しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 2017年のおでかけ先をふりかえるの巻 | main | 映画:プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード(字幕) >>
映画:太秦ライムライト





元日明け方からBSでやってたのを鑑賞。
劇場で観れなかったので、とてもうれしい。
Amazonプライム・ビデオで200円くらいで見れたみたいやけど…(上のリンク)。



時代劇に欠かせない斬られ役のすごいひとが主役。
おじいちゃんなんだけどカッコイイ。

ライムライトと名があるので、老いた男と若い女が出会い、男によって女が出世する。

その女に斬られるラストは胸を打つ。
でもそれ以上に会社のプロデューサーが監督に物申す場面がよかった。
いままで敵だったのに!
この撮影でみんなのココロがひとつになってる!
(うおおおん)


映画終わる頃には初日の出登る頃だったけど、外に出る元気はなかった。

今年もうっかりいろんな映画に出合えますように。





こっちはメディアを買うやつ。
便利な世の中なので映画を観る手段はいくらでもあるんだよな…。
疲れない程度にがんばろう俺。




| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:太秦ライムライト