しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 映画:メットガラ 〜ドレスをまとった美術館〜 | main | PLECTRUM at CLUB ROCK'N'ROLL >>
映画:マンチェスター・バイ・ザ・シー

割とこういう映画スキなんだよな。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



海辺の話なのに、どんより曇った冬の空の映画でした。


マンチェスター・バイ・ザ・シーというのがアメリカの地名であることも知らずに観てたくらいの無知っぷり。


兄の死をきっかけに、辛い過去から逃げるように出て行った街へ戻ってきて、甥の後見人に指名されてるけどどうしよう、っていうお話(雑)。


回想と現実とを行ったり来たりしながら、乗り越えられない過去と向き合い、前に進む道を探したり見つけたり。


わたしがリーの立場でもこうしたかな…叔父さんと叔母さんじゃまたちがうしな…。
「もうちょっとあの子の話を聞いたげて」とか思って観てたくらいだしな。

パトリックがちょっと悪いやつだけどいい子なのがまたツラい。
どうなってしまうのか、はらはらした。

でもみんな前向けるようになってた。
そんなココロ軽くもならないけど、重たいまま終わらなくてよかった。

| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:マンチェスター・バイ・ザ・シー