しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 桜井秀俊 at 得三 | main | アルト:オイル交換含む半年点検 >>
KOTARO AND THE BIZARRE MEN at 神戸VARIT.

真冬に感謝のエレキ道場 2018


想像どおりのセットリストだけど関西でしか観てないので、人生3度めのビザールメン。


ヒサシビザールがよく見えるとこにいたので、ベース弾きながらうたう姿にめろめろしてました。


キレイに内巻きになってたヘアスタイルが、だんだんクセの強い左の横っちょのとこだけ外側にくるんってなってきててとてもカワイかった。


若旦那の過剰なカッコよさが見れるのもビザールメンのたのしみです。
コレクターズのコータローさんは、そこまでムダ話しないし、さり気なくカッコイイことをするので、この肩の力が抜けてるからこそ出てくるであろうキメキメ感たまらんす。

引っ越しするならのキメどころで派手にむせたり、フレットに弦が引っ掛かって音が出なくなったり、イヤラシイほどのビブラートをきかせたり…笑っちゃうけど。


ドンキホーテでむせ始めたあとはヒサシビザールのフォローでした。
なので、ヒサシビザールが彼女と彼氏の役をやってました。


セットリストが想像どおりなので、曲紹介も雑に雑に。

若旦那とモビーが「こんな(演者側が)リラックスできる緊張感のないバンドはない」と言ってるそうで、それに軽くどよめいたらヒサシビザールが「俺たちに何を求めてるの?演奏はちゃんとしてるけど」って。

や、でもカバー曲がとてもコレクターズのいいところ味わえるように、ビザールメンはのびのびしてる4人のいいとこ味わえてると思う。
とりあえずデカい昭和30年代生まれのふたりは。


なんの話の流れだったか客席の声を拾って「名古屋も来てくださいって拝まれちゃってるよ。名古屋ねぇ…行くことないな…」とヒサシビザール。
客席から「なんでー?」の問いにかぶせ気味に「忙しいからだよ」って。

名古屋…集客望み薄いですけど来て欲しい…何と抱き合わせたらいいだろう…。

ええ、とてもたのしかったので、また観たいんです。
これはセットリストでプレイリスト作らなくてもアルバム聴いてたらいいや。

そういえばマリオさんいなかったので、マジックショーがなかったんだけどオリーブの首飾りやってくれました。
途中、ナゼかポリスアカデミーシリーズのブルーオイスターのシーンを思い出していたワタクシでありましたが。


ステージでやらない(やってほしくない)ポーズのシリーズで、ヒーセがベースに顔を近づけるポーズのマネをしててココロのメモリーに強く焼き付けてきましたってくらい萌えたと記しておこう。
なんでそこなのか自分でもわからないしフツウにそれやったら、このバンドではカッコよくないのに…。

あ、あと萌えるといえば、昔あった行方不明の家族をテレビで公開捜索する番組の話ししてて、若旦那が「それ大好き?」って言った「大好き」が録音したいくらいカワイかったです。



えーっと、まぁいいや。

早くコレクターズが観たいと思いながらおうちに帰ることにします。



かわいいのをみつけたので再撮。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -





| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - KOTARO AND THE BIZARRE MEN at 神戸VARIT.