しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 豪雨がぼくのまちにやってきたの巻 | main | アンティークレース展 at 渋谷区松濤美術館 >>
ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 at 三菱一号館美術館


〜9月17日まで


はーうつくしかったー。

宝飾品もだけど、デザイン画も。
イラストっていうかポスターのような配置のうつくしさ。

鏡を使ってるので、ケースの前をぐるぐると覗かなくてもよく見えるとか、ライトの当たり具合で背景の黒地に宝石から反射した光が映ったりとかの、作品を見せるアイデアもステキでした。

映像を使って、ちょっと気持ちを切り替えることができる展示方法とかもよかったなー。
なんせ、小さく緻密な作品ばかりで目から入る情報多過ぎるからね(うれしい悲鳴)。


青木光恵のまんがじゃないけど、40代になったらハイブランドとかハイジュエリーが似合う大人になってるもんだと思ってました。
おカネがあるなしではなく、そういう大人になれるものかと思ってたっつーか、

贅を尽くした服飾品は見ててシアワセになれる…。





| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 at 三菱一号館美術館