しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< iPhone SE:でんわさんのバッテリーとカメラユニットの交換するの巻 | main | アルト:タイヤ交換とオイル交換 >>
こよみのよぶね 2018


ことしも冬至がやってきたので、1年をしみじみするために行ってきました。


「ことしも」だけど、ことしは7月の豪雨で長良川はかなり水位が上がりました。
そのとき鵜飼の乗船場に土砂が流れ込み、船がつけない状態で現在も復旧工事中です。

豪雨がぼくのまちにやってきたの巻
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3907



鵜飼自体は豪雨から20日ほどで再開されるようになって、いつものように10月までやってたからそのまま忘れてたけど、そういえばそうやった。
8月に花火見たときは金華橋の近くだったから、長良橋の辺りはわからんもんなぁ。

ふらり、岐阜新聞主催 第73回全国花火大会を見物するの巻。
http://q9x9p.jugem.cc/?eid=3879



で、休日だし、川原町散策とかしてみたいし(普段クルマ生活なので川原町に縁がない)早めに出掛けた。

クルマを河川敷の方に置いて「左岸に停めたトラックの荷台によぶねを乗せて」の意味をやっと理解して(冒頭の写真←遠くてワカラン)なんとなく川原町じゃなくて岐阜公園に向かう。


午前中まで降ってた雨が上がって青空になったので、午後なのに空がキレイだったから岐阜城のカッコイイところとか見たいやんね、と若き日の信長像の辺りまで回り込んでった。

動いてると12月も下旬とはとても思えないほど暑かった…。


公園の中に入っていくと、写真撮ってるひとがぽちぽち居たので見回してキレイなとこに気づき


池の周りで紅葉をながめ


信長居城跡の門から入ってってロープウェーのりばを通って公園をあとにした。

そういえば信長の居城跡は門までしか知らんかったんだけど、前から中に入れたっけ。
いやーどうだったかな。ぶつぶつ。


公園を出て、鵜飼乗船場の辺りを確認し、川原町に入る。
水うちわ屋さんとか、岐阜にちなんだ商品や作家作品を扱う長良川デパート(レンタル着物もやってる?)とか、昔からのと新しいものと眺めて、温泉旅館の十八楼の外に手湯があったので手を温めたりして


川原茶屋でお茶とおやつしてたら日没近づいてて、防寒着を取りにクルマに戻ってるうちに


イベント始まってしまいました。

いや、いいんだけど。
ある意味でレアなとこ見れたし。


船は動かないので、マジックアワーをたのしんでいたりして、冬至の日没をたのしんでいた。


しばらくすると東の空を覆っていた雲が少なくなり、満月だったことに気づく。



そのうちにぴかぴかのおつきさま見えてきて星も見えない明るさになってった。


空が月で明るいとはいえ、夜なので当然暗く


行灯がうつくしくなってきて


豪雨のあった7月船、東北こよみのよぶねの3と11をそれぞれ3月船と11月船にしたものを、災害を忘れないためにその3艘は川の上にうかび、カヌーに引かれて川を上ったり下ったりしました。


去年だかおととしだかから、うかいミュージアムの庭に店が並び、快適なイベントになったのはいいけど


ことしは店がとても少なかった。
かぼちゃのスープ出す店とか、上之保ゆずのナントカを出す店とか、冬至にからむフードもなかったし。
外で飲食させないために手に持って食べるものがほとんどないのかしら…と思ってしまうほどの店たちだった。
それぞれの店はいいんだけど、数とバランスがね…と13回中6回めの観覧のひとはつい思ってしまうのでした。



まぁ、それはそれとして


市長選ってことしだっけ!?と驚いたりした2018年を振り返ってきた。
毎回のことながら、「その月にあった世界や日本のデキゴト、岐阜のデキゴト」を聞くと、しみじみもするし、あれ去年じゃなかったっけってなったりするし、そのときわたしこうだったなーと思い出したりする。

ちなみに、ことしのこよみっけ渡し(その月のいろいろを書いた短冊を船に渡すやつ)は、船が向こう岸から動かないので、動かせる船に乗せた干支船が12往復して渡していました。
犬の行灯乗せた船。
耳が動いていて、犬だしなんだかとても健気に思えてた。

日比野克彦氏が「干支船、岐阜犬(半分、青いに出てきたやつ)にすればよかったね」とか言ったり。
まんぷく。が盛り上がってきてるから今年前期のドラマがもはや懐かしい…。



ことしのフードはちょっと残念だったけど、また来年以降も行けるなら行くんだろうな。
来年は乗船場も復旧して災害もなく過ごせますように。



オマケ。



とてもわかりにくいけど、川に映る満月と岐阜城。




| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - こよみのよぶね 2018