しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< DAVID BOWIE is デヴィッド・ボウイ大回顧展 | main | 旅:春の気配か雨の東京への巻 >>
at 渋谷CLUB QUATTRO


THE COLLECTORS GLORY ROAD TO BUDOKAN COUNTDOWN LIVE
THE COLLECTORS / 怒髪天


コレクターズさんの3月1日日本武道館公演へ向けて、3週連続カウントダウンイベントというか壮行会というか。
怒髪天、ピロウズ、フラワーカンパニーズに見送られていきます。


3月1日に家族に対しても気分よく家を出なければならないので、涙を飲んできょうだけ参加しました。

つーか、怒髪天先輩のセトリがヤバかったっす。


--------------
俺様バカ一代
情熱のストレート
ロクでナシ
男は胸に…
杉並浮浪雲
つきあかり
NINKYO-BEAT
天誅コア
酒燃料爆進曲
セイノワ
--------------

俺様バカ一代〜情熱のストレートの2曲で、勝手に「先輩からいいメッセージもらった!!」ってマジ泣きそうにうれしかった。
メッセージ送ってたとしても相手はコレさんになんだけど。


長らく東京でライブやってなかったのもあってか、曲の途中、個人的に戦線離脱の4文字がよぎる熱と圧。
それもあってステージから熱と圧がやってくる(勝手にキャッチ)。


MCにて。
王子「バス見た?」
客席「みたー」
兄ィ「(王子を見て)なに、バス見たことないの?」
王子「いや、あるけど!コレクターズのロンドンバス走ってたじゃん」
兄ィ「あれダブルデッカーって言うんだよ。知ってる?」
王子「知らなかった」
兄ィ「よかったね、50になる前にひとつ知れて」

それを受けてか酒燃料爆進曲で坂さんは「ダブルデッカー!」だった。
その前のシミさんは「コレクターズの武道館行こうぜ」的なことを言ってた(内容はよく聞き取れてない)。


そのダブルデッカーはこれね。

わーい。次はクマと記念撮影がんばるるー

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)が投稿した動画 -


ちなみにクマとの記念撮影かなわずでした(信号め…)。


コレクターズの武道館には「加藤さんて人の葬式だからっつって来い」「コレクターズの武道館は一生に1回だけど仕事はずっとだろ、1日くらい休んどけ」などなど、オトナならではのススメ方してくれた。


ここ最近の活動のハナシ。
兄ィ「俺がお芝居やってる頃、楽器隊はアイドルとたのしそうに毎日打ち上げの写真アップしちゃって」
シミさん「俺たちだって砂を噛むような思いしてたんだよ」
兄ィ「まぁ、まぁな…」

兄ィ「武道館バトンはピロウズからっつるけど、ピロウズは即完だったから!ピロウズに失礼だろ!あれはやるべくしてやったことで、俺らは、できないことをやってみようのコーナーだから」
「コレクターズに続いて今度ピーズまで…俺ら毎年応援歌うたってるよ!」
「俺ら武道館アーティストなんだけど、武道館やったけど、もうやってないみたいなもんだよね」
っていう話の流れからだっけな、シミさんが「またやる?」とか返したんだっけな。
「しばらくフツウに活動しようよ…」と兄ィが言ってた場面がやたらココロに残ってる。



そんでコレクターズ。
イベントだし新曲は期待してなかったけど、ロマンチック・プラネット聴けた!!
アルバムの中でかなり好きな曲だったのでスゴクうれしい。

このセッションでしか聞いてないから、当然違和感もなく。
とは言いつつ、太陽はひとりぼっちもうれしかったなぁ。


MCから武道館チケットの売り上げを推測。
たくさんひと来ますように。

加「組合員が40代で武道館成功させてる中、俺56、コータローくん52、ジェフ53…」
こ、コーヂくんは?41だけど。

3月1日に向けてインフルエンザの予防接種を2回打ち、さらに気をつけることを主治医に尋ねたららしい。
「加藤さん56ですよね…」
「突 然 死」
いやぁぁああああああ(大さわぎ)

古「いまのこれとマッタク同じ話がスペースシャワーでも見れるから」
加「カットされるかもしれないじゃん!ベストヒットUSAだってさぁ…」
古「あれは喋りすぎた」

加「心臓止まったらココを強く押す…って俺が倒れてたら自分じゃできないじゃん。コータローくんそうなったら心臓マッサージするよ。…でも俺倒れたらどうしよう、どうする?」
古「インスト」
えええええええええええええ(大さわぎ)


きょうもコレクターズはなかよしです。



--------------
たよれる男
MILLION CROSSROADS ROCK
太陽はひとりぼっち
悪の天使と正義の悪魔
2065
ロマンチック・プラネット
ロックンロールバンド人生
青春ミラー(キミを想う長い午後)
NICK! NICK! NICK!
Tシャツレボリューション
--------------

手堅いセトリではあるが、やはりロマンチック・プラネットきたのがよかった。
来週再来週と続くのでどれくらい変えるんだろうね。
どこかで世界を止めてはやるんだろうけど。
3週とも新曲がちがったりするのかしら…いや、行かないけど。
チケットも売り切れててないし。
(そっちじゃなくて本編の武道館のチケット売れててほしいのにー!)



アンコールでは全員で武道館T(カタカナの方)着た怒髪天が、カトウくんに呼ばれてステージへ。

兄ィ「もう若くないからカンペ見えないから(歌詞を)手に持ってうたうけど」
カトウくん「譜面台断ったのに」
兄ィ「譜面台なんかロックじゃないから!って。もっとダサいことに」

兄ィ「俺からこんな言葉聞けると思わなかったろ、夢見る君と僕」


シミさんがタンバリン、坂さんがマラカスを持ってる中、王子だけ手ぶら。
手拍子したりギターソロでコータローくんに向かって手をひらひらさせたりしてて。
王子、めっちゃカワイイ!!
手持ち無沙汰感がまたカワイイ。


その前に「山中(さわお)にMODSを教えたのは俺だよ?」って言ってた兄ィの選曲かな。
アチコチでNICK!が好きだって言ってるのは知ってるけど、ほんとにコレクターズ好きなんだろうなー。


--------------
夢見る君と僕(with 怒髪天)
愛ある世界
--------------

再び4人に戻り、愛ある世界で終了。
あの応援歌が流れたので、うたっといた。

フレー!フレー!ザ!コ!レ!


ほどよい身内感のあったかいイベントでした。

ピロウズ編とフラカン編も、きっとたのしいだろうなー。

| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - at 渋谷CLUB QUATTRO