しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< さんぶんえにっき:2018年12月7日 | main | さんぶんえにっき:2018年12月8日 >>
映画:さらば青春の新宿JAM(2回めと3回め)


2カ月前に京都の映画祭で観て以来、やっと名古屋で公開になったのでセンチュリーシネマまで行ってきました。


1回め観たときの日記↓。
映画:さらば青春の新宿JAM http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3912


やっぱり奈良のシーンがハイライトやった。
次点、カトウくんちのリビング。

あとスクリーンデビューしてたわたし(解説しないとわからない程度)。


「コレクターズ」って冠付いてるけど「コレクターズを説明するためのように見せかけた日本のモッズシーンを紐解いてゆく映画」という気がするので、コレクターズ興味持たなくていいから、ファッションとかカルチャーに興味を持つひとたちに広く観てもらいたいなぁと考えてしまう。


名古屋ではセンチュリーシネマで公開中なのですが、昼間の回が154席のシアターで、夕方の回が45席という設備その他にとても差が出ています。


冒頭の投稿にもあるように、それぞれの良さが味わえてよかった。

ライブのシーンが多いから音がいい方がいいし、思わずリアクションしちゃうとこでみんなで反応しちゃうのもいい。
どっちがいいかは好みだけど、わたしはどっちもたのしかったなぁ。



あっそうだ


センチュリーシネマはPARCOの東館の中にあり


ここと系列の伏見ミリオン座のシアターの外側のたのしみ、スタッフさんの力作POP。
ちゃんとコレクターズもあってよかった。

この写真からはワカランけど、アルバムなどのアートワークも散りばめられていた。
かなり感激…。


「日本のモッズシーンを紐解いてゆく映画」と書いたけど、やっぱりコレクターズ(というか加藤ひさし)の好きなとこが詰まってるので、夕方の回があと10分20分遅かったら仕事帰りに駆け込めたのにー!ってくらい、あと何回か観たい作品なのでした。


| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 映画:さらば青春の新宿JAM(2回めと3回め)