しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 映画:野蛮人のように | main | 映画:ドリーム(字幕) >>
企画展「未来を拓く日本の宇宙開発」 at 笠松町歴史未来館

はーたのしかったー! #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


〜10月22日


JAXAからやってきた!
★ロケットや人工衛星などの模型展示
★宇宙服レプリカの試着体験


とか書いてあった。


スペースシャトル(1/25)宇宙服(1/1)H-IIBロケット(1/20) 模型だけでうきうきする #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


企画展スペースはあまり広くないが、無料なのでありがたい。

イトカワさんとはやぶささんのサイズ感(わからん)

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


これの横にイトカワから帰ってきた入れ物(入れ物?)の実物大模型があって「コレにアレが…!」と感激していた(無言)。

子ども向けの解説がたくさんあった。
しかし模型も多いが解説も多い。


なので


動いているものに


約30分ほど


つかまる42歳。



21世紀のあゆみもあれば、展示してある模型のカツヤクも見れたのにな。


かさまるくん・かさまるちゃんに導かれながら2階の常設コーナーへ。


どーんと地元のすごい人コーナーを越えると


どーんと日本人宇宙飛行士の紹介コーナー(サイン入り)があって、とても驚いた。

ロケットと飛行機の説明のとこに



こういうのがあって、笠松町と宇宙(というか三菱重工)の関わりをやっと理解した。



リニアとか

リニア感わかんないけどたのしい(大人なのでそっとあそぶ) #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


ドローンとかの解説の後ろは笠松町の近代の歴史の展示で、いろんなおっさんをカバーできる。


ちなみに1階の常設コーナーは、主に港としての笠松町の解説してた。
木曽川と笠松町っつーか。

ここら辺も羽栗という名がついてたのか…とか。
(木曽川の向こう岸が葉栗郡だったのは知ってる)


2階は民族歴史というか、古いおうちからの寄贈品というか、機織り機と糸紡ぎと布の見本帳で大盛り上がりしておりました(無言)。


宇宙服のレプリカを着て撮影するスポットがあり、かさまるくん・かさまるちゃんが宇宙仕様になってた方が気になってしまったのでした。



| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 企画展「未来を拓く日本の宇宙開発」 at 笠松町歴史未来館