しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< Unihertz ATOMがおうちにやってきたの巻 | main | Unihertz ATOMにdocomoのSIMも追加するの巻 >>
Unihertz ATOMをやっと起こしてみたの巻
OCNから旅の空の下「ご所望の品送ったから」メールを受け取り、1週間寝かせたSIMを昨日開封。
実際に寝てたのはわたしの方だったけど(風邪っぴき)。

上手にアクセス数稼ぐブロガーみたいな記事は書けないので、ちょうどいいとこの写真はありません。


nano SIMのトレイがふたつあって、とりあえず奥の方に載せといた。
「こっちが優先?」みたいなダイアログが出たような気がするので、通話用のSIM入れたあとめんどくさくないといいなぁ。


日本用にモバイルデータ通信の設定がいくつも用意してあって、OCNモバイルONE用のものをラジオボタンでアクティブにするだけだった。

050plusを設定、Facebookメッセンジャーの設定、Twiccaの設定、ついでにウイルスバスターの設定もした。
1契約でパソコン3台か、パソコン2台とAndroid機1台インストールできるので、契約上使えるのだし入れとくことにした。

サイズ的に電話など、もしもしするのに使いたいからほんとはLINEも入れたいんだけどなー。
もしもししてるよりスタンプの応酬みたいなチャットが多いし、機種変の引越しメンドウなのでLINEはいまのままiPhone SEで使うことにした。

まんなかの黄色いのはキッズケータイです。
かわいくて通話するだけなら気に入ってるんだけどね。
使い始めて「ナビダイヤル使えんわ!」ってなったおばかさんなんすよ。


初めて手にした感じは、FOMA STICKと名付けられたSO902iを思い出す「ちっさいけど重い」まぁ、想像より…っていう範疇だけど、厚みが割とありますので。
これで薄かったらもっと持ちにくいだろうな。

AndroidはXperiaしか使ったことなかったので、日本語入力ソフトに軽く戸惑う。
SO902iとはちがい、ハードキーがないので、入力はまちがえないようにがんばります…て感じだった。
あと、指がかさかさになりすぎないように気をつけねば…。

指紋認証は、サクッといったりいかなかったり。
掴んだときに触ってしまいそうな親指はやめといた。

なんせ画面がちいさいので、いろいろ不便があるが、まぁいいや。

※※追記※※
戻るボタン的なやつ、ありました。
ホームボタン的なやつの左側にあるポッチをさわると戻りました。



Camp fireでパトロンさんになるとき、クリップ付きケース、自転車用マウント付きケース、アームバンド付きケースの3つのアクセサリが選べた(有料)。
わたしのライフスタイルからするとアームバンドだけはいらないなと思って

残りのふたつを買っていた。
ストラップにカラビナつけるからクリップのケースがいちばん使わないかも…?という気がしてきた。
クルマに積むときに便利な何かを考えたいなー。


水中カメラとして使うかどうかはさておいて、カメラとして使えるなら使っていこうと考えてるので、右の赤いボタンにはカメラアプリを割り当てた。

そういえば、最初の起動をするとき、どれが電源ボタンかわからず、ひたすらいろいろ長押ししていた。
赤いボタンの上にあるやつを最後に長押ししていた。
ゴールは遠かった(それが電源ボタンだった)。



撮った写真はDropboxに格納してiPhoneでどうやらしようかなと考えてDropboxのアプリも設定したのに、撮った写真はGoogleフォトに保存されていた。


い、いや。
いいんだけど。あれ、わたしGoogleフォト使うっていうのに同意したっけ。
(使ったことがない)

まぁいいんだけどiPhoneでGoogleフォトのアプリ入れて使い始めればいいだけだから…。

と、思いながら投稿した写真がズーム音でかくてびびったやつです。

ズーム音っつーか、ピント合いました音って小さくできんのかな…。
おいおい使ってきます。


ズーム音を感じよくするよりdocomoのnano SIMを手に入れねば(思い出した)。


| - | - | ものもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Unihertz ATOMをやっと起こしてみたの巻