しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

<< もっと♡SU・TE・KI ! 展 at ジェイアール名古屋タカシマヤ | main | ドミンゴス at Pt.9 >>
旅:そうだ、奈良へいこう。の巻
先日(半月ほど前)「興福寺の阿修羅くんに会いに行きたい」というお題目の春の遠足行ってきました。


朝から観光するために、早朝の列車(在来線)に乗ってったはいいが、岐阜を出るときは売店が開いてない、乗り換え駅では売店寄ってる時間がない。
で、京都から奈良への電車で他人と向かい合わせになりながらおにぎりを食べるハメに。


炭水化物投入でヒトゴコチついて奈良に到着


せんとくんは意外と冷たいやつだった。


いまにも泣き出しそうな空模様ではあったけど、桜は残っていて、淡い花の色がよく見えるから曇り空でよかったかも…なんて考えていた。
雨の降り出す中、興福寺へ。

「あ、都だったとこだからでっかいお堂ばっかの寺だったのね」なんてマヌケな感想を抱きつつ古い木造の仏像をたくさんながめてきた。

阿修羅少年はセンター張るだけのうつくしさと存在感があるわ。
7〜8回焼けてるお寺なのにこれだけ残っててすごいわ…とただただ感心。


たくさんの観光客のため、商店街もさびれてなくて昔からありそうなチェーン店じゃない飲食店が多くてたのしげな中


元喫茶店という風情のステージとかあったりするフシギなカフェでおしゃれランチをいただいた。
こういうの毎日食べてたら病気しなさそう(個人の感想です)。


雨が本降りになってきたけど、奈良に来て大仏さんに会わないわけにはいかない(なんとなく)。


で、その手前にある萬華鏡喫茶というとこへ行って来た。


創意工夫を凝らした作家モノばかりで、ついひとつ欲しくなってしまうが、グッと我慢。
テレイドスコープが特に欲しくなっていたが「いや、いま買わなくても(カツカツ旅行中)」と、目が覚めた。

でもお店の雰囲気も良くたのしかったので、つい長居をしてしまいました。


やっと大仏さんちへ。


桜の花が残ってる木残ってない木とあるので、「大仏殿と桜」をどうにか撮りたくてやたらばしばし写真を取っていた。


本降りがやや土砂降りになってきたので、大仏さん見たし、あたらしいバスターミナルでおみやげ買ったし、帰ることにした。


その前に、また長い旅になるから


サクッとうどん食べてきた。


乗り換えもうまくいき、全行程座って移動が達成された。


本を読むか何かを聞くかは当日の体調次第なので両方用意するんだけど、この日は本を読み始めてもアタマに入らないくらい日中のデキゴトがたのしかったようです。


最寄駅に着いて


東大寺でパーカーのポケットに鹿がハナ突っ込んできたのを急に思い出した。
けっこうしっかり感触があったので、あまりうつくしからぬ状態になってたんだったのをすっかり忘れていた。
まぁ、靴底の泥(のような何か)は雨の水たまりで流れただろうけど。


自分におみやげそんな買ってこれなかったわーとか思いつつ荷物を改めると


まあまあ買ってた。

いつものグッバイアイスならぬプリンで遠足をしめるのでありました。



あっ。そうだ。
せっかく奈良に来たので、Jump the Gunに行って来た。
そこまでの道のりが「あのシーンだ」ってなっておかしかった。
ああいうスーツ見るとやはり「男の子になりたかったなー(服のシルエット的に)」と思ってしまうのでした。
太いのはさておいて、痩せてても骨格上、細身のスーツは似合わない体型だもんなー。



| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:そうだ、奈良へいこう。の巻