しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< 2010midな白MacBookにAdobeCCをインストールするの巻 | main | 魔夜峰央原画展 at 明治大学 米沢嘉博記念図書館 >>
一条ゆかり展 at 弥生美術館
View this post on Instagram

ウカレ過ぎて早く着き過ぎた。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


集英社デビュー50周年記念
一条ゆかり展
〜ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!〜
〜12月24日



原画うつくしいかった…。


この頃のまんが家すごすぎる。


修正のあとがないどころかマスキングのあともない(びびる)。
なのでカラー原稿がスゴい迫力のうつくしさでしたよ。

夢中で見てたので、全部を通してとったメモが「弓月光、新谷かおる、聖悠紀」の名前だけだった。
いや、メカチームがいるの知ってたというか、同期デビューの弓月光が手伝ってたのは知ってたけど。

あと、展示してある掲載誌に「わーこのひともりぼんで描いてたのー!」って発見もあったりした。


有閑倶楽部の一条ゆかりになるまでがわかる解説もよかった。

コーラスは創刊から休刊まで読んでたので、展示のしまい頃はパァァァアア…と何か出てる感じあった。


それを踏まえての夢二ゾーン。


絵はがきとてもかわいい。

企業広告モノもあれば物語っぽいモノもあった。
明治時代も西暦で年賀状書いてたのね、とか。

おもしろいんだけど、毎回ここはメモリ不足でクチをぱくぱくさせながら通過するのがやっとなのでな。
(脳に必要な栄養と酸素が足りてなくなっとる)



あぁでもきょうも来れてよかった。

そろそろ友の会入会してもいいくらいのレベルなんじゃなかろうか(おちつけ)
集英社デビュー50周年記念
一条ゆかり展
〜ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!〜
弥生美術館|09.29 - 12.24

一条ゆかり 『有閑倶楽部』第4巻 1984 © 一条ゆかり/集英社
 ドラマチックなストーリーと華やかな画風で人気を獲得し続ける少女マンガ家・一条ゆかり。1968年『りぼん』3月号でデビューし、不良性と強い野心を持った異色の主人公像は、少女マンガの定説を打ち破った。

 読者から絶大な人気を誇る代表作『デザイナー』『砂の城』に加え、自身の恋愛マンガ家のイメージを一転させたアクションコメディ『有閑倶楽部』は、世代も性別も超え大ヒットし、第10回講談社漫画賞を受賞。2003年より2人の女性がオペラを通じて成長する姿を描いた『プライド』の連載の間は、緑内障と闘いながら迫力のあるストーリーをつくり上げ、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞を果たした。恋愛エッセイなども数多く出版し、ライフスタイルも注目されている。

 本展では、貴重な初期作品から代表作『デザイナー』『砂の城』『有閑倶楽部』『正しい恋愛のススメ』『プライド』などの原画を中心に展示。第一線を走り続けた一条の約50年にわたる画業を紹介する。
Information
集英社デビュー50周年記念
一条ゆかり展
〜ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!〜
会期 2018年9月29日〜12月24日
会場 弥生美術館
住所 東京都文京区弥生2-4-3
ART MAPで見る
電話 03-3812-0012
開館時間 10:00〜17:00※入館は16:30まで
休館日 月(10月8は開館)、10月9日
観覧料 一般 900円 / 大学・高校生 800円 / 小中学生 400円
アクセス 千代田線根津駅1番出口徒歩7分
URL http://www.yayoi-yumeji-museum.jp

Event
担当学芸員によるギャラリー・トーク
日時:10月13日、11月11日、12月8日 全て14:00〜 約40分
料金:無料(要入館料)
事前申込不要
Related Magazine

文豪・泉鏡花×球体関節人形。東京・弥生美術館で、鏡花が書いた女性が100年以上の時を経て蘇る
NEWS
2018.7.28
一条ゆかり
マンガ
弥生美術館

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美術手帖の最新情報をお届けします
| - | - | ながめる手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 一条ゆかり展 at 弥生美術館