ひとつひとつじっくり…というより近代の国内外の絵画の流行(傾向?)を流れで感じ取れる。


まぁだいたいの作品は観たことありました(そらー所蔵品だし)。
つーか「あ、アンタここんちのコだったの!?」もありました。

ルドンの蜘蛛、やっと…対面したら初めてだった気がする。
ムンクのマドンナがカッコよくてしばらく足を止めちゃった。
ミュシャの絵(花飾りを付けた娘)があるのなんて知らなかったし。
うっかり道端で好きなひと見かけたような気分。


山本芳翠の絵が中心だったかな。
やはり近代絵画の代表なんだね。
浦島図の螺鈿細工かと思えばちゃんと描かれてる真珠質もよいが、本の挿画に使われてた版画なやつもうつくしかった。
蜻蛉の絵とかパリ・イリュストレの女性たちとか。
ぺたぺたと色がキレイ(着彩がどのくらい作家の意図を反映してるかわかんないけど)だったが、線がちゃんとしてないとキレイに見えんもんね。


ルオーの壁(と勝手に呼んでる)


ロダンのイヴ越しにみるのがたまらん。
(岐阜県美術館のツイート)



19世紀終わりから20世紀にかけての濃くて暗い(ほめてる)絵ばかりの中、藤田嗣治の乳白みるとなんだかそこだけぽわーっと明るくみえてええね。


普段より多めに黒いルドン観れた。
色鮮やかなルドンすきなんだけど、まっくろいルドンもやっぱいいよな(ほくほく)。




外にいると日差しが強くて暑かったけど、とてもいい天気でもうちょっと居たかった。


個人的にルドン部屋と呼んでる展示室にある、ゴヤの気まぐれシリーズのエッチングが見てて気になった。
キャプションはあるけど細かい解説はないので「テーマとかあとで調べよう」と思い展示室を出る。

ナンヤローネショップ(ミュージアムショップ)の入り口に図録が割引されて平積み。
そこにゴヤ展やったときのであろう図録があった。
さっきそこで展示されてたシリーズ含むやつじゃないですか!
定価の1,000円でもまぁ高くないが、半額の500円になっていた。



うわー反則やわ(しらんがな)。
まぁ買ってまうよね(だからしらんがな)。


さらに会員になれば常設展示は無料で観れる後援会にまで入会していた。
まぁいいや。
これでちょっとずつ来れる。
またヒマというかスキを見つけて行くとしよう。
| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 所蔵品特別展「明治150年展」at 岐阜県美術館
没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界

はーやっと観れた…うっとり…。図録買っちゃった…。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

〜6月10日
at 目黒区美術館



すごく観たかったので、やってる間に東京行く用事あってよかった。


「本のしごと」なので、絵だけで完結しない。
本もたくさん展示されてた。
うっとり。

そして油絵じゃなくて版画作品が多かった。
うっとり。


日本昔話のフランス語版みたいなやつで、線画の亀とか波とか和風なのに、版で色を重ねてっても浮世絵みたいにならず洋画になってるっていう、フシギな日本画を見た(うまく説明できない)



展示はそのほか手紙がたくさん。
親友に向けて、妻に向けて、ビザを発行するGHQの人に向けて、宛先はいろいろなんだけどね。

文字も少なくない手紙に絵をそえるから、そういうエッセイみたいに思えてくる。
本文に組み込まれてるっつーか、絵が先なのか文が先なのか。

そんなプライベートなものも多く、くすりとくるのがたくさん。
「君代(最後の奥さん)が大好きなのはわかったから」って、あきれちゃうわよ(ほめてる)。

藤田といえば、みたいな感じでか、毛がやわらかそうなネコの絵も多かった。


で、つまるところ「エコール・ド・パリ」な世界が好きらしい。
午前0時に黒いクルマがこないかな(しつこい)。

図録買うほどうっとりでした。


| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界
曝涼展 at 岐阜県美術館
〜5月20日

前期展も行きたかったなー。


今年の11月から岐阜県美術館が改装のために閉館するので、その前の虫干しだそうです。
本来バックヤードで行う、虫干しや作品の状態調査の様子が、展示室で見れてとてもたのしかった。


順次調査や燻蒸をする作品が展示室に並んでいた。

作品をたのしんでもらう目的ではないので、解説はない。
お客さんが目録と照らし合わせできる番号が共に掲示されてるのみ。
細かいシワなど作品の状態が分かるよう照明も作品に向いていない間接照明だし、なんなら作品によって下ろされてたり裏返ってたりしてました。
(すごく見たい絵じゃなくてよかった…って好きな絵のタイトルや作家名覚えとらんだけど)


燻蒸といっても、薬品などで燻すワケではない。
ブラック・ジャックが野外で手術するときみたいなテントの中に作品を入れ、虫が生きていけないよう窒素を充満させてしばらく置いとくらしい。


作業は展示室で公開されていたが、特に何をしているかという解説するひともいないので「おじさんなにしてるんだろ」とか「おねーさんなにしとりゃあすの」とか気になって、そばにいた監視係さんに質問したりした。
分かる範囲で答えてもらえた(ありがたい)。

作品に負担がかからないよう、ボンベから直接窒素流し込まない(ホースが何か計器のような箱に刺さってたのについてたずねた)とか、薬剤使うと虫は死滅するけど環境のことを考えて薬剤を使わず窒素にしてる…とか。


熊谷守一の絵は好きなんだなと気づいてきた。
鯉のぼりの掛け軸かわいかった。



そしてフツウの所蔵品展も見てきた。


さきほどの曝涼展を経て正しく(?)作品展示してあるのを見ると「作品にライト当たってるって、なんて絵が見やすいんだろう」と感激できる。


◎坂倉新平
◎オディロン・ルドンほか外国絵画
◎杉山半次郎コレクション、
◎志野焼いろいろ


などのお題目。


杉山半次郎コレクションの杉山半次郎は萬松館のひとらしい。


外国絵画のコーナーで、iPad使って絵の裏側、紫外線で見たやつ、赤外線で見たやつ、X線で見たやつなどが見れる作品があった。
X線で見ると重ね塗りというか描き加えというか描き直し具合がよく分かる。
奈良美智もかなりそんなんなので、「アクリル絵の具でも見えるのかしら…」と考えていた。

去年のルドンコーナーでも見たっけ。
X線写真が展示してあっただけやっけ。
まぁいいや。


所蔵品といえば、ロビーには立体物がある。
あのひとは見たことあるけど、あのひと知らん…。
気になったので、受付のひとに聞いたらロビーの作品も入れ替わりはあるとのこと。
ついでに、ロビーの入口横にあったイメージまでわいてきた佐藤慶次郎のススキについて聞いたら「あれはあまり出てない」とのこと。
えー。そうだったのかー。

県展とか卒展とかでよく出入りしてた頃に展示してたのかなぁ(20年以上前)




県美のまわりは森っぽいので、新緑のこの季節は気持ちがいいんだよね。
お天気もよくてよかった。



| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 曝涼展 at 岐阜県美術館
岐阜県美術館 所蔵品展

世紀末のパリ
開館35周年記念 山本芳翠展
うるはしの工芸
めでたし、金屏風

などのお題目で所蔵品観てきました。

世紀末のパリ(好きな6文字)に釣られて行ったけど、山本芳翠の絵もおもしろかった。

ルドンのクモも、眼をとじて(パステルの方)もいま旅に出てるっぽい。気がする。
白黒の方はおった。

聖ヨハネの黙示録の連作とか、マックス・クリンガーの版画集とか黒い黒い作品多くてたのしかったー!

ロダンの大理石の作品とか360ぐるぐるしてきたった。


美術展好きなんだけど、情報多くて忘れちゃうので、所蔵品展行くと「ああそうこれこれ」「このやつかわいいんやった」など、再会をたのしんでいる。

企画展の内容によっては所蔵品展までたどりつけないので「やぁひさしぶり」「あんたおったっけ」みたいな感じになる。


昨夏はルドンのパステル画を中心にしたの観てたので、白黒したの多くてちょうどよかった。


山本芳翠の教科書の挿画のとこで、役物の扱いが現在とちがうので気になって、好きな絵を観てるときより長い時間食い入るように観てた。


金屏風コーナーにいた仔犬の絵に、えんぴつ?で指示のようなのが書いてあって、仔犬のほわほわ感に目を細めつつも気になってしょうがなかった。
色とか塗り込みの指示っぽい感じ…。

きょうものびのびたのしく鑑賞できてよかったよかった。
(唐突なまとめ)



| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 岐阜県美術館 所蔵品展
毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)

もうどくつー! #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

〜1月21日
at パルコギャラリー

「毒見、おかわり。」


前のもうどく展から1年半くらい経つとは。



今回は哺乳類いなかったけど、キレイな生き物、見た目も怖い生き物たくさん見れました。


今回も写真おっけー(フラッシュNG)。

照明に色ついててキレイなのもあるけど、毒のある生き物はキレイな色してる。



クチも青いおさかなに見惚れておりました。


(クラゲの毒レベルわすれた…)

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


クラゲはいつどこで見てもいいね。


アウトラインしてパンク・膨張とかかな…(そこかよ)

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

印刷されたもの見るとつい気になっちゃうやつとかもね。

このマットほしい… #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

あっ。
メインのエイの写真撮り忘れた。


とてもキレイなしろくろのエイ。
ポルカドット・スティングレイというらしい。
そういう名前のバンドもあるらしい(ぐぐったら出てきた)。


しろくろといえばヘビにキレイなしろくろのやつもいたな…。
高いところと同じで囲われてたら割とどんな生き物もたのしく見れるけど、ムカデの仲間とかヤスデの仲間はサイズだけで怖かった…。


たのしかったので、次回もあるといいなーっつーか、また水族館行きたい。



| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)
nuwasu かかみがはら個展 at ギャラリー&カフェ 204
〜12月24日(月火定休)


各務原にあるカフェ204(番地が店名?)へ、ぬいぐるみ作家nuwasuさんの生き物たちを見に行ってきました。
あたらしめのカフェだった。
わたしの親くらいのお年頃のご夫婦がやってる。
ギャラリーやワークショップ、ミニライブなどのスペースが半分くらいのとこだったので、作品ががっつりしっかり見れる。

ご主人が「いままでこういうのやってきたんですよー」とアルバムを見せてくれた。

ここで作品見てみたい作家さんの顔が浮かぶような。
川沿いだけど。
バスでの手段はワカランが、クルマでは木曽川の堤防降りたとこであった。
(トンボ公園越えてアクアトトの標識越えたとこだったから川島だと思ってたけどもともと各務原のとこのようで…なんだかすんません)

ちなみに、ギャラリーに重きを置いてるのか、メニューはさっぱりしてた。
でも作品や外を眺めつつコーヒー飲んでて居心地悪くないのいいぞ。


敷島珈琲店での展示のときにも感激した、子を産むぬいぐるみがいた。
ペンギンのあでりさんが見本含めたくさんいて、サイズ的にも1羽ずつぎゅっとしたいくらい愛らしい(やめなさい)。

ちっさいのおっきいのもいろいろ、敷島珈琲店のときは海の生き物をテーマにしてたし、徒然舎にいるのは小さな置物系だしなので、nuwasuさんのだいたいの作品が見れるんじゃなかろうか。


ちょうど在廊中だったので、挨拶というか一方的な自己紹介というか、しろくまさんと対面というかをさせてもらった。

会場は写真撮影も投稿もおっけーとは書いてあったけど、ぬいぐるみたちとからめてと構わないとご本人が言ったので

遠慮なく…調子のるっつーか。


まぁ、ぬいぐるみは、さわりごこちも重要なのでありがたい(デカいの買ってないけど)。
綿カッチリ詰めてそうだけど、けっこうふっかりしてる。

はわわ…。

アタマの中ではずーっと置き場所について考えていた(ぬいぐるみ好き)。
いやいやおちつけ。
おちつけ俺。


カエル氏という手足がなくてもカエルに見えるちっさいぬいぐるみがあり

カエル氏にあそんでもらってます #ぬい撮り #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

ちょっとあそばせてもらったら

いっこ気に入ってしまい

となりのお盆のちびっこも気になってしまう。


結局連れて帰った。

ぬいぐるみかわいい(うっとり)。




| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - nuwasu かかみがはら個展 at ギャラリー&カフェ 204