しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

山岸凉子展「光-てらす-」-メタモルフォーゼの世界-(後期)

京都にきています。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


at 京都国際マンガミュージアム
〜9月3日まで

何人かのまんが家さんの原画というか生原稿見てきたけど、ホワイトを光にしか使ってないのは初めて見ました。
大感動。


白黒の原稿なんて版下として機能すればおっけーやん?みたいなのとか、ホワイト入り過ぎてて「切り貼りした方が描きやすくないですか?」みたいなのとかを見てきた中、ベタ部分見なきゃ印刷物かと思うようなうつくしさやった。

カラー原稿でも「わぁ、こんだけホワイト入れてても分解して印刷するとメリハリよくついてわかんなくなるんだ」と思いつつ秘密に触れた気分で感激してたのに、そのまま額装して飾る絵画のよう。


アラベスクとか日出処の天子がやはり数多く展示されてたけど、出会いの作品「月読」の扉絵と中の原画が展示されてて、とてもうれしかった。
30年ぶりの再開。

その号のASUKAの表紙イラストはなかったけど、本が展示してあって「そうそうこれこれ」ってなったので、めっちゃ読んでたんだよな。
買ってたのは姉だけど。


ASUKAで読んでたので、社会問題とか環境問題とかを心にちくちく刺すような(しかも意外と深手負う)作品やエッセイものに多く親しんでいたワタクシ。
(大人になってから妖精王とかアラベスクを読んで、ますます好きになったのだけど…)


たまに見かけた、色のフィルタかけたような絵は、色のついた紙(マーメイド紙っぽい)に肌を白く描かれてた。
そうか、その手があったのか…(何)。
ずっとため息がもれてた。うっとり。

マンガミュージアムのオソロシイとこは「これって前後どうやってこんな場面なんやっけ?」ってやつが、確認できてしまう。
時間泥棒にさらに盗まれてゆく。
ええ、みすみすと。


おかげでこんなんでした。

しかも暑さの頭痛がひどくなってて倒れるかと思った。
まんがこわい。
や、気をつけます。




| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 山岸凉子展「光-てらす-」-メタモルフォーゼの世界-(後期)
奈良美智 for better or worse

もう並んでる…チケット買ってきといてよかった… #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


奈良美智 for better or worse
works: 1987-2017
豊田市美術館
〜9月24日


「海外から集めるのたいへんだったんだから」と本人が言うほどの作品が集まってたらしい奈良美智展行ってきました。

印刷物でもよく見るけど、原画はとてもデカいというのが多いので、筆使いというのはまぁそうとして、まつげや瞳に細かく入ってる光まで見れて感激。
立体作品には小屋まであったり、展示室ごと作品のようになってたり、とてもたのしかった。


常設のも観てきた。
クリムトの絵に合えてうれしい。

ついでに高橋節郎館も行ってきた。
漆塗りの衝立とか、そんなデカい漆器見たことないので、とてもびっくりした。
こんな面積の螺鈿細工見たことないし。
すてきやった。

やたら敷地が広く建物が離れてたので、両方たのしめた。
だいたい企画展で容量オーバーな感じになってまうのでね。


ミュージアムレストランは混雑してきてたので、おやつでカロリーを取っといて、おとなりの市民文化会館へ移動。


奈良美智氏の講演会に。
大きなスクリーンがあったので、写真見せながら解説してた。

作品の話より、昭和30年代〜40年代の青森の写真を見せつつ昔話をしてたり、青森の好きなところの話だったり、子どもの頃の話だったり、長久手時代から現在までのアトリエの写真だったり、海外に行ってたときの話だったりだった。
「あー懐かしい」と何度も言いながら。
「絵の話より、どういうモノを見てどういうところから作品になるかって話の方がいいと思うんだよね」
「みんなある年齢から同じ教育を受けてくるんだけど(家庭だったり時代だったり土地柄だったり)その前に体験してたこととかが発想の土台になったりすると思う」
などの発言が印象に残る。

「緊張してる」と言ってたのが最後の20分くらいのとこで「調子乗ってきた。いまから3時間くらい喋れそう」とか言い出しておかしかった。

その最後の方に「ひとつの絵が完成するまで」というスライドをいくつか見せてくれた。
1枚の絵を描き上げるまでに2回くらい描いて塗りつぶしてたのには、たいへん驚いた。
わたしもそういうモノの作り方するほうだけど、規模がちがいすぎる。
わたしの場合、袋とかの縫い物だけど。
って、仕事でもいっぺん仕上げ手前くらいまできて、ちょっとちがうものに仕上げてること多いわ(おい)。

「まわり道をしても、いい作品を仕上げるためにムダな作業じゃない」
って。
規模がデカすぎるけど。

そしてよく写真を撮る人だとわかった。
メモ代わりっていうかメモなんだろうな。


大ホールの催し物!あーたのしかったー! #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


「この写真をもとにした習作飾ってあったでしょ?」とか「これを塗りつぶしてこうなってこうなった作品も(展示して)あるんだけど」とか言われて気になったので


2周め行ってきた。


アクリル絵の具で厚塗りしてる作品には見えてたけど、淡い色もあそこまでの厚塗りだったとは想像もできてなかったわ!!!
という確認をしてきた。

ブルーシート白く塗ったようなとこに絵が描いたったやつあったけど、よく見たら麻袋的なものとか布っきれのようだわ(たぶん)という確認とか。


1回めに見てたとき、bloodthirsty butchersのロゴの入ったギターケースが添えられた作品がなんとなく気になってて。
「最初こうだったんだけど、こうしてこうなった。ギターとかそこ(アトリエ)にあって、ブッチャーズの曲聴いてたらこういう絵が描けた」と言ってたのがそれで。
前髪で目が見えず、唇を噛む歯が見えてるっていう、ほかのとはちょっとちがった絵だったのだ。
ちなみに制作は2014年だった。

第1展示室の出口に謝辞のパネルがあって、朝はスペシャルサンクスの中に「増子直純(怒髪天)」を見つけて仰け反ってけど、夕方はその最後に吉村秀樹を見つけて、何もわかってないけど答え合わせできた気分になった。
吉村が最後なのは五十音順なんだろうけど。



なんとなく乗せられた気分だけど、ユリイカ買ってまった。
袋がほしかったからグッズ買おうとしたけど「この絵のグッズあったら買おうー」ってやつがグッズになってなかったので、あきらめた。


外に出たら、おいでん祭の花火客でいっぱいだった。
丸1日美術館におったの初めてだわ。
がっつりたのしんできたった。


| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 奈良美智 for better or worse
映画:ミッシェル・ガン・エレファント THEE MOVIE -LAST HEAVEN 031011-

爆音映画祭
BAKUON FILM FESTIVAL
in 109シネマズ名古屋


名古屋で初の爆音上映で、2010年2月に劇場で観たっきりの映画を観てきました。

DVD持ってるんだけど(たぶん)こわくて観たことない、ミッシェル・ガン・エレファントのラストライブのやつ。


ひとりで観るのこわかったので、前いっしょに劇場で観た姉と。
ちなみに彼女は、ラストツアーのレインボーホールで抜け殻になったわたしを保護したりもしてた。


前に観たときは、うずうずもぞもぞしてる人が多かったけど、きょうはじっと噛みしめてる人が多かったという印象。
なもんで、わたしもしんみりモードになってた。


4月にTHE King ALL STARSとThe Birthdayの対バンを観たので、いちいちじわっといまの姿が重なる。
30ちょいのメンバーのアップのときに50前のカオが。
でも当たり前だけど、アベフトシだけがそのときの若いままの姿しか見えないのが、余計しんみりさせた。


そんでこれ書くために、前に観たときの日記読み返して、同じとこで泣いてたことがわかった。
しゃーないなこれ…。
インスタのコメントに書いたけど、音がデカい分ひとりの世界に入ってってた。
声はあげなかったけど、ココロのままによく泣けた。


で、やっぱり「かっけええええええ」ってなるほど「このバンドもうないんだ」ってのがかなしくなってきて、2009年のときより2003年に近い気持ちで抜け殻になってた。

観に行ってよかったけど、またミッシェルの解散の瞬間を見届けて(勝手に受け取って)しまったので、つらい。
でもたぶん同じ演目の上映あったら行くんだけどね。
まぁ、ずっとミッシェルが大好きだ。


| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:ミッシェル・ガン・エレファント THEE MOVIE -LAST HEAVEN 031011-
映画:美しい星

そういえばこれ観てきた。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



長いこと積読してる本のひとつが映画になってたので観てきました。
橋本愛、フシギな美人似合うなー。



去年の「ぼくのおじさん(北杜夫)」みたいにちゃんと現代モノになってすごいと思った。

積読してるので、まだほとんど読んでないんだけど、これから答え合わせみたいに読んでったらたのしいだろうな。
「このエピソードのための問題が元はこうだったのか」とか。


あと、亀梨くんってカッコいいんだね、と思いました(初めてちゃんと観た)。



| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:美しい星
映画:マンチェスター・バイ・ザ・シー

割とこういう映画スキなんだよな。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



海辺の話なのに、どんより曇った冬の空の映画でした。


マンチェスター・バイ・ザ・シーというのがアメリカの地名であることも知らずに観てたくらいの無知っぷり。


兄の死をきっかけに、辛い過去から逃げるように出て行った街へ戻ってきて、甥の後見人に指名されてるけどどうしよう、っていうお話(雑)。


回想と現実とを行ったり来たりしながら、乗り越えられない過去と向き合い、前に進む道を探したり見つけたり。


わたしがリーの立場でもこうしたかな…叔父さんと叔母さんじゃまたちがうしな…。
「もうちょっとあの子の話を聞いたげて」とか思って観てたくらいだしな。

パトリックがちょっと悪いやつだけどいい子なのがまたツラい。
どうなってしまうのか、はらはらした。

でもみんな前向けるようになってた。
そんなココロ軽くもならないけど、重たいまま終わらなくてよかった。

| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:マンチェスター・バイ・ザ・シー
映画:メットガラ 〜ドレスをまとった美術館〜

はーやっと観れたー。ありがとうCINEX。 #メットガラ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -





メトロポリタン美術館の服飾部門のキュレーターと、アメリカのヴォーグ誌の編集長のふたりを中心にしたドキュメンタリー。


涙が出るほどうつくしいドレスにみとれてたもんで、字幕あんま読めてなくてパンフ買っちゃったよー。



「鏡の中の中国」展の内覧会の場面。
ジャン・ポール・ゴルチェが、展示物に感激するなど素直な反応してて、洋服だいすき!感満載で、かわいらしくて笑ってしまった。


展示保護される古いドレスたちも良いが、ガラ招待客の各界のすごい人たちの新しいドレスに深いため息出た(うっとり)。


「ファッションはアートか?」というインタビューで、カール・ラガーフェルドが「とんでもない。ココ・シャネルはアーティストじゃない、ドレスメーカーだ」と言い切ってるのもかっこよかった。


「鏡の中の中国」展の芸術監督のウォン・カーウァイの言葉がやさしいのに強くてグッとくる。
毛沢東と仏陀の提案の辺りで、ぼんやり嫌悪感を抱くのはわたしがアジア人だからなんだろうか…とめずらしいことも考えた。


いろんな立場の人が、それぞれちがう考えなんだけど、ファッションに対する愛と、中国の文化に対する尊敬があふれてて、とてもステキ。


そんで「鏡の中の中国」展がワールドツアーすればいいのに!!と思うほど観たくなる。
せめて図録で!みたいよー!!(うおおん)


| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:メットガラ 〜ドレスをまとった美術館〜
ベルギー奇妙な系譜展 at 兵庫県立美術館

これ観てきた。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



〜7月9日


カタカナに弱いので作家の名前は覚えられないが(得意げに)こういう世界の絵は好きだ。

セリフっぽい。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



白黒の絵の辺りを眺めつつアスタロトとかベールゼブブいないかなーと思うくらい、奇妙な生き物(魔物なのかなんなのか)とその世界で魅入ってしまった。
まぁ、元ネタの一部なんだろうけど(しらんけど)。


後半は現代美術的な不思議の世界になってた。
ネコへのインタビュー(音声のみ)があり、質問内容とネコの返答を書き起こしてるのを見ながら聞いてたら笑えてきた。
じわじわと尾をひく。


作品数も1点辺りの絵の密度も多いし濃いので、途中から内容が入ってきにくくなるくらいでした(伝わりづらいけど、すばらしいと言ってる)。


なんぞおる #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

こんな展示やってるからいるのかと思ったらそうじゃないっぽいカエルさん。


#イマソラ

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


そして建物カッコイイ…。



えんぴつとシートを持った親子連れを複数見かけたから、子ども向けの企画があるんだろうな。

何も考えずに見たい方だけど、いちいち「これ何?」って見るのもおもしろいかもなー。


| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ベルギー奇妙な系譜展 at 兵庫県立美術館
映画:カフェ・ソサエティ(字幕)

あーもーウッディ・アレンだいすきー! #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



ウッディ・アレンお得意の、かわいくおかしくせつないラブストーリーでした。
予告編に出てくる「ハリウッドに酔いしれて、ニューヨークに恋をする」ってコピーが出てくるけど、そんな感じ。


純真で不器用で情熱的なボビーが、ハリウッドで忘れられないヴェロニカに出会って、ニューヨークでバツイチのヴェロニカと恋に落ちてた。

しかしハリウッドのヴェロニカには恋人がいた。
それが現れたときは、まぁ、想像できる範疇なんだけど、家で見てたら声が出てまうね。


ニューヨークのヴェロニカを大切に思いながらも、ハリウッドのヴェロニカの前では不器用で情熱的なかつてのボビーになってしまうが、せつなく愛おしい。


ボビーの家族もへんなやつ(ほめてる)ばっかでよかった。


それにしても殺人とかひどい場面ほど、軽快に笑いを誘うあの描き方はすごいよなー…と、毎度のことながら思うわー。
たぶん人が死んでるとこでイチバン笑ってた…。


1930年代って時代設定がまたステキ。
このくらいの時代、衣装や小物にいちいちうっとりするくらい弱点だわ。
(わたしのとこにも黒いクルマが迎えに来ないかなって感じ←別の映画)


劇場出るときせつなさ残るけど、へんな澱みたいなのが沈んでる感じじゃないやつでとてもよかった。
(じわーっと後味悪いウッディ・アレン作品も好きだけどね)




| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:カフェ・ソサエティ(字幕)
フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展

at 愛知県美術館
〜5月28日



フィンランドがどこから独立して100年なのかもわかってなかった無知っぷりでしたが、うつくしいものにうっとりするココロは同じなのでよいのです。



思ったよりムーミンのコーナー多かったけど、トーベ・ヤンソンだけでなくて、アラビアの食器のコーナーもがっつりだった。
マグのできるまでとして、元となった挿絵、トーベ・スロッテによるスケッチとそのパターン、そして完成品。
焼き物のの見本帳は焼き物だった!!
(色見本が置いてあってアガる俺)


(割とさいきんマリメッコの布っきれこんな感じで眺めた気がするけど)むはー! #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

フィンランドといえば、欠かせないマリメッコ。
展示数的にはたぶんイッタラが多いと思うけど。


あと、個人的に大盛り上がりしたのが

ボールチェアの中、住めそうな心地よい閉塞感…!(うっとり) #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

アコガレのボールチェアに座れちゃう。
ここを部屋にしたいくらいだった(できない)。


マリメッコの写真オッケースペースの側には、アルヴァ・アアルトの作品が、椅子取りゲームのように並んでいて、ベニヤをうつくしく曲げたあの椅子とかに座れちゃうっていう(うっとり)。
買えないけどいいなぁ。
ベニヤのシリーズじゃないけどハイバックになったやつよかったなぁ。
買えないけど。



ボールチェアのひとのかわいいシリーズの作品、展示室で「さわりたい…!」と思ってたら、出口にこんなコーナーできてて

うしろのみどりぃのも、なかなかフシギな座り心地でよかった… #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

なにこの焦らされ方…!!ってなった(おかしい)。
さっきのボールチェアも出口の「さわってみよう」のコーナーにありました。
そんな名前じゃなかったけど。


ショップではさっき見てうっとりしたアラビアやイッタラの皿やコップもたくさん売ってて、なんておそろしいんだと思った。

スツール60とかひとつほしくなるやんね?みたいな感じで。



や、カタログ的なやつばかりじゃなくて、エーリク・ブルーンのポスターのイラスト原画とかも、うっとりでしたよ。
(取って付けたように)


でもいまこの瞬間は、ショップにあった、かわいい缶かんのクッキーを買えばよかっただろうかと悩んでいます(そこ)。

| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展
花森安治の仕事 −デザインする手、編集長の眼

たのしかったー! #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


at 碧南市藤井達吉現代美術館
〜5月21日


言わずと知れた暮しの手帖の編集長の花森安治の企画展。
原画多数、広告の版下、暮しの手帖以外の仕事などなど。
戦時中の扇動ポスターも多数。

とと姉ちゃんあまり見てなかったし、詳しくは知らなかったので「はーこんな仕事なさってたのねぇ」と思いながら見てた。

表紙の原画がいちばん多かったのだけど、いろんな画材でいろんな画風で描いてて、モチロンひとりの人が描いてる絵だとわかるんだけど「ひとつの技法にかたまってない」ってのに、感動っつーか感激っつーか。
これだけの本の企画作ってきた人だなぁ…いろんな表現やアイディアに貪欲なんだろうな…なんて考えていた。


戦時中の扇動ポスターのあたりで、大政翼賛会の活動に山名文夫の名前があったのにびっくりした。
なんだか勝手なイメージとして、現在でもみんなが憧れるようなデザイナーとかって、そっち側の人じゃない気がしてたもんで。
うん。勝手なイメージだけど。


暮しの手帖の原画を見たあとで、花森安治が手掛けた表紙が一覧にして展示してあったので「これがこうなる!」が確認できるのはウレシイ。
絵によって「暮しの手帖」のロゴ描いてないやつとか、仕上がりがどうなるんだろうと思うやつ多かったので。



そんで美術館の横には九重味醂があり、路地も雰囲気のいいので、そのまま軽く散策。
黒い塀がカッコよかった。


九重味醂て碧南だったのか(無知) #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -




そんで碧南まで来たので、衣浦トンネルを通って帰ってった。
海!底!トン!ネル!
みたいなテンションで通ってったけど、よく考えたらトンネルなので、景色がおもしろいワケなかった。
ただの有料道路だった…(バカ)。


でも半田側に出てきたので、阿久比川沿いに見えるミツカンと国盛の蔵たちの黒い塀に「おおー」ってなったりしてたのしいドライブでありました。


あまり行かないエリアなので、こんどゆっくり行きたいなー。


| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 花森安治の仕事 −デザインする手、編集長の眼