しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 映画:太秦ライムライト | main | 映画:ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男 >>
映画:プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード(字幕)


今年の劇場鑑賞は準新作からでした。
なんとなくですが。


悲劇のようだけど悪者は処刑されてるので後味は悪くなかった。

わたしの問題だけど、座った位置が悪くて話に入っていけず「こういう映画あったよねー(ジョセフ・フィアンズが浮かぶ)それシェイクスピアだわ」を3回くらいやってた。
雑念。

きょうびの黒いドレスとか#MeeTooとかの記憶が鮮やかなので、平常何も思わないサロカ男爵のような役どころに、モヤっときた。
まぁ、同じくらいモーツァルトにもモヤっときてたけど。

うん…このテの映画観たい気分じゃなかったみたい…。

画面デカいか音響がいいかだったら「オペラすてき」と、ささっと世界に入れたんだろうな。
この劇場が好きで来たからいいんだけどさ。

もうちょっとちゃんと聴きたいくらい女優さんたち歌う姿もうつくしかったです。




| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:プラハのモーツァルト  誘惑のマスカレード(字幕)