しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 旅:ちょっと遠くへ行きたくて平塚へ好天と荒天のドライブ | main | 台風21号がぼくのまちにやってきたの巻(後編) >>
台風21号がぼくのまちにやってきたの巻(前編)
台風21号が去った翌日に北海道で地震と停電があって、台風の被害も関空や神戸の海辺あたりほど大きなニュースになりやすいほどではなかったけど、まあまあ被災してるので覚えとして。


大風が近づいてきて長時間停電してベランダの屋根がなくなってしまうまでのお話です。
前編はそのうちの停電で何もできないので早寝するところまで。



3日の夜にはJR東海も列車の本数減らす宣言してたくらいだったけど、運転取りやめとは言ってなかったので、とりあえず家を出た。


月極の借りてるエリアは、空き家問題を目の当たりにするような廃屋が近くにあって不安になりつつアルトに留守番を頼み


名古屋駅到着前のアナウンスで午後から運転取りやめと知り

View this post on Instagram

ここまで来たけどやっぱ帰ろう

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


まぁ、職場と家に連絡入れて帰ることにし


でも来ただけで帰るのもアレなので(いいわけ)


帰宅したら家の台風への備えの人手となり


風がひどいが雨も降ってきて近づいたのを知り


TMRごっこしないと言ったものの、雨戸を閉めた状態でもごうごういうので窓を開けてみたらこんな感じだったり


やってはいけないシリーズを言ってみたり


とにかく風が強いのでいろんな音がしてたり


何かわからない音がしてたり


ニュースをつけてみたら神戸がエラいことなってたり


ミヤネ屋とかひさびさに見たわってなったり


窓ががたがたいうのってびびるよね(わかる)ってなってたり


することもないので、部屋で大人しくしてようと思ったら古い木造の2階にあるロフトベッドはよく揺れてて


階下に避難したけど家ごと揺れてるから1階も揺れてたり


不安な大きい音はベランダのような気がしてきたり


ニュースはわかりやすく海辺を中継で見せてくれたり


さらに大きな音がしだしたり


と思ったらまっくらになり(雨戸閉めてるから)


雨でよく冷えてるとはいえ、閉めきってると暑いので充電式コードレス使用もできる扇風機でなんとなく涼んだり


たまにトイレ行くためにポンプ動かすために発電機使ったり、ボイラーも動かして親子3人サッサとおフロも入ったり、その前におにぎり食べたりしてた。
ちなみに近所でも停電してないお宅もあった。

遠ざかって風が弱くなってきたので、明るいうちに飛んでったベランダの屋根(アクリルの波板)を拾いに行ったりもした。
そして雨戸も開けた。
雨が少ない台風だったのは、このときちょっと助かったと思った。


しかしゴハンたべておフロ入ったら何もできることもすることもないので


まだ宵の口だったけど寝ることにした。


何度もエリアメールが鳴るのはほんとびびる…


かなり広範囲で停電してるので「たいへんだけど中電のひとがんばってーってココロで声援を送ったり

View this post on Instagram

復旧かかるなぁ…まぁしょうがないけど…

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


それでも早く復旧を願ったりしつつ、うとうととしていつの間にか寝てた。


ツイートたくさん埋めるとうまく表示されなくなるので後半に続く。
| - | - | つれづれ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 台風21号がぼくのまちにやってきたの巻(前編)