しろくま手帖。

基本3文。ムリヤリに3文。それ以外はココロのままに長文、乱文、やっぱり散文。

旅:東へ西へ迷走ツアー 〜西は京の都〜の巻

京都のナインアワーズは1日ごとのチェックアウトではあるけど、ロッカーそのまま使えるから荷物置いとけるので助かる。
新大久保のんはロッカーも移動だったから、すべて持ちだす必要があり不便だったので、余計に助かった。


前日まで移動も含めて詰め込んでたので、この日は夜に拾得行く以外いろいろうろうろすることにした。

この辺は仏具屋さん多いなーと思いながら北から歩いてきたところ。 #イマソラ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


仏具屋さんの多いとこへ来たと思ったら

前を通ったらカワイコちゃんがしっぽをふったという理由でお茶を買ってまうの巻

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


呼び込み(ちがう)に遭ってうっかり入店したけど葉茶屋さんで胸をなでおろし


写真撮らせてもらったが、よそんちのコなのでさわってはいない


しろいイヌは良い。


今回の京都ではバスに乗ることを覚え、無計画に散策ののちに移動。

その途中で

旅先が都会でよかったー。 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


こういうものを手に入れたりして、京都での三つ巴珍道中へ



バスも慣れてきた。


カロリーだけを摂取する食事でもよかったが、ライブがたのしいと

京七谷赤地鶏三種盛り(のうちのふたつ) #ナディー #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


こういうのを


求めがちで

生麩めっちゃおいしい(写真撮る前にいっこたべたのでニラまれています) #ナディー #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


京都感のあるものを味わったり


好物を味わったり、すべてはそう…

なにこのミラクル… #ナディー #失神 #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


傷彦王子がいい仕事してたんだよなってなったり


TLはラピュタだったけど、たべられないうまそうなものより目の前のおいしいものだと思ったり


見つけたお店に飛び込んで、ハズレをよく引くわたしにしてはミラクルだったなとは思うけど


食べた量も金額も、若干まちがいが大きかったりはした。


でもおいしたのしかったからいいの…(旅は自分に大甘)。


あとはより一層なりゆき感のある行程だなー。


つづく。



| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:東へ西へ迷走ツアー 〜西は京の都〜の巻
旅:東へ西へ迷走ツアー 〜西かと思いきや南へ〜の巻


その後の旅の予定を考え、名古屋までクルマできてたのだけど、疲れてぼんやりしてるのかアルトさんいない。

いや、おるんだけど。



まぁだいだいこういう展開になるわな。

狭い車内だしおおむね窓だけど、ちょっとした個室なので、しばらく開放感にひたる。
シートに脚を上げて座り込みうつらうつらとできる貴重な空間である。

降りそうで降らない少し降り出した雨を気にしつつ、旅の2日めのメインである三つ巴珍道中のためにサンセットブルーへ、個人的に2年ぶりとなった三つ巴を堪能。




旅の4日め金曜日は京都で三つ巴という以外、キッチリ決めた予定もない。
要は3日め空いてる。

家に帰ってもいいんだけど、帰ってまた旅に出るのもメンドウなので、南へ逃避行。


この日の夜は雨が降っていたので、サービスエリアで寝て起きてから向かうことにした。
気持ち的には朝イチで行きたいんだけど、そこそこいのちだいじにせねば。

まぁ、結果としては夜の雨に山道走りたくないので、明るくなってからの移動でよかったんだけどね。
雨上がりの空気もキレイでまぶしいドライブは、とても気持ちがよかった。


車中泊しつつの気まま旅のたのしみは、やはりでっかいおフロ。

わーい。つめたーい♡ #湯あがり #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


それが温泉なら尚よし。

そして

かいせんどーん! #チンラ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


普段たべない価格帯のおいしいもの。


そうやってやっとアドベンチャーワールドへ。
昼過ぎ到着だったので、パンダだけで終わったけど後悔はない。




宿は京都で連泊することにして、白浜から北上。

雨に降られることはなかったが


たまにハンドル取られるほどの風が吹いていた。

#イマソラ

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


暮れ行く空も半分の月もうつくしいのが伝わらない写真を撮ったりしてた。


家で録画してても確認したいものがあったので


NHKオンデマンドの会員登録してた。


移動がほとんどだけど、たのしかった。
いつか特急くろしおに乗って白浜行きたいなぁ。


つづく。

| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:東へ西へ迷走ツアー 〜西かと思いきや南へ〜の巻
旅:東へ西へ迷走ツアー 〜東へとりあえず行くわ〜の巻

早ひよで大騒ぎののちに旅に出ました。


告知から10日ほどそわそわそわそわそわそわしてたため気が抜けたのか、富士ちゃんの辺りは眠りこけておりました。


東京に着いたのでまずはゴハン。
先日の世界ふしぎ発見!でやってた蒲田の羽根つき餃子を求めて移動。

麻婆ラーメンでデトックス(汗だく) #チンラ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


時刻はそろそろランチタイム♪でセットにし

羽つき餃子さまー!(諸手をあげる) #チンラ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


お店屋さんの皮の厚い餃子しあわせ。


汁が飛ぶアクシデントに見舞われたけど。


荷物が重たいので、ひとまず宿にチェックイン。
身を軽くして出かける。

虎子石ちゃんの太田記念美術館へ行きたかったが、展示入れ替えでおやすみしてるとこだった(無念)。

なもんで六本木ヒルズへ。
ジャンプ展へ。


そして本来の目的、下北沢でのアブラーズのライブへ
軽く打ち上げも演目の一部ではあるけど、東京へ行ったら行きたい店があったので、高円寺に移動。



日中、おやつも忘れるほど移動多かった(調べろ)。


the ARROWSでBOZE STYLEなうかちんがいる、串ノ眩(くしのまぶ)へ。
(串ノ眩 Facebookページ)


下戸なのでお茶(そば茶だったかな)を求めると

話題の高円寺にある店に呑みにきました(お茶だけど)串天待ち。そわそわ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


これまで会ってきた時間アルコールを経口摂取してなかったことに驚かれ(30前半くらいまで夜の街でわたしに会ってる人はだいたいそうなんだけど…)

うきうき #串天 #ナディー #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


空腹で来てしまったので串天をそわそわと待ち


これほんとおいしいわってなり


つーかどれもおいしいわってなり


気になってたメニューではあったけど、想像を超えるおいしさに感激し


調子乗りすぎたなーと思いつつ宿に戻る。



翌朝は


いつもと同じような感じで迎えた。



夜の名古屋に予定があるので、昼頃までに行きたいとこへ。

見に行ったら巡回するんだよな…と期待を込め、奥田民生になりたい展へ。


そのあと、ひと駅向こうの目白へ行っていた。

「おそばたべとる!」 #旅するアキュアくん #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


や、目的はアキュアくんじゃないけどね。
アキュアくん知らん子やし。


新幹線旅のときは、車内でおべんとうをたべるのがたのしみでもある。
品川の方が近いんだろうけど、たまには東京駅へランチとおやつを求めて移動。
実は中途半端に時間が残ってたから。


たった1泊してくるだけで、肩に食い込む荷物。


ありがとう東京!次は12月にきまーす!おなかすいたー #チンラ #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


うっかり山側だったけど、テーブル広いイチバン前を選んだ自らに感謝した。


結局手前の東京駅ドーナツをたべた。


住んでる街じゃなくても名古屋来ると「ただいまー」って感じがするね。


つづく。
| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:東へ西へ迷走ツアー 〜東へとりあえず行くわ〜の巻
旅:東へ西へ迷走ツアー 〜プロローグ〜の巻
先週、まとまった時間を作ったので旅に出ました。

行けてなかった行きたいライブが先週に固まってたというか。
しかし前売り予約したら、移動距離がけっこうアレだったので迷走ツアーになったというか(日程よく見ろ)。

都会へ行くので生活圏ではやってないイベント行くんだと早朝の新幹線をはりきって予約したものの、ひよっこに古市コータローが出演という事件を目撃しなくてはいけない。
(出発までまだ長い上に旅関係ない)


なので予定を変更


花子とアン見る頃には


身支度も仕上げてしまったため


待ちすぎて


いろいろ落ち着かず


もう


自室にテレビがあってよかったことをかみしめるくらい


とてもとても


落ち着きようがなく


ミスタイプも気にしないほど


言葉さえも忘れ


とりあえず落ち着け


いいから落ち着け


やっとストーリー展開に追いついて


感想が言える程度に落ち着いてきて


呼吸も整い


やっと現実に返り


まぁこれくらいはありつつも


関連ツイートでTLが盛り上がってて


思ったより道路混んでなくてよかったけど、いろいろな処理能力が落ちたままだったことがわかった。


事件をリアルタイムで目撃できたけど、メジャーな音楽番組出るより大騒ぎだったわ…。

で、やっと旅に出ます。


つづく。
| - | - | おでかけ手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 旅:東へ西へ迷走ツアー 〜プロローグ〜の巻
Dreaming Day vol.1 at HUNNY-BUNNY

三者三様の弾き語りスタイルたのしかったー! #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -



LIVE
細田瑞樹(PAPERMOON etc)
板屋貴司(リバーヴス)
HoSoVoSo

DJ:尾嶋洋一

細田くん主催イベント第1回です。



音楽のあるこの店でたまに出会う人、アウトプットされる音楽はこういう感じなのか…と興味深かった。
マスターに捧げる?カバー曲を演るなど、サービス精神の旺盛さも。

棚つまのデカいふたりが「なんで(若い細田くんが)知ってるの」と言ってたようなレア盤かららしい。
音楽マニアでもレコードマニアでもないワタクシは知らんのだけど。
(棚つまとは、かつてハニバニのマスターと板屋さんの音楽マニアふたりがやってたラジオ番組「棚からひとつまみ」のこと)


板屋さんの弾き語りはひさびさであった。
バンドのときよりよく喋る(印象)。
喋ってる時間のが長い(印象)。

弾き語りなので伴奏やってるのではあるけど、複数人で合奏でないため気楽な部分があるのか、うたう姿がより堪能できて良い。
曲目は夏に出た新譜からが中心で、たのしかった。


トリはHoSoVoSoさん。
初見。

弾き語りで活動されてるらしいので、ひとりで完結してる。
ギター鳴らしてうたの世界を作ってた。

ほかのふたりはバンドのボーカリストなので、ギターがどうしてもギターパートという感があったので。
や、それも良いのだけど。
ちがうんだなーと思ったというだけの話ね。


マイクなしでも通る(ような気がする)のびやかな歌声と、自虐と毒をユーモアでくるんでしまう語りに、つい引き込まれてしまうのでありました。


最後に「アンコールで他人様の曲は…」と言いつつ高田渡をうたっていた。

おもしろい子でした。
また観たい。



図らずも3人弾き語りライブ(しかもそのうちひとりはエレキ)ばかり観てるな。
↑いま気がついた


| - | - | おんがく手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Dreaming Day vol.1 at HUNNY-BUNNY
エルメスの手しごと展 “アトリエがやってきた” at 名古屋

1日おってもたぶん時間足りんわこれ(うっとり) #しろくまグラム

しろくまグラムさん(@q9x9pgram)がシェアした投稿 -


KITTE名古屋 3F
JPタワー名古屋
ホール&カンファレンス

〜10月9日(月・祝)


手の込んだ高級品、だいすき!

エルメスの製品が、いかに手の込んだ高級品で高額で販売される理由を、顧客でない者に分からせるものでした(きらきら)。


馬具をはじめの革製品、ジュエリーや時計など宝飾品、ネクタイやスカーフの服飾品…ほかにもあったかな。
簡易作業場で職人さんたちの手しごとを、通訳を介しての説明を聞きながらじっくり(でもないか)見ることができる。

あかんこれ(ハナ息)。
毎日来ても時間足りん。
そんなやつでした。


あきらめて見学ポイントをひとつふたつに絞らんとかん。
なのでまずブレスレットの地金(18金)に細かいダイアモンドを埋め込む工程を見ていた。

目打ちのような工具いろいろを持ち替え金属を彫ったり削ったりしてダイアを埋める爪を作っていた。
金てやらかいんよだな。

かなりの数ダイアを使うので、この工程おわるまでに1カ月ほどかかるそうだ。
そしてこのブレスレットは販売するなら日本円にしてよんせんまんえんほどになるらしい(さわった)。
肉眼で見れない細かい手しごとにうっとり(顕微鏡のぞかせてもらった)。

スカーフのシルク印刷(デモでは15版)の手刷りは、いつまでも見ていたかった。
理解する能力が落ちてきたのであきらめた。

エルメスはファミリーでやってんだとか、生糸はブラジルで作ってるとか、リヨンにアトリエがあるだとか、10版だろうが43版だろうがスカーフは同じ価格で販売されるとか、インクジェットで多色刷りもできるけど手刷りに勝るクオリティはないとか、そういう話をしてくれていた。

そのシルクの説明中、フランス語で「パピヨン」と聞き取れる言葉があった。
通訳の人は「蚕蛾というちょうちょ」と言ってある。

おおう。
ちょうちょなのか。
フランス語では蛾も蝶も同じなのか(動揺)。


1版1版色づいてゆくスカーフはうつくしかった。

それら全部の縁かがりは手縫いなんだもんな…。
同じ部屋にそんなブースがあった。


ハイブランドがハイブランドである理由がのぞける展示でした。

子どもの頃バブル期だったのもあって、40くらいになったらそんなハイブランドが似合う買えるオトナになれるもんだと思ってたなーはっはっは…って会場をあとにしたのでした。
うおおん。


| - | - | みるもの手帖。 | TOP↑ | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - エルメスの手しごと展 “アトリエがやってきた” at 名古屋