しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 旅:9月のLAZY SUNDAY AFTERNOON | main | 没後160年記念 歌川広重 at 太田記念美術館 >>
藤井フミヤ at 東京国際フォーラム ホールA
FF MEMBERS ONLY
35 Years of FF


きのう9月21日は35周年のデビュー記念日。
そこでファンクラブ限定ライブだったので行ってきました。
FFとは藤井フミヤのファンクラブのことね。


近年コレメイツにコアなチェッカーズのファンがいることがわかって意気投合してたので、記念日だしみんなでわいわいと。


きょうからツアーなので内容重なることも多いと想像できるから本編に関してはあまり言えないけど、セットリストは7月に3枚組と3枚組のベスト盤からが多い。


MCはそこまで多くなかったかな。
「クレジットは作曲:藤井フミヤになってるけど、ナオユキからもらった曲」とかね。
藤井アナの話をチラッとしたりね。
「アイツは俺よりTRUE LOVEうたってる」らしい。
あー。藤井アナ行く先々でうたわされそう。


本編終わってアンコールやって、そこそこ時間は経ってるけど、ちょっと短くない?つーか、ファンクラブ限定ライブなのに意外な曲がひとつもないよ?なんて不満をこぼしながら、なかなか出てこない2回めのアンコールを待つ。


ステージ明るくなった、わー出てきた、ものすごい声が出る…が会場中から。
ユーちゃんとトール氏が出てきたのだ。
アブラーズがゲスト!!!!!


この4人が同じステージにいるのは2014年12月27日の豊洲PIT以来。


自分でもびっくりするくらい、あんな悲鳴みたいな声が出続けた。
どういう発声してたのか、むせない。

アブラーズも何度か観てるハズなんだけど、バンドで演奏してるのはとんとご無沙汰なので、ユーちゃんが!ベース弾いてる!
ああ、ユーちゃんがベース弾いてる姿好きなんだった。
アブラーズをゲストに、まず1曲めはI Love You, SAYONARA。

フミヤツアーでも、そこまでレア曲じゃないし、しかもナオちゃん参加してたりするのにアブラーズが音を出すとチェッカーズの音になる。


トール氏が、4年前のライブのあと衣装がなくなった事件を語り出す。
「全部片付けて確認したけどトールさん見つかりません、って言われて、あーそうかーって同じ衣装作ったら、ライブから1カ月経った頃にフミヤから電話かかってきて『ごめんトール、衣装、俺んちにあったわ』って言ってきて衣装ダブってるからオマエにやるわ」
「なーんか、ファスナー開けたら趣味の悪い服が出てきよって」
「(ステージそでからハンガーにかかった衣装を持ってきてもらう)それフミヤにやるから大阪で俺らのゲストに来てくれるときお揃いで着ような」


えっ?おおさか?
…って、はい?
アブラーズの大阪って、あの大阪か!!!
(一瞬理解できず高速で思考がめぐった)


それで渡されたジャケット一旦着て「これ着て次の曲できる自信ない」と脱ぎ、Friends and Dreams(わあああああああああ)

「ホラ、俺たちスーパーアイドルだったじゃん?」
と、話を始める。

先日19日に亡くなった、秋山道男さんのこと。
コンセプトやビジュアルなどを作った、チェッカーズを作った人のひとり。
「もっと!チェッカーズの蓑虫を全部、西日本新聞にしたりとか細かいこだわりをしてくれたり」
※2枚めのアルバム「もっと!チェッカーズ」のジャケットが7人かたまって新聞紙刻んだ蓑でできた蓑虫になってる

「トール、さっきの衣装のくだり、いまするべきだったね」
「やっとかないと忘れちゃうからさー」
「秋山さんのために黙祷するわけではなく、たのしい音楽で冥福を祈ろうぜ」
なんと、恋のGO GO DANCE!!
ライブ行き始めたのSCREWからだったから、まさかこれナマで聴ける日がやってくるとは思わなんだ…。
長生きはするもんだな(というほどおとしよりでもない)。


途中、何度か「トール、話長い」と、トール氏のお喋り(の量というか…)に磨きがかかってるのをつっこんでたり。
「打ち合わせで居酒屋行ったときも、ずーっと喋りようがね」
で、ユーちゃんもぽそぽそと参加してトール氏と取り留めのない展開になってるのをしばらく眺めて「なに、アブラーズっていまそんななの?」って。
これは冒頭の方だったかな。

「トールがジャージ着てラジオ体操しようとか変なこと言ったりしてたから悪いんだよ」
「うん、リーダーが悪い」
「な、なんだよオマエら〜」

「(ちょっと間を置いて)俺はもっとカッコイイバンドにしたかったんだよ!」

ああああ。
音も変わってるけど変わらなければ、喋ってる感じも変わってるけど変わんない。
(伝わりづらい)

Long Road。
これも正直なことレア感ないけど、このメンバーで(以下略)。

あとなにやったかな…。

あ、NANAやったわ。
この曲はレア感あるとかないとかどうていい域にあるな。
でもやっぱこのメンバー(以下略)。


ひと晩寝て落ち着いてから書こうと思ったけど、脳みそ思ったより整わなかった。


さいご捌けるときにギザギザハートの子守歌のイントロかかってて、歓声で聞こえてなかったんだけど、4人が振りをやってたからみんな気がついて、そこから客席大合唱(もちろん振り付き)。
裏声で歌いきれるもんだなぁ…(しみじみ)。
いろんな限界を超えてた…。

まず大興奮で叫びすぎてそのまま大騒ぎだったから終演後、我に返ったら酸欠で頭痛してきたもん…。

でもずっとふわふわしてた。

よかったー来れてー。
これからもついてくわー。


光りモノってやっぱたのしい。

会場限定だから当日買うしかなく、物販の先行3時間以上並んだけど、もういい思い出(に、しておこう)。

わたしが行く辺りだとフミヤくらいだけど。
1曲おわって「キラキラさせてんな!」言ってたね。



この大騒ぎを同じテンションで分かち合えるひとたちと観れたのもシアワセだったなぁ。

あまりにもウレシかったから東京国際フォーラムの前で記念撮影とかしちゃったし。

View this post on Instagram

35周年おめでとうううううう

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -

モチロン、乾杯もした。



ここまでデカい飛び道具くると思わなかったけど、何もせずしみじみしたいだろうと思ってビジネスホテル選んだわたしありがとう。

チェッカーズ(半ば行き場のない想い)にもコレクターズにも愛し進んでるよ。
これ以上どうしろとってくらい!
(課金は抑え気味だからそれか…)


いやぁ、いい記念日やった。

このツアーは来月の名古屋までおあずけだけど、しばらく生きていけるー!




| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 藤井フミヤ at 東京国際フォーラム ホールA