しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 映画:カメラを止めるな!(ネタバレなし) | main | 旅:暑い夏に焦げそうな多治見へ行く >>
栗コーダーカルテット ファミリーコンサート at 岡崎市図書館交流プラザ Libraホール
栗コーダーカルテットwith安宅浩司

カルテットとは言いつつトリオのとこへ、ギタリストの安宅さんとカルテットでした。
(ややこしい)



初栗コーダーカルテットでした。

やっと観た…。


ファミリーコンサートなので、こないだのピアノのおっさんみたいにやたら長い話(ほめてる)しないし、日曜の昼下がりに見るにはちょうど良く、とてもたのしかった。

ファミリーコンサートに来てるので「子どもの声は天の声(岐阜市立図書館)」くらいの感じでいるのだけど、おばさんもヒトという動物なので、早い動きとかちょっとした物音とかで反応してしまうのは本能として致し方なく…あたたかなやさしい目をしてるつもりでいても睨まれたかどうかは受け手次第で…要はうっかりそちらに視線がいって気をつかわせたならすんません…。


てな感じの和やかムードでした。


もぞもぞしてる子どもを、なんとかしてる親御さん含めておもしろかった。


ピタゴラスイッチ見て育ったので(甥が)小組曲 ピタゴラスイッチとか聴くとやはりアガる。


映画ジョーズのテーマ〜帝国のマーチもスゴくたのしくてよかったが、ラグタイムとかケ・セラ・セラみたいなカバー曲で大盛り上がりなのでした。
(見た目はおとなしい)



栗コーダーカルテットといえば、いろんな楽器を使っている。

とても大きなリコーダーにも驚くが、個人的には真っ直ぐじゃないソプラノサックスがあるというのも知らず、初めて見たのでたいそう大騒ぎでした。
(でも無言)

見慣れたアルトとかテナーとかみたいなカタチなのにソプラノサックスは、おもちゃみたいでとてもカワイイ。
たぶん間近で見たら「うわぁー///」って声でると思う。



何も買わず帰るつもりだったのに、ライブ観てしまうとCDのひとつも欲しくなるってもんで。
いろいろ聴きたい曲があり悩んだけど20周年ベスト盤にしといた。

和田誠のイラストのやつとスゴく迷ったけど。
小組曲が入った15周年ベスト盤にすればよかったかなー…。



まぁいいや。
近藤さんいた頃のカルテットはどんなパフォーマンスなのか観てみたかったけど、この編成で観れてよかったー!


| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 栗コーダーカルテット ファミリーコンサート at 岡崎市図書館交流プラザ Libraホール