しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< アルト:タイヤ交換 | main | 名古屋市公会堂とロック・コンサートの半世紀 >>
採録 名古屋の衣生活 〜伝えたい記憶 残したい心〜

どえれーおもしろかったがね #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



at 名古屋市博物館


おわってしまったやつです。

名古屋市や瀬戸とか尾張や知多周辺の衣文化と歴史をたどる企画展でした。

個人で所有(所蔵?)してたものを展示してて、解説がその持ち主だったのがおもしろかった。

古いものを持っているおうちの人なので、いわゆる地の人…つまり解説が訛ってるのがまたかわいらしい。


そこからそこへ時代がうつるときにああいうのがあったかも…みたいなやつのとこには「情報求む」の札が出てたりした。
終わりまでに出てきてたのだろうか(行ったのはちょっと前)。


展示室の真ん中に機織り機があって、かせくり機から始まり、糸の掛け方に到達するまでけっこうあって「機織り機が遠い…」てのがまたよかった。
機織りやりたいなぁ。
(って言うやつはやらないやつやけど…)



あとはこの辺で養蚕やってたの知らなかったので、お蚕さんコーナーが興味深かった。
綿に糸を巻いて作ったお蚕さんが展示物のアチコチにころころしててかわいかった。
映像は蛾の幼虫なので見れんけど。



そんで藍染(有松絞り)がハイライトのつもりで行ったけど、日泰寺にくるおばちゃんの足元の、時代とその移り変わりを調べてグラフとって一覧をキルト(?)に仕立ててたやつがすごかった。
写真撮りたかった(図録買えよ)。


いやー、おもしろかったー。
シリーズ化してほしいなこれ。



| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 採録 名古屋の衣生活 〜伝えたい記憶 残したい心〜