しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 怒髪天 at 柳ヶ瀬ants | main | 旅:ふらり、気ままな京都ツアー >>
真珠庵 特別公開
〜12月16日

現代作家が描く襖絵、というので興味を持ったので行ってきました。


参加作家(作品名/場所など)

北見けんいち(楽園/室中16面)
山賀博之(かろうじて生きている/檀那の間8面)
濱地創宗(寒山拾得/衣鉢の間4面)
山口和也(空花/仏間4面)
上国料勇(Purus Terrae 浄土/札の間8面)
伊野孝行(オトナの一休さん/大書院5面)


ご住職の山田さんが途中まで、途中から通いでお寺の世話してる女性が案内してくれた。


上記の新しい作品ばかり見せてもらえるのかと思ったら、何百年前とか古いもの(お茶室やお庭とか)も案内と解説してくれた。


毎度のことながら「わーたのしそうー」だけでノー下調べで行く(しかも興味と知識と範囲が狭い)ので、「たぶんすごい勿体ない見物の仕方してる…」くらいの感じで、いろんなものやひとにわびる思い。


案内してもらってるので、好きなとこだけじっくりがっつり…とは見れなかったけど、とても贅沢な時間。


16面の北見けんいち絵の間は、正面の夕日の絵(襖)が少しだけ開いていて、そこには一休宗純の像があって拝観させてもらって「わーほんものだー」とキャッキャするわたくし(見た目にはわからない)。


失礼ながら山賀博之氏はアオイホノオのイメージが強く「どんな絵描くんだろう…」と思ってたので、ある意味でいちばん興味があった。
作品としての絵を描いてきてないっぽいことを伺ったのだけど、襖L字に8面分の水墨画がおもしろい構図で仕上がっていて「すごい…」と思わず声がでた。


ご住職がEXILEのツアーT着てた理由の解説とともに見た上国料勇氏の、はまってからも描き足され続けてる襖絵にたいへん驚いたり感激したり。


さいごに拝見させてもらったオトナの一休さん。
めっちゃアガる。
板尾創路と尾美としのりの声聞こえる。

やはり今後お寺巡りをするとはとても思えないが、オトナの一休さんで住職から御朱印いただいてキャッキャしていた。


木や道に誘われるまま他のお寺の特別公開行きたかったなー。
ていうか、もう1回見たいな…。

また来たい…いつ行けるだろ。



| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 真珠庵 特別公開